Fleetwood Mac、Lindsey Buckinghamが復帰することはないと語る

Fleetwood Mac

フリートウッド・マックのミック・フリートウッドはリンジー・バッキンガムがバンドに復帰する可能性を否定している。

リンジー・バッキンガムは2018年にフリートウッド・マックから解雇されており、彼の代役としてトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのギタリストであるマイク・キャンベルとクラウデッド・ハウスのニール・フィンがバンドに加入している。

将来的にリンジー・バッキンガムがフリートウッド・マックに復帰して一緒に演奏する可能性はあると思うかと訊かれると、ミック・フリートウッドは米『ローリング・ストーン』誌に次のように語っている。「それはないね。フリートウッド・マックというのは奇妙な生き物なんだ。僕らはニールとマイクと共に取り組んでいるし、リンジーが脱退したのはひと昔前の話だからね。話題にするような話じゃないよ。だから、『ノー』だね」

彼は次のように助けている。「フリートウッド・マックについては様々なドラマがあるのは間違いないけどさ。彼の遺産は今もあるし、あるべき形で残っている。それは決してなくなることのない大きなものだし、僕らの誰1人としてそれを軽んじるつもりはない。状況は公にしてきたからね。僕らはいい感じではなかったからね。うまくいかなかったから、僕らは袂を分かったんだ。それがすべてだよ」

リンジー・バッキンガムの脱退に際してミック・フリートウッドは当時、次のように述べている。「フリートウッド・マックとは常に、ユニークな才能を持った者たちが集まって素晴らしい楽曲を披露するというものでした。私たちはマイクやニールとセッションしたのですが、そこで素晴らしい化学反応が起き、バンドにこのスタイルこそがフリートウッド・マックとして前進していくためのコンビネーションだと気づかせてくれたのです。新しいものが加わったのは確かですが、そこには依然として紛れもないフリートウッド・マックのサウンドがあるのです」

また、スティーヴィー・ニックスはリンジー・バッキンガムを解雇した理由について、彼が自身のソロ作品に専念するための時間をあまりに要求したことが要因だったと説明している。

一方、リンジー・バッキンガムはスティーヴィー・ニックスの主張を否定して、解雇を伝えられた当時について、ミュージケアーズのためのコンサートの2日後にバンドのマネージャーであるアーヴィング・エイゾフから電話をもらって、スティーヴィー・ニックスからのメッセージを伝えられたと説明している。「スティーヴィーはもう君と一緒のステージに立ちたくないと言うんだ」と伝えられたと彼は語っている。

「僕らは2日間のリハーサルをやって、すべてがうまくいっていたんだ」とリンジー・バッキンガムは電話がかかってくる前の数日の様子について語っている。「僕らは非常に仲良くやってたんだよ」

しかし、アーヴィング・エイゾフとの会話のなかでニューヨークの公演で「スティーヴィー・ニックスが問題にしている」事柄のリストを言われたとのことで、そこには彼女が感謝の言葉を述べている時に薄ら笑いを浮かべていたことや、バンドの入場時の音楽としてスティーヴィー・ニックスの“Rhiannon”が使われたことに怒ったことなどが挙げられていたという。

グラストンベリー・フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスは昨年、50周年を迎える今年のフェスティバルにフリートウッド・マックが出演しないことを明らかにしている。

[amazon_link asins=’B07Q9KK19T,B07N3S5WQ7,B07WT6RKBL,B0779DX6WX’ template=’ProductGrid’ store=’classic0330-22′ marketplace=’JP’ link_id=’ac38b420-2b72-4f11-ab2f-d0311a4a4a04′]

関連NEWS

  1. Fleetwood Mac

    Fleetwood Macの結成メンバーであるPeter Greenが享年73歳で逝去

  2. リンジー・バッキンガム、フリートウッド・マックを追い出された顛末について語る

  3. fleetwood_pumpkins_hanson

    Smashing Pumpkins、hansonとFleetwood Macをカヴァー

  4. Stevie Nicks

    Fleetwood MacのStevie Nicks、Peter Greenに追悼の意を表明

  5. Fleetwood Mac

    Fleetwood Mac、1980年発表の『ライヴ』の再発盤より「Gold Dust Woman」の音源が公開

  6. Fleetwood Mac

    Fleetwood MacのPeter Greenのトリビュート公演が豪華ラインナップで実現

  7. イギリスで今年の上半期に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  8. Led Zeppelin、来年のGlastonbury Festivalに出演しないことが明らかに

  9. Fleetwood Mac

    Fleetwood Mac、第1期の未発表ライヴとデモ音源を収録した3枚組CDのリリースが決定

  10. フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガム、バンドからの離脱について初めて語る

  11. AC/DCのブライアン・ジョンソン、フリートウッド・マックのミック・フリートウッドと共演

  12. elton-john-metallica-travis-scot

    2019年上半期のツアーの興行収入ランキングにElton John、Metallica、Fleetwood Macら

  13. フリートウッド・マック、リンジー・バッキンガムの脱退を発表

  14. Fleetwood Mac

    2020年にUKで最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  1. Chet Faker

    Chet Faker、来たる新作より新曲「Feel Good」がMVと共に公開

    2021.06.13

  2. Modest Mouse

    Modest Mouse、新作より「We Are Between」のMV公開

    2021.06.13

  3. ワイルド・スピード

    映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、サウンドトラック…

    2021.06.13

  4. Chvrches

    Chvrches、Robert Smith参加の最新シングル「How Not To Drown」のM…

    2021.06.13

  5. Alicia Keys

    Alicia Keys、デビュー作の『Songs in A Minor』20周年盤をリリース

    2021.06.13

  6. Wolf Alice

    Wolf Alice、新作より「How Can I Make It OK?」のMV公開

    2021.06.13

  7. Calvin Harris

    Calvin Harris、Tom Grennanとのコラボレーションとなる新曲「By Yo…

    2021.06.13

  8. MAKE MY DAY

    MAKE MY DAY、8/8にサーキット・フェス“SCREAM OUT LOUD FEST”を開…

    2021.06.12

  9. James Arthur

    ジェイムス・アーサー、ニュー・アルバムのリリースが決定&新曲「S…

    2021.06.12

  10. Dave Grohl

    Dave Grohl、Nirvanaの残りの3人でレコーディングした音源があるこ…

    2021.06.12

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01