宍戸 翼(The Cheserasera) インタビューvol.43

4月6日に2nd full album『Time To Go』をリリースしたThe Cheserasera。前作『YES』から半年足らずという期間で作り上げられた作品は、宍戸 翼(Vo.Gt)から先にコメントで綴られている通り「行き先」とされる所以には、放たれたサウンドからも確実な前進が見られている。リリースを記念して、都内にあるお店「けせらせら」で撮影した写真と共に、宍戸 翼のインタビューをお届けする。

—”なんとかならないとき”こそ、言い合う言葉

—ではでは、せっかく「けせらせら」に来たので、飲みながらバンド名の経緯を改めて教えてください。

宍戸:まず、バンドの始まりは大学の軽音楽サークルで、ドラムの美代くんが先輩だったんですよ。「遊びでスタジオに入ってみようか」っていうところから始まって、美代くんが「幼馴染みでベーシストいるよ」って連れてきてくれたのが、ベースの西田くんだったんです。だから、2人年上で僕だけ年下の3人組なんです。そのまま、西田くんが入る前のバンド名のまま活動してたんですけど、ちゃんと頑張ろうと思って。雑につけたバンド名が、ずっと残ってることってあるあるだと思うんですけど、それよりも本格感を出したいなと(笑)。

—遊びの延長ではなく、ちゃんと音楽を軸に考えられるような?

宍戸:そうですね。「ちゃんと真面目なんだよ」っていう感じを出したかった(笑)。それとポジティブさだったり、字面で見ても良い感じのバンド名にしたいなと思って、意味から探していったんですよ。その中に「なんとかなるさ」って言葉があった。いろんな綴り、いろんな国の慣用句があってどれも良かったんですけど、その中に「Que Será, Será」っていう言い回しがあって。これはひと言で言える言葉だし、語感も気持ち良かったのでバンド名になりました。

—意味から候補を探していくのも面白いですね。他の候補では、意味合いも含めてこれを超えるものがなかったと。

宍戸:そうですね。「Let it be」は辞めておこうって話はありましたけどね(笑)。

—(笑)。元々が英語ではないから「The Cheserasera」の方がオリジナルティもあるし。

宍戸:そうですね。元々はスペイン語なんですけど、ちょっと捩ることでオリジナルになるし、英語の方が読みやすいかなと思って付けました。今となっては、全然読みにくいなって思いますけどね(笑)。

—(笑)。そうやってバンド名をつけてから5年ぐらい経っていますけど、読みにくい(笑)としてもしっくりは来ているんですよね?

宍戸:すごく考えたんで、もちろんですよ(笑)。みんな、ちゃんとやっていけるかどうかっていうのも考えましたし。「なんとかなるさ」っていう意味は、表面的にはポジティブなんですけど、そういうのって”なんとかならないとき”こそ、言い合う言葉なんじゃないかと思っていて。僕は歌詞を書くときに、明るい話だけじゃなくて裏側も描きたいと思ってるんですけど、そういう意味でも自分の肌に合ってるなって思いますね。

—歌詞を見ていても思うんですけど、やっぱりちゃんと陰と陽があるからリアリティを感じます。陽だけだと嘘っぽいし、陰だけだとあまりにも内向き過ぎるし(笑)。

宍戸:そういう両極端に身を預けられないんですよね。単純に「それだけじゃねぇだろ」って思うところがすごくあるので。

—自分が吐きだす題材や言葉が、仮にフィクションの世界を描いていても” 宍戸 翼のリアル”さが大きいですよね。

宍戸:全ては、自分の想いから始まってますね。誰かの知り合いとかを曲に投影することもあるんですけど、それも結局、自分が見たその人の像だったりその人に共感した部分だったりするんで、やっぱり僕の言葉として出てくるんですよね。だから僕と関係ないところからは生まれてこないですね。

—それは直接会っていない人や題材でも、要素として存在しているんですか?

宍戸:そうですね、テレビとか映画の中の人だったりもするし。基本的には、僕が「そういうこともあるよね」って思ったり、切ないなって思ったりする共感から、歌にしたくなりますね。

—身近な人との会話なんかが、それに当てはまりそうですけど?

宍戸:そうですね。それこそ、渋谷のマックでハンバーガーを食べてるときに「彼氏がさぁ」って言ってる女の子の会話とかを聞いてても、色んなことが浮かびますね。1日中人間観察してるんですけど、スクランブル交差点を泣きながら歩いてる人とかをたまに見たりすると、そこでも色々と考えちゃいますね。

—“誰かの想いと重なるものを感じないと、逆に歌にしたいって強く思わない”

—”他人”っていう言葉にするとすごく突き放しちゃいますけど、そういう一期一会的に遭遇する人にさえ興味を持つことは、昔からなんですか?

宍戸:「人に興味がある」って言われると、自分でも新鮮な感じがしますけど…まぁ人をメッチャ見てるんで、そういうことですね。

—”自分ゴト”を歌にして、それに共感されているアーティストって多いと思うし、表現者としての欲求と考えても健全だと思うんですけど、「自分を出したい、自分の想いを感じて欲しい」という、自分自身の題材にはされないんですね。

宍戸:確かにそうですね。自分が感情的になったりすることを歌にしたこともありますけど、それと同時に色んな人や景色を思い出しているんですよね。

—これまでの楽曲の何れもが、そのときに感じたことが内包されているならば、宍戸さん自身でもすぐにフラッシュバックできるんですか?

宍戸:そうですね。”できる”っていうか”する”っていう感覚。そういう誰かの想いと重なるものを感じないと、逆に歌にしたいってそこまで強く思わない。そう言われて気づいたんですけど、僕だけの気持ちで歌ってる曲はないかもしれないですね。必ず誰かがいて、もしくは誰かの想いや共感が入る曲ですね。

—自分が共感したものを曲や歌詞に乗せて、また”誰か”がだった人に届くからライブに足を運んだり、ファンになっていくと思います。そういう自分の作ったものが共感されることは、宍戸さんにとって喜びになるんですか?

宍戸:最初はすごく意外だったんですよ。「そんなことってあるんだ?」っていうぐらい。もともとは、本当に自分がいたたまれなくて、その自分に対する苛立ちとかを歌にしてたんで。誰にも言えないようなことだったり、僕だけの想いだと思ってたことが共感されるっていうのはすごくびっくりでした。でも、それによって繋がれるんだなっていう希望が、思わぬところから生まれたと、自分では感じています。

—ある種、自分が特別じゃないってことを共感されたことで思い知らされたということですか?

宍戸:自分だけで孤独な気持ちになったりしたんですけど、共感されることによって良くも悪くも「自分って思ったより変わった人間じゃないんだ」って思えました。誰でもそうかは分かんないんですけど、本当は自分が特別でありたいんでしょうし、どっかで人と違うと思いたいんでしょうね。そういう部分に「自分ってちっぽけだな」って思う瞬間がけっこうあって、そういう凡人感っていう僕の強みで歌詞を書いているんですけど、それに共感してくれることは、嬉しいしあったかいなって思いますね。

—”自分が自分に飽きたくない”

—2人のメンバーからの共感という意味ではどうですか?

宍戸:確かにメンバーを1番近くで見ているので、メンバーから生まれた感情もあるし、そういう歌ももちろんあります。逆に2人は「声が良い」って言ってくれるので、僕はあんまり口に出して言わないんですけど (笑)、見てるなとは思いますね。

—では折角なので(笑)、宍戸さんから見た2人の良い変化はありますか?

宍戸:2人はやっぱり演奏家として素晴らしくなってきたと思います。色んな人に観てもらいたいと思うぐらい、ドラムもベースもすごく巧くなっていますし、最初に組んだときとは全然違いますね。

—今作の「Time To Go」では、具体的にどの要素に感じられますか?

宍戸:まず、キレも全然違いますし、ギミックの効いたフレーズだったりとか、侘び寂びの部分ですね。例えば、西田くんは詰め込みがちだったんですけど、今は引くときは引くからすごく色気が出てきたと思います。

—メジャーデビューから丸2年が経ちますけど、その短期間で今作を含め4枚のアルバムを生み出していて、アルバム毎の成長角度が異常に高いとも思えるのは、個々のそういった変化があってこそですよね。

宍戸:確かに、本当に身を削ってる感じはすごくあります。だから全然余裕じゃないし、お客さんの期待も背負ってるので「絶対良い作品を作るぞ」という意地ですね。

—その意地の源泉となっているものは、ファンを裏切らないという想いがあると。

宍戸:「お客さんの期待に応えたい」っていうのはあります。でも1番は「自分が自分に飽きたくない」っていうことなんですよね。自分が「こんなクソみたいな作品を出して」って思うと、ツアーもライブも全然身が入らないですし、自信を持ってできないんですよね。こうやって、偉そうにインタビューで話をするのが嫌になっちゃうと思うので、そこだけはちゃんとしておきたいんですよね。

—”身を削る”っていう表現は確かに納得があります。自分のハードルを毎回越えないと作品として成立しないんですもんね。

宍戸:そうですね。自分がちゃんと納得したものを作るのがモチベーションな分、絞り出している感じはありますね。

—「Time To Go」は全11曲となりましたが、納得という部分ではバンドとしての納得も必要な訳で、選ばれていく楽曲出しも含めて大変そうですね。

宍戸:メンバーはもちろんのこと、色んな人が関わってくれてるので、スタッフも含めて決めていますね。歌詞がないものや些細なネタを含めて、30~40ぐらいアルバム毎に作っていてますけど、歌詞があっても「ダメなものはダメ」っていうのを毎回やってますね。

—アルバムの冒頭を飾る「ファンファーレ」は、まさしく今のThe Cheseraseraを表す楽曲となっていますし、そう考えるとアルバムのキーになり得る楽曲については、割とすんなりといくのかな?とも思うのですが。

宍戸:いやぁ、とてもすんなりとは思えないな(笑)。僕は出したいものを作っているんですけど、みんなは期待してるからこそ「もうちょっと良い曲が出るんじゃないの?」って、締め切りギリギリまでやってくれてるんですね(笑)。

—完成度の高いアルバムを聴いている分、その期待の仕方は分かる気がします(笑)。

宍戸:やった分だけ良くはなっていってるので、悪いことじゃないんですけどね(笑)。だから絞り出していくんです。

—“僕にとっての音楽は救いのもの”

—「ファンファーレ」も、この位置に収まるまで紆余曲折あったんですね。

宍戸:代案の時点で10〜20曲ぐらいが出揃って、毎週会議をして決まっていきました。実は僕、「ファンファーレ」がリードになるとは予想していなくて。ちょっと爽やか過ぎて「これはなぁ」って思ってました。もともと、たくさん作っていく上での気分転換ぐらいに作った曲だったので、驚きましたね。でも、この曲は明らかに1番ポップだった分、アレンジを攻めまくれたのが強みでしたね。イントロですごくワクワクしたり「このアルバムってどんなんだろう」って期待させる”自分たちの節”が炸裂してる感じの曲になったと思います。

—しかも「Time To Go」は、すごくバラエティに富んでると思うんですけど、壮大に言うと人生っぽいし、身近に置き換えても景色が全て違う印象を受けました。

宍戸:それはあると思います。今回のアルバムの曲は、主人公が全部変わってるんで、この曲はこの人だなっていうイメージがあって「人を歌う」ぐらいのスケール感がありましたね。

—「butterfly (in my stomach)」では完全に意表を突かれました。曲といい歌詞といい、ある意味、音楽に純粋なThe Cheseraseraの一面が見られた気がします。

宍戸:僕にとっての音楽って、救いのものだったんですよ。自分がスッキリしたりどうしようもない気持ちをどうにかするための特効薬みたいなものだったし、尊い扱いだったんですよね。今作では「YES」を作り終わってすぐ作ったこともあって、自分の中の毒が抜けきってる状態で作ってるんです。だから、自分たちのやりたい音楽を純粋に求められたし、自分が書きたい詞とか「こういうのをやってみたい」という挑戦や遊びの部分がすごく出た曲だなと思いました。音楽との接し方も、ウィットに富んだ感じっていうのは今回が1番やれたんじゃないかなと思いますね。

—「The Cheserasera」を広げてくれたことは間違いないですね。

宍戸:自分たちって、為すがままの直観で音楽を作ってきた部分があるんですけど、今回は「自分たち好きな音楽って、もっといっぱいあるよね」っていう話とか「洋楽も邦楽も好きだし、色んな好きな要素を出したい」って話をしてて。自分たちの根っこにある部分をもっと広く持って音楽性を表したのが「Time To Go」だと思います。

—特に「butterfly (in my stomach)」の間奏の部分とか、洋楽ファンは喜ぶぞと思いましたね(笑)。

宍戸:3ピースだからこそ、リズム隊が売りなので。4ピースよりもガンガン目立っていただこうと思ってます(笑)。2人ともその気概があるっていうか、すごいプレイヤーだと思うので、その色を存分に発揮できたと思いますね。

—”自分が成長したかを見られるのがツアー”

—「YES」リリース後もライブ・ツアーを行いながら、こうやってアルバム制作が成されていますが、そこでもたらしてくれる要素も多いんでしょうね。

宍戸:まず、出会いがあるし好きなんですよ。もちろん、自分の体調管理に気を使わなきゃいけないことは楽ではないすけど、得られるものはすごく多いですね。自分の知らない自分が見えるというか。「このスケジュールでどれだけいいライブにするのか」っていうのが怖い部分でもありますし(笑)、逆に乗り越えるときの気持ち良さを感じられる機会でもあるから、自分が成長したかを見られるのがツアーですよね。

—初めて訪れる場所でも?

宍戸:もちろんです。行ったことない地に行くのが好きなんですよね。散歩が好きなんですけど、街並みってその地の人が作ったものなので、そこで感じることとかあって、よく景色を観ていて。あとは単純に、ライブハウスで集まった人と話すのもすごく好きだから。

—時間があればライブハウスの周りを散歩したり?

宍戸:しますね。前、金沢へ行ったときも感動しましたね。駅前から芸術が入り混じっているというか「これは和なのか?洋なのか?」っていう集約のされ方が、良い意味ですごくカオスなんですよね。居酒屋一つとっても、すごく味のある建物しかなかったり、歩いていて感動の連続でしたね。兼六園にも行こうとして、その前に楽器屋で有り金を全部使っちゃってて、結局入れないで帰ってきたんですけど(笑)、周りを歩いてるだけでも全然楽しかったから。

—どこか印象深い街はありますか?

宍戸:札幌かな?札幌って、エモーショナルだなって勝手に思ってるんですよね。

—季節によって、街並みの表情も違ってくると思うんですけど、それはどのタイミングでも感じられるんですか?

宍戸:あ、真夏には行ったことなくて、逆に寒い時期の方が多いですね。そうすると、芯に迫る寒さから色んな感情を想起させるというか。あと雪が降った街並みだと、歩きにくいから綻んだ表情を見やすいっていうところもあって、味があるなと思いますね。

—散歩は1人で行かれることが多いんですか?

宍戸:1人ですね。マイペース過ぎて、逆に誰かを連れていくのが申し訳ないっていうか(笑)。

—(笑)。

宍戸:もちろん友達ともあるんですけど、本当に無計画で「北に行こうかな」とか言うんで(笑)。「どこに行くの?」とか言われても「いやどことかじゃないんだよ!」って(笑)。それにあんまり付き合わせるのも、あれかなって思っちゃうんですよね。

—セレンディピティの醍醐味を味わいたいのもあるんでしょうね。

宍戸:楽しいからやってるし、街並みって駅前だけじゃないし。駅と駅の間にディープなゾーンがあったりとか、車とか電車だと気づかないような場所とか人の作ったものが観れるっていうのは、すごく醍醐味だなって思いますね。

—“嫌なものとか悩んだりしてた気持ちを全部「YES」に置いてきた”

—楽曲に話を戻すと「ギブ・ミー・チョコレート」が個人的に1番びっくりしました。The Cheseraseraというか3ピースでやる曲っていう発想がなかったんで。

宍戸:あぁ、確かに。力強いというか。

—所謂、4ピースのバンドがやる楽曲だっていう固定観念があったので、やれちゃうんだっていう驚きと発見でしたね。

宍戸:なるほど!そう言ってもらえると嬉しいな。僕はああいうゴリゴリな感じがすごい好きなんですけど、音圧の部分もあるしカッコ良くやるのは難しいなと思って、今まで避けてたんですよね。だから今回やれて良かったし、大好きな曲です。

—”自分たちの根っこにある部分”の1つということですね。

宍戸:もともとは”泥臭い寄り”なんですよ。もちろん全然残ってますけど、泥臭くなり過ぎないようにすごく気を遣いました。逆に「ファンファーレ」とかの方ががシュッと見せようとしてるっていうのはありますね。

—持ち寄った段階から、ああいったリフの表情はあったんですか?

宍戸:リフはついていなくて、コードだけの弾き語りだったんですよ。泥臭いフォークソングを僕の好きなサイケロックってジャンルに落とし込めたのは、今作で目指した理想的な形だったと思います。音の感じとかディレイの感じとかは、意識的に落とし込みました。

—今、お話を伺って意外だったのが、そういった要素が根本に存在していたということですね。

宍戸:「3人が集まったときに形になるアレンジ」っていうのはやっぱりあったし、”俺らっぽいよな”っていうのはあったんですけど、そういうのを良い意味で取っ払って考えてみたアルバムだったので。「自分たちの好きなことだけを落とし込む」っていうのを如実に表現できたと思います。

—その結果として、豊かな表情をだすことができた。沈んだタイミングが続いていた中、「YES」で這い上がって、その上で出せる景色・表情みたいなものがバラエティ豊かになったっのが「Time To Go」。

宍戸:今回は音楽に対して純粋でしたね。前作でふっ切って、新たな姿を見せたいって思っていたのが表情になって。

—言葉のひとつひとつを取っても、ネガティブっぽさがあんまりないというか、攻めの言葉になっている印象もあります。

宍戸:自分でも嫌なものとか悩んだりしてた気持ちを全部「YES」に置いてきたつもりです。4月にリリースするっていうのも視野に入ってたし、良い風が吹く感じを表現できたと思います。

—”外と戦う準備ができた”

─ラストを飾る「After party lululu」について。歌詞もアレンジも、確実にバンドの次のステージが見える楽曲と捉えているんですが、デモの段階からアレンジや輪郭が決まっていたんですか?

宍戸:いや、アレンジは全然決まってなくて、湿っぽい感じの弾き語りでしかなかったんですよ。原曲は結構前からあったんですけど、改めてこの曲をやれることになったとき、自分たちの好きだったルーツ音楽を落とし込むっていうところから「この曲は壮大なのが合うよね」っていう。逆に一人ぼっちの湿っぽい感情を敢えてロマンチックに描いてあげることで、自分もドラマみたいに思えたらいいなっていうところから、そういうアレンジが当てはまりました。今まであんまり取り入れなかったような間奏を入れたのも、以前とは違うところですね。

—今のバンドとしても、そういった壮大さを欲していたんですね。

宍戸:それが合致したなと。大太鼓を取り入れたんですけど、すごく良いマッチングでしたね。

—「ギブ・ミー・チョコレート」でも弾き語りからでしたけど、アレンジ面での引き出しの自由度が、「Time To Go」では良い作用をしてくれていますよね。

宍戸:ライブが終わって、僕自身が夜中の公園で弾き語ってた曲が原曲なんですけどね(笑)。最初は「寂しいよ」っていう感じの方が強かったんですけど、時を経てこのアルバムに入ることで、ポジティブに持っていけたんじゃないかなと思いますね。「After party lululu」もそうですけど、新曲ばかりじゃなくて「自分たちは好きだったけどまだ出してない曲」が、僕たちの攻めの姿勢且つ、春らしいポジティブさをアレンジしていけたものが集まってますね。

—改めて「Time To Go」がバンドにもたらしてくれたものはなんだと思いますか?

宍戸:外と戦う準備ができたことですね。今までのロックは、自分たちの内向的な部分を消化したものだったんですけど、今作からは外に向けたロックになってきたかなと。そういう意味でも、スタートの1枚だと思いますね。

—もしくは勝負のアルバムとも言い換えられますか?

宍戸:そうかも。やっと外に追いつけた感じがします。

—それだけ断言できるってことは、メンバー全員の自信があるということですよね。

宍戸:やっぱり、デビューして2年になるんですけど、すごい未熟なままデビューした自覚があったから。

—それは何に対してですか?

宍戸:まぁ全てかな?人としてっていうか(笑)。「自分たちってなんだろう」って思い始めてから、自分たちの芯や土台の部分は、この2年間でやっと作られたなと思います。

—「Time To Go」でその芯や土台の上に立ったアルバムとするならば、単純な言い回しですけど”名刺代わりの自信作”になったんじゃないでしょうか。

宍戸:そうですね。本当に自分たちがやりたい意思を持って作りきれたアルバムなので、自信をもって演奏していくだろうし。

—“「YES」が序章だとすると、今回は第一章”

—今回の曲はライブが本当に楽しみですよね。

宍戸:かなり自由度が広がってと思いますし、また次の作品が楽しみでもありますけどね。縛りがなくなったというか、自分がやりたいことに自信がすごく芽生えていて、まだやれる気がしますね。

—「Time To Go」は、途切れることなく続けてきたことで手にした、”自由と自信”の象徴になったと思います。

宍戸:そうですね。「YES」が序章だとすると、今回は第一章みたいな気がしてます。「YES」ありきの今回だし、全然表情は違うけど連作しながらも前進できたなと思ってます。


取材:2016.04.04
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330
ライブ写真撮影:釘野孝宏
インタビュー協力:「けせらせら」新宿区荒木町9番 正起ビル2F

1

2