フー・ファイターズのデイヴ・グロール、『ソニック・ハイウェイズ』の続編の可能性に言及

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは、今も『ソニック・ハイウェイズ』のシーズン2の「構想」があるとして、「いつか」実現するだろうと語っている。

『ソニック・ハイウェイズ』のシーズン1は、デイヴ・グロール率いるフー・ファイターズが、通算8作目となる同名のアルバムをアメリカの8都市でレコーディングする模様を追ったもので、2014年10月にアメリカのHBOで放送されている。

続編の制作に期待が寄せられるなか、デイヴ・グロールは今回、続編の可能性は十分にあると語っている。

「実を言うと、俺たちは6年かけて続編に取り組んでいるところでね……まあ、冗談なんだけどさ」とデイヴ・グロールは米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「あの扉はいつだって開いているよ。あのシリーズからは、多くの素晴らしいものが生まれたからね。全国のキッズたちが、自分たちが住んでいる小さな街についての独自の『ソニック・ハイウェイズ』を作ったりしているんだよ」

「今もセカンド・シーズンの構想はあるしね。だから、いつか、だね」

デイヴ・グロールは2015年にも『NME』とのインタヴューで『ソニック・ハイウェイズ』のシーズン2をイングランドで行う可能性もあると語っている。

「このプロジェクトのコンセプトにおける素晴らしい点は、どこだってできるという点なんだ。どんな都市にも音楽の歴史はあるわけだからね。分からないけどさ」

「世界中を見渡しても、イングランドやUKでなら間違いないよね。めちゃくちゃたくさんのことが起きているからさ」

デイヴ・グロールは同じ米『ローリング・ストーン』誌とのインタヴューの中で、自身のドラムスキルについてラッシュのニール・パートよりもメグ・ホワイトに近いと語っている。

「ニール・パートはまったく別の種類の生き物なんだよ。別種のドラマーなんだ」とデイヴ・グロールは語っている。

「アレンジは分かるんだけどさ、俺はニール・パートというよりはメグ・ホワイトなんだ」とデイヴ・グロールは続けている。「彼女は俺の好きなドラマーの一人なんだ! 彼女は娘のお気に入りドラマーでもあってね。娘は2つのタイプの音楽に合わせてドラムしてるんだ。ザ・ホワイト・ストライプスとAC/DCだよ。俺としては『それこそが君のやるべきことだ』って感じだね」

RECOMMEND NEWS

  1. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ホワイト・ストライプスのメグの素晴らしさについて語る

  2. フー・ファイターズ、本日リリースの新作のメイキング・アニメーション映像が公開に

  3. フー・ファイターズ、ブリット・アウォーズ2018授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  4. フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、ドラマーとしてリアム・ギャラガーと共演したいと語る

  5. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ジョン・レノンやアデルのように歌いたかったと語る

  6. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る

  7. ガンズ・アンド・ローゼズのアクセルとスラッシュとダフ、フー・ファイターズの公演に飛び入りで参加

  8. フー・ファイターズ、自身のフェスティバル「CAL JAM」の今年のラインナップを発表

  9. 725個のルービック・キューブで作られたデイヴ・グロールの肖像が公開

  10. リック・アストリー、フー・ファイターズとのサマソニでのコラボについて舞台裏を語る

  11. フー・ファイターズ、ライヴの客席でファンが結婚式を挙げる

  12. リアム・ギャラガー、フー・ファイターズのフェスティバルでクラウドサーフを披露

  13. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘のバンドのライヴを鑑賞

  14. フー・ファイターズ、主催フェス「CAL JAM」の日本特使にマキシマムザ亮君が就任

  15. デイヴ・グロール、カート・コバーンが亡くなった時期の自身を振り返る