「SUPER DRY SPECIAL FES」開催! 布袋寅泰、SUPER BEAVER、緑黄色社会、キタニタツヤが 一堂に集結。スーパードライ タイアップソングである「コキア」、 「東京」、「ちはる feat. n-buna from ヨルシカ」を披露

「SUPER DRY SPECIAL FES」が6月11日(土)豊洲PITにて開催した。
本LIVEイベントは昨年12月から開始した『アサヒスーパードライ』の音楽をテーマにしたプロモーションの一環で、キャンペーンに当選した約1,000名を招待して開催されたものになる。

スライドショーには JavaScript が必要です。

同プロモーションで起用されていた、布袋寅泰、SUPER BEAVER、緑黄色社会、キタニタツヤが一堂に集結。
プロモーションのタイアップソングとして各アーティストが書き下ろした楽曲も披露された。LIVEのMCにはラジオDJ、司会者としても活躍する大抜卓人が登場。
開会の挨拶とともに観客のボルテージは一気に高まりました。
まずはじめに登場したのはキタニタツヤ。代表曲「聖者の行進」などを披露した後、スーパードライのタイアップソング「ちはる feat. n-buna from ヨルシカ」を披露。キタニタツヤはパフォーマンス後、MCからの質問に「今日のイベントは日本の音楽シーンを引っ張ってきているレジェンド達のファンも大勢いる中でのパフォーマンスだったので超絶緊張しました。自分を初めて見ていただく方も多いので、“これがキタニタツヤ”という楽曲を詰め込んだセレクトにしました。普段ライブ終わりでは絶対にビールを飲むので、今日も早く乾杯したいです。」と答えた。
次に登場したのは緑黄色社会。「今日は楽屋にキンキンに冷えたビールが用意されていて、メンバー一同ライブ終わりの乾杯を楽しみにしている。この後のビールがより美味しくなるように、今日はたくさん汗をかいていきたい。」と語り、「Mela!」などを披露しさらに会場は盛り上がった。
続いて、SUPER BEAVERが登場。観客に向けて「今日はあなたが居ないと成り立たない一日をつくりたい。」と熱く語りかけスタートしたステージ。「人として」などを披露し大いに盛り上がった。スーパードライとのタイアップソング「東京」は緑黄色社会のボーカルの長屋晴子も登場し、ライブ初のコラボレーションとなった。
パフォーマンス後、SUPER BEAVERボーカルの渋谷龍太は「見にきてくださった方と一緒に“音楽”ができたことが最高。」とコメントした。

1

2