Kanye West、大統領選挙の選挙活動に共和党員が参加していることが明らかに

Kanye West

カニエ・ウェストはアメリカ大統領選挙の選挙活動で共和党員の支援を受けていると報じられている。

『ニューヨーク』誌の取材によれば、少なくとも2名が選挙活動に関係しているとのことで、ヴァーモント州の彼の選挙人であるチャック・ウィルトンは今年の共和党全国大会でドナルド・トランプ大統領側の代議員になるはずだったと言われている。

「ヴァーモント州がある人物の選挙人を必要としていると誰かが言っていて、私が喜んでやりたいと言ったのです」とチャック・ウィルトンは『ニューヨーク』誌に語っている。

チャック・ウィルトンは「ドナルド・トランプ大統領に失望したわけではないが別の選択肢を探したかった」と述べており、カニエ・ウェストはトランプ大統領と同じく「中道右派」だと語っている。

もう1人の共和党員であるグレッグ・ケラーはアーカンソー州務長官に提出された書類でカニエ・ウェストの選挙運動の連絡先として記されている。

『ニューヨーク』誌によれば、カニエ・ウェストは今週2つの鍵となるスウィング・ステートで候補者名簿に掲載されるための活動を進めているという。

2016年の選挙ではわずか23000票以下の差でドナルド・トランプ大統領が勝利を収めたウィスコンシン州ではカニエ・ウェストを候補者名簿に掲載させるために45人が活動を行っているとのことで、現地時間8月4日中に最低でも2000人の有効な署名が必要となっている。

オハイオ州でもカニエ・ウェストは候補者名簿に掲載されるためには5000人の有効な署名が必要で、その期限は現地時間8月5日中となっている。

一方、ニュージャージー州ではカニエ・ウェストが集めた署名が偽造されたものではないかという疑いから聞き取りが行われる予定となっている。

カニエ・ウェストの選挙活動についてはイリノイ州の職員がカニエ・ウェストの署名の有効性を調査する計画を発表したことで疑問視されている。

カニエ・ウェストは7月4日の独立記念日にアメリカ大統領選挙に出馬することを発表したが、その時点で複数の州で候補者名簿に掲載される締切を過ぎていた。

カニエ・ウェストは大統領選挙討論会に参加するのに全部で270人分の選挙人の数となる州で候補者名簿に掲載される必要がある。

関連NEWS

  1. Kanye West

    Kanye West、カープール・カラオケならぬエアプール・カラオケの映像が公開

  2. Taylor Swift、Kanye West

    Taylor Swift、Kanye Westとの関係について「終わった」と語る

  3. Kanye West

    Kanye West、最新作より“Closed On Sunday”のMVが公開

  4. Taylor Swift&Kanye West

    Taylor Swift&Kanye West、“Famous”の歌詞をめぐる電話の全容が明らかに

  5. Kanye-West-and-Bob-Dyla

    Kanye West、ツイッターでBob Dylanにコラボレーションを呼びかける

  6. Kanye West

    Kanye West、クリスチャン/ゴスペル・ソングの2つのチャートでトップ10を独占

  7. Kanye West

    Kanye West、Taylor Swiftの受賞スピーチ乱入事件は神がそうさせたと語る

  8. U2のボノとカニエ・ウェストのコラボレーション曲、当面リリースされないことが明らかに

  9. Kanye West

    Kanye West夫妻、勾留中のエイサップ・ロッキーへの支援をトランプ政権に打診したことが明らかに

  10. Kanye West

    Kanye West、母親の誕生日に新曲“Donda”を公開

  11. Taylor Swift

    Taylor Swiftの広報担当者、キム・カーダシアンの反論にさらに反論

  12. Ty Dolla Sign

    Ty Dolla Sign、Kanye WestやSkrillexらとのコラボ曲“Ego Death”が公開

  13. Kanye West

    Kanye West、コーチェラの2週目の日曜日に出演することが決定

  14. Kanye West

    Kanye West、Mars Voltaとのコラボレーションを示唆

  15. Kanye West

    Kanye West、アメリカ大統領選挙にこれまで7億円を費やしていることが明らかに

  1. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、アメリカの音楽業界における性対象化について語る

    2020.09.27

  2. Taylor Swift

    Taylor Swift、UKのレコード店にもサイン入りCDを送ったことが明ら…

    2020.09.27

  3. AC/DC

    AC/DC、新たなMVを撮影する写真がオンラインに

    2020.09.27

  4. Black Sabbath

    Black Sabbath、『パラノイド』の50周年盤が4枚組CDでリリースされ…

    2020.09.26

  5. Pantera

    Pantera、ラスト・アルバム『激鉄』の20周年記念盤がリリースされる…

    2020.09.26

  6. Whitesnake

    Whitesnake、新編成のベスト盤第2弾『ラヴ・ソングス』が11月にリリ…

    2020.09.26

  7. R.E.M.

    R.E.M.のMichael Stipe、あらためてドナルド・トランプ大統領を批判

    2020.09.26

  8. Yungblud

    Yungblud、セカンド・アルバムのリリースを発表&新曲が公開

    2020.09.26

  9. Prince

    Prince、『サイン・オブ・ザ・タイムズ』の再発盤より“I Need A Man…

    2020.09.26

  10. Beastie Boys

    Beastie Boys、最後のライヴを週末の間YouTubeで公開

    2020.09.26

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01