Neil Young、ドナルド・トランプ大統領による自身の楽曲使用について訴状を投稿

Neil Young

ニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領の選挙活動の集会で自身の楽曲が許可なく使用されたことについて訴訟を起こしている。

ニール・ヤングは現地時間8月4日にドナルド・トランプ大統領への訴状をニール・ヤング・アーカイヴスに投稿しており、選挙活動の集会で自身の楽曲を使用する正式なライセンスを持っていないと主張している。正式に裁判所に訴状が提出されたかは明らかになっていない。

先月、ニール・ヤングはツイッターで自身の音楽を使うことを許可していないと再び言及して、その後ニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領を新型コロナウイルスのパンデミックとの闘いに集中させるため法的措置はとらないという公開書簡を出していたが、その意志が変わったことを先日明らかにしていた。

「ドナルド・トランプ大統領の選挙活動は原告の曲を使用しないようにという発言を無視して、ライセンスがないまま意図的に曲の使用を続けました」と今回、訴状には記されている。

訴状は次のように続いている。「選挙活動側は公の政治的催事で2曲を使用するライセンスや原告の許可をタルサで集会を行った時も持っていませんでしたし、今も持っていません」

ニール・ヤングは訴状で「意図的な著作権侵害で求めることのできる最大限の法定損害賠償」を求めている。

ドナルド・トランプ大統領の陣営はこのニール・ヤングの動きに現時点で反応を示していない。

先日、ニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領の楽曲使用について「大統領が喋った後にまるで彼のテーマ曲のように“Rockin’ in the Free World”が流れるのを想像してみてくれ。私はそんなことのためにあの曲を書いたんじゃない」と述べている。

また、ニール・ヤングは2006年発表の楽曲“Lookin’ for a Leader”をライヴ・パフォーマンスで披露し、ドナルド・トランプ大統領を踏まえて歌詞を変更している。

新しい歌詞はブラック・ライヴス・マターの運動を支持し、バラク・オバマ前大統領への称賛とドナルド・トランプ大統領への軽蔑を反映したものとなっている。「Yeah, we had Barack Obama/And we really need him now/The man who stood behind him/Has to take his place somehow(そう、僕らにはバラク・オバマがいた。今も彼を必要している。彼を支持する人物がその地位に就かなければならない)」と彼は歌っている。

リンキン・パークも“In The End”が集会で使用されたことを受けて使用禁止命令を出しており、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズやパニック!アット・ザ・ディスコ、ザ・ローリング・ストーンズもドナルド・トランプ大統領に楽曲を使用しないように求めている。

関連NEWS

  1. Neil Young

    Neil Young、自身のサイトに公開した公開書簡の中でドナルド・トランプ大統領を批判

  2. Neil Young

    Neil Young、50年間連れ添ったElliot Robertsに追悼の意を表明

  3. ニール・ヤング、“Peace Trails”のミュージック・ビデオが公開

  4. Neil Young

    Neil Young、大統領選に間に合う形で米国市民権を取得したことを報告

  5. neil young

    Neil Young、亡くなった元妻のペギー・ヤングに追悼の意を表明

  6. Neil Young

    Neil Young、映像作品の制作に専念するために今年はツアーを行わないことを発表

  7. Neil Young

    Neil Young、ベルギー公演で“On The Beach”を16年ぶりに披露

  8. Neil Young

    Neil Young、Bob Dylanの“The Times They Are a Changin”のカヴァー音源が公開

  9. Neil Young

    Neil Young、BOB DYLANとの共同ヘッドライナー公演の発表方法を巡って主催者を批判

  10. ニール・ヤング、12/1に新作『ザ・ヴィジター』をリリースすることを発表

  11. ニール・ヤング、約4年ぶりとなるクレイジー・ホースとのライヴを発表

  12. ベックとジェニー・ルイス、ニール・ヤングの“Harvest Moon”を満月の空の下でカヴァー

  13. ニール・ヤング、フェアウェル・ツアーについて絶対にやらないと語る

  14. ニール・ヤング、グーグルを初めとした巨大テクノロジー企業を批判する声明を発表

  15. Neil Young

    Neil Young、トランプ大統領の楽曲使用について改めて自身の怒りを語る

  1. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、アメリカの音楽業界における性対象化について語る

    2020.09.27

  2. Taylor Swift

    Taylor Swift、UKのレコード店にもサイン入りCDを送ったことが明ら…

    2020.09.27

  3. AC/DC

    AC/DC、新たなMVを撮影する写真がオンラインに

    2020.09.27

  4. Black Sabbath

    Black Sabbath、『パラノイド』の50周年盤が4枚組CDでリリースされ…

    2020.09.26

  5. Pantera

    Pantera、ラスト・アルバム『激鉄』の20周年記念盤がリリースされる…

    2020.09.26

  6. Whitesnake

    Whitesnake、新編成のベスト盤第2弾『ラヴ・ソングス』が11月にリリ…

    2020.09.26

  7. R.E.M.

    R.E.M.のMichael Stipe、あらためてドナルド・トランプ大統領を批判

    2020.09.26

  8. Yungblud

    Yungblud、セカンド・アルバムのリリースを発表&新曲が公開

    2020.09.26

  9. Prince

    Prince、『サイン・オブ・ザ・タイムズ』の再発盤より“I Need A Man…

    2020.09.26

  10. Beastie Boys

    Beastie Boys、最後のライヴを週末の間YouTubeで公開

    2020.09.26

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01