RED WARRIORS

RED WARRIORS、貴重なアンプラグド・ライブ開催。大人の魅力でファンを魅了!

今年、結成35年を迎えるRED WARRIORSが、10月18日(日)東京・六本木にあるビルボード東京より初の配信ライブを行った。昨年の10月以来、約一年ぶりのステージは珍しいアンプラグド。
35年の活動の中で2回目だというアコースティック・ライブだが、shakeのアコースティック・ギターやユカイの弾き語りはそれそれのソロ活動でも人気が高く、往年のヒット曲が次々と珍しいアレンジで演奏された。

ライブは、茶目っ気たっぷりな”Old Fashioned Ave.”からスタート。”ルシアンヒルの上で””Birthday song”などヒット曲に続き、shakeのスライドギターが青白い光を放ち、ユカイのブルース・ハープが絡みつく”LOVE IS SICK”が演奏される。

様々な音色を奏でながら七色の光を放つshakeのギターと、時にむせび泣くように、時にパワフルに歌うユカイのボーカル。ドッシリと響く低音でリズムを守り二人を繋ぐキヨシのベース。

RED WARRIORS

年齢を重ねるごとに深みを増していく3人の演奏と色褪せない楽曲たちの魅力が、聞いている人たちの心を掴んでしまう。視聴者のコメントには「泣きそうだわ、かっこいい」「生きててよかった」など一年ぶりの再会に喜ぶファンの声が。RED WARRIORSの演奏は、時と場所を選ばず、視聴者のハートにも響いていたことがわかる。

RED WARRIORS

心地よい軽快なアレンジで演奏された一番の人気曲”Wine&Roses”から、アメリカのテキサスの酒場を彷彿させるカントリー調の”Casino Drive”と続き、ファンのリクエストで1位を飾った「Another Day Another Time」でライブは幕を閉じた。アコースティック・スタイルをこんなにカッコよく演奏できるバンドは日本中どこにもいない。

RED WARRIORS

1

2