宇多田ヒカル

宇多田ヒカル デビュー20周年記念日に12年ぶりの国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」完走

宇多田ヒカルが、デビュー満20周年の記念日となる12月9日(日)、国内ツアー “Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”のファイナル公演を幕張メッセで開催した。11月6日(火)の横浜アリーナからスタートしたこのツアー。横浜、福岡、名古屋、大阪、埼玉、幕張とまわり、全6都市12公演を完走した。
宇多田ヒカル
ライブは、20周年の集大成ともいえるセットリストで、デビュー曲『Automatic』から最新アルバム「初恋」の収録曲まで新旧織り交ぜた全20曲でファンを沸かせた。
特に1999年にリリースした大ヒットソング『First Love』から、今年2018年、約20年の時を経て発表した『初恋』へと続く流れでは、涙するファンも多く見られた。

冒頭のMCで宇多田ヒカルは

「こんばんは!今日は色んなところから来てくれてありがとう。

今日はデビュー20周年記念日なんですけど、そんな日をこんな風に過ごせて、

本当は誕生日とか祝ってもらったり、会の主役になるのはすごい苦手なんだけど、これは素直に喜んでおきます。ありがとう!

後ろの人もちゃんと、(こちらから)見えてるから一緒に楽しもうね!」

と20年を振り返り、ファンからの熱い声援をかみしめる一幕も。

宇多田ヒカル

1

2