TOUR 2016 the dark side of the monochrome one man

—遂にベールを脱いだ。
kazuma(Vocal:ex.Merry Go Round)、aie(Guitar:deadman / the studs)、kazu(Bass:ex:蜉蝣)、sakura(Drums:ZIGZO / Rayflower )からなるgibkiy gibkiy gibkiyの「1st one-man live “avantgarde barbarian”」が4月16日 高円寺HIGHで開催された。
3月より開催された【TOUR 2016 the dark side of the monochrome】では、盟友であるKözi、藤田幸也エレクトリック!と共に全国12箇所をまわり、その世界観を全国各地で披露をしてきたが、始まりから終わりまで堪能するライブは、本公演が初となったのだ。

客電が落ち、SEと共にkazumaの産名にも似た呻き声が響くと、ステージのドラムセット横で座りタブラを奏でるsakuraから紡ぎ出される音色は、まるでこれから始まるgibkiy gibkiy gibkiyの世界へ向かう足音、または何かが滴り落ちる音とも取れる。
静寂と狂気が入り乱れる低音を響かせるkazuと呼吸するように、aieは儚い旋律から轟音までを表現し、「掌る肉」でスタートしたその1曲目から、息を飲むのが精一杯になる程、圧倒的な世界を魅せる。

また、1st Album「不条理種劇」をリリースしたばかりの彼らから、早くも新曲が披露され、その際立ったメロディが印象的であるにもかかわらず、一切の世界観を崩さないパフォーマンスは、既にメンバー自身がHIGH FASHION PARALYZEではなく、gibkiy gibkiy gibkiyとしての血肉となっているからだろう。
激しさの増す中、「形状において歪な、または不自然な」ではkazumaが退けずりまわり、sakuraのコーラスが絶妙に深く刺す「管」でまた立ち尽くしてしまう。

「蟻は血が重要である」では、フロアへ黒い風船を降らせる演出が施され、その妖しさを纏った光景を浮かべるかのように宙を舞った。
「脳内に」まで全14曲を吐き出し、1stワンマンとしてはあまりにも圧倒的な破壊と創造を焼き付けたステージは、客電が点灯しても止まない拍手が、その凄まじさを物語っていた。

先に告知されていた、新宿 Zirco Tokyoで行われる【tour “the dark side of the monochrome”】に加え、渋谷 Glad 【HAUNTED FRIDAY BASH #1】、高田馬場 AREA 【@tree showtent.14】、下北沢 CLUB Que “101A presents [Second Coming]”と、閉じることのない未来が発表されている。
1度体感すると、抜け出すことのできない世界を是非、味わってもらいたい。


取材:2016.04.16
text:Atsushi Tsuji photo:yuka jonishi

2016.04.16 高円寺HIGH gibkiy gibkiy gibkiy SET LIST
01:掌る肉
02:劇中劇
03:頭蓋、紛い
04:
05:形状において歪な、または不自然な
06:
07:grotesqueに明らか
08:管
09:嫋嫋たる対象
10:箍を外す場合、穴に群れる具合
11:形の無い、何よりも、愛したのは、お前だけが
12:spoiled me
13:蟻は血が重要である
14:脳内に