NAMBA69 LET IT ROCK TOUR 2015 渋谷 CLUB QUATTRO guest band The BONEZ

エンジニア/プロデューサーにRyan Greenを迎え、僅か1年足らずで全6曲を収録したメロディックパンクの金字塔、「LET IT ROCK」を提げたツアー【LET IT ROCK TOUR 2015】の最終公演を渋谷 CLUB QUATTRO で開催したNAMBA69。ゲスト・バンドに「LET IT ROCK feat. JESSE」でコラボレーションしたJESSEが所属するThe BONEZを迎え、大盛況のライブが繰り広げられた。
まずステージ上にあらわれたのはThe BONEZ。フロアから沸き起こる拍手と歓声に共鳴するように、産声にも似たギターのハウリングが会場に響く中、「Ray」が放たれた。乗っけからNAKA(Gt.)の重厚なギター・ソロがオーディエンスを煽り、「Hey, You」では「人の上に乗る準備出来てっか!」と叫ぶJESSE(Vo./Gt.)に、続々とダイバーがステージに向かう。

「日本中ツアーを周ることが当たり前じゃないし、ファイナルまで無事に持って来たのも当たり前じゃない」と、NAMBA69のツアーファイナルに賛辞を送るJESSEから、2曲の新曲が披露される。激しいモッシュにフロアの床が揺れ、ZAX(Dr.)のドラミングも、激しさを増したままラウドに応える。
フロア全体を踊らせる「All day I Just…」では、たくさんの笑顔が埋め尽くされ、ドラムのタムに合わせてT$UYO$HI(Ba.) の重圧なベースラインが刻まれる「Thread & Needle」のイントロで「バンドが好きで好きでたまらないお前ら、サンキュー!」と心の底から叫ぶJESSE。オーディエンスからはシンガロングが起こり、見事な一体感を作り上げ、クライマックスを超えた絶頂を迎えた。
そのラウドでソリッドなステージングで、最後まで上げっぱなしの演奏を繰り広げたThe BONEZは、フロアの温度を十二分に熱したまま、NAMBA69へと繋いだ。

「よし!じゃあ行こうぜ!」と難波章浩(Vo / Ba)から「FIGHT IT OUT」でスタートしたライブは、いきなりフロアが一気にモッシュとダイバーの嵐と化して、間髪入れず繰り広げられるアップ・チューンの連発が、その凄まじさに拍車をかける。そんな光景を楽しむかのように、「SUMMER TIME」でのK5 (Guitar / Chorus) のギター・イントロが優しく鳴り響く。一気にダンス・フロアとなった会場には、幸福な時間が訪れていた。

難波から、本公演のソールド・アウトとThe BONEZのゲスト出演に感謝が述べられる。「LET IT ROCK」を掲げたツアー中、ロックについて考えていた難波は1つの結論が出たという。それは”社会によって自分のマインドを変えられないために吠えるのがロック” ”自分が変わらないためにロックがある”ということだ。その導き出された答えを表現するように、「DARLING」「JUST BECAUSE」と演奏され、SAMBU(Dr / Chorus)の鉄壁のドラミングが魅せる「STRAY DOG」では、うっぷんを吐き出すように暴動と化したダイバーやモッシュが起こる光景に、壮観のひと言となり、「NMFN」まで途切れることはなかった。

アンセム曲「THE WORLD IS YOURS」では、エモーショナルな一面が垣間見れ、大合唱に包まれた「TAKE ME HOME,COUNTRY ROADS」まで、落ちることのないテンションでフロアを沸かせた。
「みんなでいい感じにしよう!行こうぜ未来へ!」と、拳が突き上がった「未来へ~It’s your future~」は、どこまでも突き抜けていくようだった。
「ガチなバンドになったから、その辺を突破していかなきゃね(笑)。」と、冗談交じりに話す難波のことを、K5は”難波さん”と呼んでいたが、このステージで”ナンちゃん”と声を掛ける一面もみせ、会場を沸かせた。

そんな難波が、幾つもの苦難を乗り越えてきた過程を歌った「WALK」は、このツアーを通して数々の街で歌われ、そしてどれだけの挫けそうになっていたオーディエンスを歩かせてくれたのだろうと想像してしまう。それ程、今のNAMBA69はポジティブに溢れたバンドとなっているのだ。フロアいっぱいに広がったサークルモッシュで歓喜した「ONE MORE TIME」、グッド・ヴァイブスを呼び込んだ「GOOD TIMES」で本編は終了した。
アンコールに応えてステージに登場したメンバーと共に、ゲスト・バンドとして出演したThe BONEZからJESSEが加わり、「LET IT ROCK feat. JESSE」を披露する。何度もフロア側へ向かうJESSEに、ダイヴで応えるオーディエンスは最高潮となる。

1

2