TEARS OF THE REBEL インタビュー vol.44

3月11日に、約1年半ぶりとなるnew album『DISSIDENT』をリリースしたTEARS OF THE REBEL。バンド史上、最もバラエティー溢れた作品となった所以には、彼らでしか出せない音に詰められた想いと、メンバー自身が親しみ受けた80’s-00’sのオルタナティヴ・ロックを余すことなく描いたからである。そのギタリストであり、アパレルブランド「CHORD#8」のデザイナーとしても活躍をしている村瀬 貴俊より、バンド・楽曲・ライブについて語ってもらう。

—漠然とだけど”黒いガンズ”をやりたいなって

─本サイト初登場ですので、TEARS OF THE REBELの結成から伺えたらと思いますが、が2009年にKOJI(VOCAL)さんと始めることがきっかけだったんですか?

MURASE:そうだね。KOJIはSCREAMING SOUL HILLをやってて、オレがdrug store cowboyをやってる時から知ってる間柄で、お互い活動停止、解散後別のBANDを始めてたんだけど、何か物足りなかったりうまく転がらない中、KOJIから「なんかやろうよ」って声掛けてくれたんだけど、俺はバンドを作ったばっかりだったりとか、逆にオレがヴォーカリストを探してるときに、KOJIに声を掛けても他でやってたりとか(笑)。そんな感じで、お互いになかなかタイミングが合わない時期を2007年ぐらいから、何度か繰り返してて。2008年の冬ぐらいに、やっとタイミングが合って「じゃあ、やろうよ」っていう。それから、どういうことやりたいみたいな話をしていったかな。

─具体的なビジョンや音楽性よりも、KOJIさんはMURASEさんと、MURASEさんはKOJIさんと組むことが軸として合ったんでしょうね。

MURASE:音楽のジャンル云々より「彼とやりたい」って思ったし、あっちも「同じ世代で同じスキルを持ってやれそうだな」って思ってくれてたから、そこはお互い同じだったかもね。俺の中で、ボーカリストっていうのは大事な存在で、明らかにオーラがあって存在感の強い人。そういう人ってなかなかいなくて、そんなにミュージシャンを知らない中(笑)、頭の中に浮かんでたのはKOJIだけだった。

─そうやって始まる中、具体的な動きとしては曲作りになりますか?

MURASE:と言うより、スタジオに入ることだったかな。オレには「曲は任せたから、好きなことやってよ」みたいな。その中で、KOJIは漠然と”黒いガンズ”をやりたいなって言ってて。音楽性じゃなく雰囲気の話ね。そんな風に、気が合う2人で「ロックをしたい」っていう投げかけは覚えてるかなぁ。

─その時点では2人なんですよね?

MURASE:メンバーなんて、いないいない(笑)、2人ですね。「どういうメンバーにする」って話になったんだけど、取り敢えずスタジオに入っちゃって、曲のネタとかを持ってきてよって。だから最初は、例えばドラマーだったら知り合いに「ちょっと遊びきてよ」って声を掛けてって感じで、毎回来る人が違う(笑)。

─(笑)。セッションに近い感じですか?

MURASE:そうかも(笑)。「まず、転がさなきゃ!」ってことで、知ってる人をどんどん呼んでいったんだよね。

─そのセッションをしている間は、決められた曲があるというよりも、その「ロックをしたい」を具現化させる行為で、バンド名もその時点ではまだ決まっていなかった?

MURASE:今思えばそうだったのかな。メンバーが揃って顔を合わせてからじゃないと、バンド名は決められなかった。で、俺が何曲かのネタになるものを持って行って、その時々のベース・ドラムに伝えて。最初はジャムっぽい感じで進めていったかな。

─その中で、断片的なリフやフレーズでジャムっていったものが、楽曲とされるタイミングは、メンバーが決まってからですか?

MURASE:そう。最初のメンバーは俺らよりもみんな年下で、若いヤツらと組んだ。全員が同世代でやるよりも、新しい風がバンドに欲しかったしね。当時のメンバーが決まって、曲を作り出したのが2009年の半ばで、TEARS OF THE REBELとしての初ライブが2009年の9月9日です。

─メンバーが決まったということは、そこでバンド名も?

MURASE:KOJIが持ってきてくれたんだけど、コンセプトって程の大袈裟なものでもないけど、バンドの雰囲気を表す言葉を入れようと。TEARS OF THE REBELは(反逆児の涙)って意味なんだけど、まぁバンド名なんて、後からついてくるようなもんじゃん(笑)。スゲエ変な名前でも長い名前でも、ビッグになるとカッコ良く見えちゃったりするし、雰囲気とか匂いが重視だったな。

─そうやって活動を始めながらも、メンバーの脱退に見舞われます。

MURASE:結果的に2〜3年くらいやって、また振り出しに戻っちゃったんですよ。

—「こいつとやりたい」っていうのが強い。

─今のTEARS OF THE REBELを観ていてありえない話ですが、それこそ「ユニットでやろう!」とか思わなかったですか?

MURASE:それは流石になかったですね。いきなりガンズからB’zだとね(笑)。ドラムは、サポートの人に繋いでもらって。先にベースのYOSHIPONが入るんだけど、オレは昔から知ってる存在で、町田界隈の同じ世代。正直、連絡を取るような仲でもなかったんだけど、お互いの存在は知ってる感じで。たまたま、KOJIがYOSHIPONと別のところで知り合って、結構TEARS OF THE REBELのことを気に入ってくれたみたいで「やりたい」って、自分から手を挙げてきてくれた。もうひとりのギターのUcchyは、元々TEARS OF THE REBELのスタッフ的なことをやってて。すごい近場にいたんだけど、実はそんなにバンド経験があるわけでもなかった。それでも、ギターを弾けるし、当初と変わらずフレッシュな若い空気感とかを持ってるヤツを入れたかったって流れですね。最初はすごい緊張してたけどね(笑)。

─このメンバーの中でやるなら誰でもそうですよ(笑)。

MURASE:でも一番頑張ってついてきてるし、最初はスタッフだったかもしれないけど、バンドに入るっていうのは、ある意味”持ってるな”って思いますね。

─80〜90年代だと、所謂ローディーから始まってっていうのが当たり前にあったことですし、それに近しい感じがしましたね。

MURASE:やっぱり人在りきだし、「スゲエ巧いからアイツを入れよう」って発想にはならないし、「こいつとやりたい」って想いが強い。そういう意味では、今風に言うとUcchyは”持ってる”んじゃない(笑)?

—単純に新しいこととかフレッシュな気持ちで臨めることを欲していた

─現メンバーでの初音源が「MM/CD」として放たれました。

MURASE:そうだね。バンドとしては、気持ち的にも一旦リセットしているタイミングで、今のメンバーとで新たなスタートって感じが出せたかな。

─「MM/CD」を経て、1年半振りとなった「DISSIDENT」ですが、あまりにもバラエティに富んでいて。様々な表情の楽曲を生み出していったのは、バンドとしての欲求からなのか、それともチャレンジ要素としてなのでしょうか?

MURASE:オレ個人としてもバンドとしても、持っていたキャパシティ的には全然やれることだったんだけど、今までのアルバムは所謂”シングル”と言える曲を全部入れようという感じだった。例えば、今回収録しているバラード的な曲も今までにネタとしてはあったんだけど「それ、今は必要じゃなくない?」っていう判断だった。

─そういった楽曲を敬遠していたというより、バンドの勢いという面を考慮したとき、時期尚早という判断だったのでしょうね。

MURASE:そう言えると思う。ライブでもそんなにやらなかったし、音源にもしてこなかったのはタイミング的な方が強い気がするね。

─となると、チャレンジでもなければただの欲求でもない、”TEARS OF THE REBEL節”の幅を広げる為に、その引き出しを開けた感じがしますね。

MURASE:「KILLS ZERO」「MM/CD」を出して、そのまま同じことをしていたら、ぶっちゃけ飽きるからね。そういう意味では、単純に新しいこととかフレッシュな気持ちで臨めることを欲していたのかもしれない。

─しかもメンバー全員が?

MURASE:もちろん。メンバーが全員がカッコイイと思える”TEARS節”になれば何でもあり。それがハードだろうがメロウだろうが全然OKなんだよね。

─では、今回収められた楽曲は、引き出しにあったネタから厳選していったのですか?

MURASE:いや、実は何曲もデモを作って、たくさんある中からふるいに掛けてっていうことは、そんなにしていなくて(笑)。「これを入れよう、あれを入れよう」って、決め打ちで仕上げていった。

─なるほど。今回の要素はバンドとして持ち合わせていたけれど、それを制作するにあたっては、ストックからではなく書き下ろしだったんですね。

MURASE:ただね、インディーズバンドなんてリリースの期限なんか無いから、逆にどんどん決めていかないと、ズルズルと延びちゃうんだよね。今回の「DISSIDENT」は3枚目なんだけど、活動期間を考えたらガンズかX-JAPANぐらい、極端にリリース数が少ない(笑)。

─(笑)。

MURASE:そこは大物のノリで(笑)。だから少ないなっていう自覚もあったし、早く届けたいと思ってたから、本当は2015年以内に出したかったんだよ。ただ、書き下ろしていく過程でより良い楽曲クオリティを求めていくし、結果的にはレコーディングの制作期間がちょっと長引いちゃったりしたけど、7曲書き下ろして、3月のリリースになったんだ。

─実際の制作期間はどのくらい掛かったんですか?

MURASE:結果的に半年くらい掛かりましたね。ライブを想定してというより、今までやっていなかったことをやりたいって想いが強かったからね。

—「もうひとスパイスが欲しいよね」って

─因みに既存であった楽曲はどれになりますか?

MURASE:1つは「LAST NIGHT」で、ライブでもちょこちょこやってた曲です。もう1曲が「Strange Girl」で、これはもう廃盤になってるんだけど、1番最初にリリースしたEPに入ってる曲。ライブでも長い期間やっていなくて、今のメンバーになってからも数回くらいなんだけど、ずっと評判が良くて再録することにしました。

─そう伺っても、書き下ろした楽曲と既存の楽曲を比べて差異が見出せないくらい、その”新しさ”を損なわずハマっていますよね。

MURASE:そうだね。1曲目の「L.G.L.G」は勢いがあって、1発目にかますにはもってこいでMVも撮ったんだけど、2曲目の「GLOW」が所謂”リード曲”になるかなと思ってる。

─TEARS OF THE REBELの王道である要素が散りばめられていますよね。

MURASE:リフが効いててリズムが跳ねてて、サビがキャッチーだね。最初はバンド・サウンドのアレンジだけでも良かったんだけど、前作の「STARRY DISCO」と変わらない感じもしてて。
「もうひとスパイスが欲しいよね」ってメンバーとも話してて、今まで手を出していなかった同期を入れたんです。

─もはや鳴ってないと成り立たないっていうくらい、ガッツリ入っていますよね。

MURASE:ここに関しては貪欲に入れていったかなぁ。今までのアルバムは、入れてもシンセとかで広がりをつける役目だったり、効果音的に扱うだけだったけど、今回はガッツリだね。

─T$UYO$HI(The BONEZ / Pay money To my Pain)さんへも、何か具体的なオーダーをされたんですか?

MURASE:イメージくらいですよ。KOJIが「ガッツリやれる人、誰かな」って言ってきたんで、「T$UYO$HIでしょ」って。本人に振ったら、二つ返事でOKくれてね。
同世代でTEARS OF THE REBELのことも良く知ってくれて、何よりオレにとっては元メンバーだしね。イメージを伝えて1度作ってもらって、それを聴いて細かい修正を入れてもらってFIX!本当に早かった!流石だよね。

—ラウド / ヘヴィ・ロックをやってるから、ポップ・ソングはご法度とは考えてない

─「RAIN」では、鍵盤の存在感が大きいですが、これまでの楽曲でもあったのでしょうか?

MURASE:ないですね。今までは、メンバーが出す音だけで構築していたし、ギターのダビングで世界観を作っていたから、バンドサウンドが基本だったよ。今回は、最初からメンバー以外の音が欲しいという話をしていたし、その想定でラフなプリプロもしてて。

─かといって、アルバムの中で浮くこともないし、むしろTEARS OF THE REBELの新しさとして魅せられている楽曲ですね。

MURASE:そうなんですよね。これがバンドのキャパシティが広がったことなのか、違和感なく聴かせられるスキルがついたのかはわかんないけど(笑)。

─両方を持っていたんだと思います(笑)。既にライブで披露はされましたか?

MURASE:『DISSIDENT』リリースパーティーでやりました。これからもっと良くなると思うけど、ニュアンス的にも”こうやるんだ”っていう曲が求めている表情を何度かやって感じてますね。

─こういったメロディラインは主に村瀬さんから出されるんですか?

MURASE:いや、「LAST NIGHT」自体を作ってきたのもKOJIなんだけど、その時点でメロが付いてたかな。みんなから「アイデアを頂戴」って言うときがあるけど、他の曲もメロは基本KOJIですね。メロディーを鍵盤で作り込んだりして固めて行くんだよ。

─ある意味、「L.G.L.G」から「DREAMS」まで、アルバムがグラデーションの様に表現されているというか。そして「SWEET SORROW」で、一気に次の扉を開いているような感じがしますね。

MURASE:そうなんですよ。流れでいくと、ハードなものから歌モノへ徐々にグラデーションしていく感じがあって。「SWEET SORROW」も、今まで音源にはしてなかったテイストをやりたいねっていう1つでもあるし、バラエティでいうところの”バラードの表情”を担ってるのかな。

─「TEARS節になればなんでもあり!」とお話されていましたが、「SWEET SORROW」で描けたことは、その楽曲の持つ雰囲気や匂いに加え、TEARS OF THE REBELが元々持っていた、音楽的ルーツの筆を使うことができた部分があると思います。

MURASE:そうだね。「絶対、バラード入れようぜ」っていうより、「この曲良いじゃん、やろうよ」っていう原石が、たまたま今までやってなかったものだったし、やりたいと思えるようなテイストの曲だったからね。まぁ、敢えて入れようなんて思わないしさ(笑)。 「SWEET SORROW」然り、「Tonight, Bright」はTEARSの中でもポップな部類に入るんだけど、オレが今まで聴いてきた音楽でいっても、全然アリなんだよね。例えば、Linkin ParkだったりKornとか好きだけど、BlondieとかThe Pretendersも同じように好きだから、その音楽的な振り幅の中でTEARSも表現しているかな。だから「ラウド / ヘヴィ・ロックをやってるから、ポップ・ソングはご法度」とは考えてないかな。でも、他のバンドはどうなんだろう(笑)?

─「GLOW」も「Tonight, Bright」も、ごく自然に生まれた楽曲であるから、どちらかに振り切るのは、逆に不自然なんだと思うんです。なので、どちらかに振り切っているアーティストがいるのも事実ですけど、それもまた自然で、差分があるとすれば村瀬さん・バンド自身がしてきた、経験や知識になるのかも知れませんね。

MURASE:そうか、あんまり周りを気にしてないからな(笑)。例えば「ラウド・シーンに入りたい」とかは特に思ってない。だからと言って、そういうシーンの人たちがどう思うかはさておき、そういったバンドの人とやらないってことじゃないし。別に俺らはお客さんを選んでもいないし、そこはみんなそうだと思うんだけどね。

─好きになってくれたら、拒む理由なんてありませんもんね。

MURASE:本当にそうだと思う。ジャンルとかで分けるのは、最初に聞く側にとって分かりやすい判断材料であれば良いと思う。

1

2 3