DAVID BOWIE、ストリーミング限定EPより“The Man Who Sold The World”のイーノMixが公開

DAVID BOWIE

デヴィッド・ボウイはストリーミング限定EPより“The Man Who Sold The World – Eno ‘Live’ Mix”の音源が公開されている。

ストリーミング限定EP『イズ・イット・エニー・ワンダー』のリリースは1月8日のデヴィッド・ボウイの誕生日を記念して発表されており、これまでに公開された“The Man Who Sold The World (ChangesNowBowie Version)”、“I Cant Read ’97”、“Stay ’97”、“Baby Universal ’97”、“Nuts”に続いて、今回の音源が公開されている。

EPのストリーミングはこちらから。

本日公開された“The Man Who Sold The World – Eno ‘Live’ Mix”は、1995年に『ストレンジャーズ・ホエン・ウィ・ミート/世界を売った男(ライヴ)』のダブルA面シングルとして7インチ・シングルとCDシングルでリリースされていた音源となる。

1995年10月30日にロンドンにあるウェストサイド・スタジオにてライヴ・レコーディングにさらなる音源を付け加えながら再構築していったこのヴァージョンに関して、イーノはこう日記に書き記している。「私はレコーディング音源にバッキング・ヴォーカルやちょっとしたブリップ音を付け加え、音源そのものにちょっとした彫刻を施していった。楽曲としての全体像をより明確にするために」

“The Man Who Sold The World – Eno ‘Live’ Mix”はデヴィッド・ボウイがプロデュースを、そしてブライアン・イーノがミックスを担当している。この音源には、ブライアン・イーノもバッキング・ヴォーカルとして参加しており、ベースとヴォーカルにゲイル・アン・ドーシー、シンセサイザーにピーター・シュワルツ、ドラムにザッカリー・アルフォード、ギターにカルロス・アロマー、そしてギターとヴォーカルにリーヴス・ガブレルスが、それぞれ参加している。

『イズ・イット・エニー・ワンダー』についてはデジタル・ストリーミングEPと収録曲を一部変更した、6曲入りのCDと12インチ・アナログ盤も3月20日にリリースされることが決定している。

このフィジカル・バージョンの『イズ・イット・エニィ・ワンダー?』EPには、第一弾として公開された“The Man Who Sold The World (ChangesNowBowie Version)”の代わりに“Fun (Clownboy Mix)”が収録されており、“The Man Who Sold The World (ChangesNowBowie Version)”は別途違った形でフィジカル・ヴァージョンとしてリリースされることが予定されている。

フィジカル盤の『イズ・イット・エニィ・ワンダー?』に収録されることとなる楽曲“Fun (Clownboy Mix)”は、『アースリング』ツアーのクラブ・セットに“Is It Any Wonder?”という曲として披露されていた、名曲“Fame”を現代風に改訂した音源をもとにした楽曲となっている。

“Fun (Clownboy Mix)”はボウイとリーヴス・ガブレルス、そしてマーク・プラティがプロデュースを担当し、レコーディング・エンジニアとしてスティーヴ・ゲストとマーク・プラティがクレジットされており、1998年5月にオーシャン・ウェイ・レコーディングスにてダニー・セイバーがミックスを施した楽曲となっている。ボウイのヴォーカルの他、ザッカリー・アルフォードのドラム、ゲイル・アン・ドーシーのベース/ヴォーカル、マイク・ガーソンのピアノ、リーヴス・ガブレルスのギター/ヴォーカル、そしてマーク・プラティのキーボード/プログラミングが使われている。

また、この“Fun”は英国のドラムンベース・プロデューサー、デリンジャーによるドラムンベース・バージョンも存在しており、単曲のデジタル・ダウンロード&ストリーミング・シングルとして3月20日にリリースされる予定となっている。このバージョンは、2000年にBowieNetのメンバーのみが入手可能となっていたアルバム『Liveandwell.com』に収録されていたもので、デジタルでリリースされるのは今回が初となる。

関連NEWS

  1. DAVID BOWIE

    『ピーキー・ブラインダーズ』のキリアン・マーフィー、劇中の帽子をDAVID BOWIEに贈った逸話を語る

  2. デヴィッド・ボウイ、1983年から1988年の作品によるボックスセットのリリースが決定

  3. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、『チェンジズナウボウイ』より“Repetition”の音源が公開

  4. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、『VH1ストーリーテラーズ』のアナログ盤が初めてリリースされることに

  5. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、95年のダラス公演の音源がフィジカルでリリースされることが決定

  6. Foo Fighters

    Foo FightersのDave Grohl、DAVID BOWIEに失せろと言われた逸話を明かす

  7. デヴィッド・ボウイ、ミュージカル『ラザルス』の映像がニューヨークで上映されることに

  8. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、未発表ライヴ音源『ウーヴレ・ル・シアン(ライヴ・ダラス ‘95)』の配信が決定

  9. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

  10. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、『ヤング・アメリカンズ』の45周年を記念してアナログ盤での再発が決定

  11. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、9曲のレア音源を収録したボックスセットが今年リリースされることに

  12. Def Leppard

    Def Leppard、DAVID BOWIEの楽曲をカヴァーしたパフォーマンス映像が公開

  13. DAVID BOWIE

    回顧展「DAVID BOWIE is」のアプリ、第23回ウェビー賞を受賞

  14. MADNESS

    MADNESS、DAVID BOWIEにドラムのフレーズを拝借された逸話について語る

  15. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、1999年に『ジュールズ倶楽部』で披露した“Ashes to Ashes”の映像が公開

  1. Chris Martin

    Coldplayのクリス・マーティン、今はフランク・シナトラをよく聴い…

    2021.05.07

  2. KANDYTOWN

    KANDYTOWN 『MUSIC STATION」公式YouTube企画”Spotlight”で新曲「On…

    2021.05.07

  3. 眉村ちあき

    眉村ちあき ストリーミングライブツアー第2弾「飛び出せ!日本元気…

    2021.05.07

  4. 大塚 愛×あっこゴリラ、愛の形を”ハンバーグ”で表現したコラボ曲「…

    2021.05.07

  5. あいみょん

    あいみょん、5/26リリースシングル収録、「愛を知るまでは」のMV公…

    2021.05.07

  6. 大橋トリオ

    大橋トリオ、5月9日(日)放送「関ジャム 完全燃SHOW」に登場

    2021.05.07

  7. Madonna

    Madonna、Nick Kamenの訃報を受けて追悼の意を表明

    2021.05.07

  8. KIRINJI

    KIRINJI、トーク&弾き語り生配信イベント「KIRINJI ONLINE SAIKAI…

    2021.05.07

  9. Grimes

    Grimes、パートナーのElon Muskに対する批判を擁護

    2021.05.07

  10. One on One~special~TOISU&DISCO!!!

    POLYSICS・the telephones ツーマンライブ「One on One~special~T…

    2021.05.07

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  2. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  3. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、出演日別ラインナップ第1弾発表

    2021.04.16

  4. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  5. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01