Marvin Gayeの遺族、“Blurred Lines”を巡る裁判でPharrell Williamsが偽証していたと主張

pharrell williams

マーヴィン・ゲイの遺族はファレル・ウィリアムスらによる“Bulurred Lines”がマーヴィン・ゲイの“Got To Give It Up”と酷似していると訴えていた訴訟で、ファレル・ウィリアムスが当時の裁判で偽証していたとして新たに申し立てを起こしている。

この裁判は2015年に、マーヴィン・ゲイの遺族らが”Blurred Lines”をマーヴィン・ゲイの1977年の楽曲“Got To Give It Up”と酷似しているとして訴えたもので、裁判の結果、遺族らはこの楽曲の著作権使用料の半分を与えられ、さらに530万ドル(約5億7000万円)の損害賠償も受け取っている。

「ハリウッド・レポーター」によれば、マーヴィン・ゲイの遺族は今回、ファレル・ウィリアムスが先月『GQ』誌とのインタヴューで語った発言が当時の裁判で彼が偽証していたという証拠になるとして新たに申し立てを行ったという。ファレル・ウィリアムスは当該のインタヴューの中で、特定の音楽を聴いた時に得られる感情を「分解して分析」していると明かした上で、「“Blurred Lines”でそうした時にはトラブルに巻き込まれてしまった」と語っている。

ファレル・ウィリアムスは2015年10月に次のように証言していた。「マーヴィン・ゲイのように感じられる、もしくはそのように聴こえるものを作ろうという意図を持ってスタジオには入っていません」

今回、マーヴィン・ゲイの遺族はリチャード・ブッシュを弁護士に立てて申し立てを行っており、2019年11月になされたインタヴューでのファレル・ウィリアムスの発言について、裁判での詐欺行為と偽証の証拠になると主張している。

マーヴィン・ゲイの遺族は当時の裁判を担当したカリフォルニア中央地区連邦地方裁判所のジョン・クロンシュタット判事に対し、弁護士の費用としてファレル・ウィリアムスらに350万ドル(約3億8000万円)の支払いを課すことを却下するとした当時の判決の見直しを求めている。一方で、今回の申し立ては新たに刑事告訴を求めるまでには至っていない。

申し立てでは次のように述べられている。「ウィリアムスは陪審員や裁判所に対して彼らが判決を下す上で不適切に影響を与えるための非良心的な謀略の一つとして、意図的に重大な虚偽の陳述をしました」

「この一件において、“Blurred Lines”の制作していた当時のウィリアムスの頭の中に“Got To Give It Up”やマーヴィン・ゲイのことがあったかということ以上に重要なことはありません。事実として、争点の中心となっていたのはウィリアムスと(ロビン・)シックが“Got To Give It Up”を違法に模倣したかどうかについてであり、その模倣が意図的で、彼らが承知の上でやっていたかどうかということが問題で、なおかつ、彼らが『独立した創造物』だと擁護していたことも今回の判決の中心となっていました。そして、その主張こそが彼らに弁護士費用の支払いを課すかどうかについての判決を下す上での中心となっていたのです」

「2019年11月4日に行われたこのインタヴューは以前の宣誓に真っ向から対立したものになっています」

同じ『GQ』誌とのインタヴューの中で、ファレル・ウィリアムスは2015年に行われた当該の裁判でいかに傷ついたかについても語っている。

「とても傷ついたよ。誰からも、何も受け取れなかったんだからね。それに、費用もかなりかさんだんだ」とファレル・ウィリアムスは語っている。

当該のインタヴューでインタヴュアーを務めたプロデューサーのリック・ルービンから“Blurred Lines”は決して“Got To Give It Up”と似ていないと指摘されると、ファレル・ウィリアムスは次のように応じている。「その通りだよ。ただ、フィーリングの部分がね。フィーリングに著作権なんてないのにさ……サルサの曲なんて、全部がほとんど同じなわけでね」

[amazon_link asins=’B0773ZC2BV,B0046612Y2,B00IRGZO6E’ template=’ProductGrid’ store=’classic0330-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e77716cd-e3a6-45bd-9d6d-d43f5b4d37fd’]

関連NEWS

  1. GESAFFELSTEIN

    GESAFFELSTEIN、最新作よりPharrell Williams参加の“Blast Off”のミュージック・ビデオが公開

  2. Taylor Swift Lady Gaga

    Taylor Swiftら、Lady Gagaがキュレーターを務める新型コロナ救済コンサートに出演

  3. U2のボノとファレル・ウィリアムス、ビー・ジーズの“Stayin’ Alive”のカヴァーを披露

  4. Thom YorkeやBeyonce

    Thom YorkeやBeyonceら、第92回アカデミー賞の歌曲賞の候補に

  5. Pharrell Williams、Taylor SwiftとScooter Brown

    Pharrell Williams、Taylor SwiftとScooter Brownの確執に言及

  6. Marvin Gaye

    Marvin Gaye、『What’s Going On』のライヴ盤が10月にリリースされることに

  7. Pharrell Williams

    Pharrell Williams、射殺された従兄弟の死について連邦当局の捜査を求める

  8. Marvin Gaye

    Marvin Gaye、1972年の未発表アルバム『You’re The Man』が3/29にリリースされることに

  9. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、“Thinking Out Loud”の盗作を巡る裁判が延期になったことが明らかに

  10. Bono&Halsey&Pharrell Williams

    Bono&Halsey&Pharrell Williamsら、映画『SING/シング2』への出演が決定

  11. Pharrell WilliamsとJay-Z

    Pharrell WilliamsとJay-Z、コラボによる新曲“Entrepreneur”が公開

  12. Pharrell Williams

    Pharrell Williams、ドキュメンタリー作品に提供した新曲“Letter To My Godfather”が公開

  13. pharrell williams

    Pharrell Williams、米TV番組で“Letter To My Godfather”を披露した映像が公開

  14. ファレル・ウィリアムス、銃撃事件が起きた直後に“Happy”を流したトランプ大統領を批判

  15. Jay-Z、Kanye West、Pharrell Williams

    Jay-Z、Kanye West、Pharrell Williamsらが一堂に会したディディの誕生日パーティーの映像が公開

  1. London Grammar

    London Grammar、米TV番組でパフォーマンス映像が公開

    2021.04.18

  2. The Libertines

    The Libertines、何かを発表することを予告する動画を投稿

    2021.04.18

  3. Of Monsters and Men

    Of Monsters and Men、新曲「Destroyer」の音源が公開

    2021.04.18

  4. Japanese Breakfast

    Japanese Breakfast、新曲「Posing In Bondage」がMVと共に公開

    2021.04.18

  5. AFI

    AFI、2曲の新曲が公開

    2021.04.18

  6. DARKSIDE

    DARKSIDE、8年ぶりの新作をリリースすることを発表&新曲「The Limi…

    2021.04.18

  7. Gwen Stefani

    Gwen Stefani、Saweetieとのコラボによる「Slow Clap」のMV公開

    2021.04.18

  8. Zebrahead

    Zebrahead、今年6月に予定されていた来日公演が延期となることに

    2021.04.18

  9. Doja Cat、SZA

    Doja Cat、SZAとのコラボレーションとなる新曲「Kiss Me More」が公…

    2021.04.18

  10. あいみょん

    あいみょん、主題歌を務める日本テレビ系土曜ドラマ「コントが始ま…

    2021.04.17

  1. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、出演日別ラインナップ第1弾発表

    2021.04.16

  2. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  4. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  5. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  6. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  7. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  8. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  9. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  10. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14