Ringo Starr、70年代にThe Beatlesの再結成を検討した逸話を語る

Ringo Starr

リンゴ・スターは70年代にザ・ビートルズの再結成を検討した逸話について語っている。

リンゴ・スターは解散から6年後となる1976年に当時の金額で「6240万ドル」、現在の価値で「2億5000万ドル(約270億円)」のオファーを受けたという。

これは当時、演劇や音楽イベントを撮影してケーブル配信していたビル・サージェントによってオファーされたものだったが、前座に約5.5メートルのサメとプロレスラーによる戦いがあったため、最終的にオファーを断ることになったとしている。

「一度、話をしたことがあったんだ」とリンゴ・スターは『ザ・ミラー』紙に語っている。

「クレイジーなオファーがあったんだよね。みんながどう考えているか知ろうと、お互いに電話をかけあったんだ。やらないことにしたけど、オープニング・アクトが男がサメを倒すというものだったからなんだ。それで『違うな』と思ったんだよ」

リンゴ・スターによれば、ジョン・レノンが亡くなる1980年より前に再結成について真剣に検討したのはこの一度きりだったという。

リンゴ・スターはジョン・レノンとジョージ・ハリソンが生きていたら、その可能性はあったと思っていると語っている。「もしジョンとジョージが亡くなっていなかったら、その可能性はあったと思うよ。ポールと僕はいまだにツアーをやっているしね。ジョンもまだツアーに出ていたんじゃないかな。ジョージについては分からないけどね。いまだにやりたいことをやっていたと思うよ」

先日、リンゴ・スターは80歳の誕生日を記念してオンラインでのチャリティ・コンサートを開催することを発表している。

豪華スターが家からのパフォーマンスや未発表のコンサート映像を届けるこのイベントにはポール・マッカートニーやシェリル・クロウ、ジョー・ウォルシュ、ベン・ハーパー、ゲイリー・クラーク・ジュニアらが出演する。

イベントでの寄付はブラック・ライヴス・マター・グローバル・ネットワーク、ミュージケアーズ、デヴィッド・リンチ・ファウンデーション、ウォーターエイドで分配される。リンゴ・スターズ・ビッグ・バースデイ・ショウは日本時間7月8日午前9時よりYouTubeで中継される。

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、ロックダウンに協力する世界中の人々に賛辞を寄せる

  2. YESTERDAY

    The Beatlesを知らない世界を描いた映画『YESTERDAY』、Ed Sheeranと脚本家の対談映像が公開

  3. The Beatles

    The Beatles、アップル・レコードの最新の年次決算が明らかに

  4. Paul McCartney、George Harrison

    Paul McCartney、亡くなったAstrid Kirchherrに追悼の意を表明

  5. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』50周年を記念して本日よりアドバスが都内を走行

  6. Beatles

    Beatlesを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』、邦題&日本公開日が決定

  7. ポール・マッカートニー、『ホワイト・アルバム』時代のバンドの不仲について振り返る

  8. PENNY LANE

    PENNY LANE、名前が奴隷商人に由来するかについて国際奴隷博物館が見解を発表

  9. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  10. Ringo Starr

    Ringo Starr、新作EPからのリード・トラック「Here’s To The Nights」のMV公開

  11. The Beatles

    Paul McCartney、John Lennonと生前和解できたことについて振り返る

  12. DOUBLE FANTASY -John & Yoko

    John LennonとYoko Ono、1展覧会「Double Fantasy」で1971年のインタヴュー音源が販売されることに

  13. ビートルズ、『サージェント・ペパーズ〜』がイギリスで最も愛されているアルバムの1位に

  14. The Beatles

    Ringo Starr、John Lennonの死を知った時のことを振り返る

  15. The Beatles

    Sean Lennon、John Lennonの生誕80周年を記念した番組でPaul McCartneyをインタヴュー