藤井フミヤ、全国ツアー完走!チェッカーズ曲も一挙解禁!最終日・横浜公演レポート

藤井フミヤが全国ツアー「ACTION」の千秋楽公演を7月10日(土)にパシフィコ横浜 国立大ホールで行った。感染症対策を受けて、会場収容人数の半分の2100人で開催となったが、2時間20分超に渡って熱いパフォーマンスを繰り広げ、集まった観客を沸かせた。また、同公演はインターネットを通じて生配信も行われた。

藤井フミヤの全国ツアー「ACTION」は、昨年10月31日に大阪でスタート。本来なら3月の福岡公演で終了予定であったが、新型ウイルス感染症拡大の中、中止や延期が重なり、この日の横浜公演が最終公演となった。

コンサートでは「TRUE LOVE」や「Another Orion」といった藤井フミヤのソロ作品に加え、チェッカーズ時代の楽曲も披露。なかでも初期のアイドル・バンド時代にリリースしたデビュー曲の「ギザギザハートの子守唄」や「涙のリクエスト」、「ジュリアに傷心」といった作詞・売野雅勇&作曲・芹澤廣明コンビが手掛けたヒット曲は、フミヤのソロ・ステージでは殆ど演奏されることがなく、このツアーで一挙に解禁。全22曲の演奏曲中、チェッカーズ曲は11曲と半分を占める大盤振る舞い。それらの曲が発表された頃にはまだ生まれてない若い世代のファン、デビュー時から応援している古参のファンと、新旧両世代のオーディエンスを大いに沸かせた。

スライドショーには JavaScript が必要です。

全国ツアー「ACTION」は、この日で全日程が終了したが、“One more ACTION” というタイトルで急遽、追加公演が決定。8月9日(祝・月)に大阪城ホール、8月21日(土) 横浜アリーナで開催される。チケットの先行抽選受付は7月19日(月)よりスタート。詳細は藤井フミヤ公式サイト参照。

スライドショーには JavaScript が必要です。

1

2