The Cheserasera「YES」release tour Final

2015年のThe Cheseraseraは、メジャー・デビューという新たなフィールドでの活動と同時に、幾つもの苦難を迎え、そして乗り越えてきた。
「WHATEVER WILL BE, WILL BE」リリース直後、下北沢SHELTERで開催を予定していたフリーライブは、宍戸 翼(Vo,G)の喉の不調による中止、昨年5月に東京 Shibuya WWWで行われる予定だったThe Cheseraseraのワンマン公演が西田 裕作(Ba)が虫垂破裂のため延期と、ある意味”挫折”を味わった彼らからの答えが「YES」という、圧倒的にポジティブな作品を放つことで、その全てを受け入れて前に進んだ。
そして、昨年から続く「YES」を提げたリリースツアーのファイナルを下北沢CLUB Queで行った。
関東甲信地方は、この冬で最も強い寒気が流れ込む影響で、天候も心配されたが天候さえも味方につけるように、会場タイミングでは回復に向かっていった。

満員の会場にゆっくりとステージに現れたメンバーは「Youth」をドロップ。”僕らの今に嘘はないたろう”という一節に乗せて、会場中で祝福されているようだった。 しかし、そんな雰囲気を一変させるように「BLUE」では、美代 一貴(Dr)のアンストッパブルなドラミングが響き、バンドの勢いそのままに畳み掛けていった。「楽しい思い出だけ持ち帰ってもらいたい、今日は忘れられない1日になると思う。」と宍戸が告げ、「WHATEVER WILL BE, WILL BE」と「YES」からの楽曲を披露してゆく。この季節を彩った「白雪」では、西田のメロディアスなベースラインが絡み、暖かく溶かしてゆく。

宍戸から「YES」に込められた想い、そしてファンへの感謝を述べると、既にアンセム曲となった「賛美歌」を披露する。この曲で得た計り知れない未来を手にし、これからも歌い継がれていくであろう景色を想像するだけで、「YES」を受け取ったように感じられ、と同時にその役目を果たした気がする。既に前を向いて進んでいるバンド、ファンはその先を感じるようにライブを楽しんでいたからだ。そのくらい、「Escape Summer」も「インスタントテレビマン」も、等身大の3人のパワーで掻き鳴らされた。

1

2