SHANK OF THE MORNING TOUR@渋谷クラブクアトロ

The BeatlesのS.E.が鳴り響く会場は、既に超満員のオーディエンスで埋め尽くされている。

エイベックス内に設立した自主レーベル・BAiTFiSH RECORDSから、9月にミニアルバム”SHANK OF THE MORNING”を発売し、レコ発ツアー【SHANK OF THE MORNING TOUR】を敢行中のSHANKが、渋谷クラブクアトロでKEMURIを迎えたライブをおこなった。

客電が落ちると同時にステージにあらわれたKEMURIは、SHANKに贈られた「New Generation」から、世代を超えて愛される名曲「Ato-Ichinen」まで、終始ダイバーが応酬する灼熱のステージを見せつけ、SHNAKに繋いだ。
そして”SHANK OF THE MORNING”のオープニングを飾る「First Light Anthem」、初期の名曲「Restart」と、続け様に飛ばしていくSHANKのステージへ、次々とダイバーが押し寄せる。庵原 将平(Vocal/Bass)から「渋谷、踊って帰ってくれ」と、軽快なベースラインから始まる「Take Me Back」では、スタートしたばかりのライブにも関わらず、フロアが飛び跳ねるように盛り上がりを見せる。
長崎出身在住である彼らは、オーディエンスとのコミュニケーションはもちろん長崎弁であり、この唯一無二の歌詞もサウンドも、そしてライブパフォーマンスに惹かれていく所以には、周りに流されない確固たる軸があるからこそだということに気づかされた一面であった。

シンガロングが沸き起こる「Wake me up when night falls again」、松崎 兵太(Guitar/Chorus) のソリッドなギターフレーズから一変し、スカ・カッティングへ変調していく「620」など、メロディックパンクの枠には収まりきらない楽曲の数々は、SHNAKが常に新しいサウンドを追求し、自らを更新し続けてきた姿勢がうかがえる。
渋谷クラブクアトロには、後方に大きな柱がフロアに剥き出しになっているのだが、庵原から「柱の後ろまで届けます!」と激しい楽曲が続き、オーディエンスも拳を突き上げ、会場を揺らし応える。
アンストッパブルな激しいドラミングを池本 雄季(Drums/Chorus) が鳴らす「Good Night Darling」では、会場中の熱気を更に上昇させ、汗まみれのオーディエンスからは笑顔が溢れていた。

そんな中、松崎からクールダウンをさせるかのようにオカリナを持ち出し披露すると、笑いが起こり、この【SHANK OF THE MORNING TOUR】中に、彼の子供が産まれたという幸せな報告に、会場中で温かい拍手が向けられる。
その子に贈られたスティーヴィー・ワンダーのカバー曲「Isn’t She Lovely」は、シャッフルビートにアレンジされ、SHANKからの”幸せ”がフロアに溢れていた。
「It’s not a game」では大合唱に包まれ、庵原からスペシャル・ゲストとして、本日共演していたKEMURIからコバヤシケン(Sax)、河村光博(Trumpet)、須賀裕之(Trombone)の面々がステージ中央に加わり、”Loving our small days”に収録された「Grimy Window」を披露する。管楽器を加えたこの楽曲をライブで体感出来ることは非常にレアで、メンバー自身も「スゲェ楽しかった」と話し、リハなしに披露してしまうKEMURIの面々も圧巻である。

1

2