Alan McGee、映画『Creation Stories』の最新状況について語る

Alan McGee

アラン・マッギーは映画『クリエイション・ストーリーズ』の進捗について現在のところ「仕上げているところ」だと述べている。

映画『クリエイション・ストーリーズ』は2013年に刊行されたアラン・マッギーの自伝を原作としたもので、アーヴィン・ウェルシュが脚本を手掛け、エグゼクティヴ・プロデューサーをダニー・ボイルが、監督をニック・モランが務めている。

『NME』とのインタヴューでアラン・マッギーは次のように語っている。「文字通り、今週仕上げているところなんだ。公開の仕方にも取り組もうとしているよ。自分としてはオンラインでやりたいんだ。ネットフリックスとか、アマゾン・プライムとか、スカイとかね。今時、誰が映画館に行くんだと思うからね」

「映画公開は忘れてもいいと思うんだ。誰も行かないからね。作品は素晴らしい感じだよ。いいものになると思うね」

『トレインスポッティング』で知られるユエン・ブレムナーがアラン・マッギーを演じることについてアラン・マッギーは次のように語っている。「ユエンは最高だよ。でも、自分とは違うけどね。すべては書かれているけど、自分はもうあんなにドラマチックじゃないからね。25年はそんな感じじゃない」

「でも、映画だからさ。みんなに気に入ってもらわなきゃいけないからさ。映画は爆笑だよ。アーヴィン・ウェルシュの脚本だからね。当然だよね」

オアシスやプライマル・スクリームと共にカルトなバンドが登場することについてもアラン・マッギーは次のように語っている。「テレヴィジョン・パーソナリティーズが入っているのは素晴らしいね。メル・レイドが天才的にテレヴィジョン・パーソナリティーズのエド・ボールを演じているんだけど、すごくカッコいいんだ」

「エド・ボールのソロ曲“The Mill Hill Self Hate Club”は映画のサウンドトラックにも使われているんだ。最も偉大なクリエイションの失われたシングルだね。シンガーのダン・トレイシーはひどい病気で、養護施設に入っているんだけどさ。何週間かに一度はZoomで彼と話しているけど、養護施設に行けるようになったらダンに映画を見せたいと思っている」

ユエン・ブレムナーやメル・レイドに加えて『クリエイション・ストーリーズ』にはジェイソン・アイザックス、エド・バーン、ポール・ケイ、ペリー・ベンソン、トーマス・ターグーズ、スティーヴン・バーコフ、ルーファス・ジョーンズらが出演している。ダニー・ボイルは昨年、『クリエイション・ストーリーズ』について「キャスティング天国」だと述べている。

関連NEWS

  1. Beyonce

    Beyonce演じるナラの声による映画『ライオン・キング』のトレイラー映像が公開

  2. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、最新シングル“Once”のパフォーマンス映像が公開

  3. ジェントルメン

    ガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』、劇中内YouTube映像を解禁

  4. Queen

    Queen、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公開前後で全米での音源セールスを比較した数字が明らかに

  5. 夢みるアドレセンス 一般投票で新メンバーを選考

  6. The Sex Pistols

    The Sex Pistols、ダニー・ボイルが監督を務める伝記映像作品が公開されることが決定

  7. ジェット、2018年3月に8年ぶりとなる単独来日公演が決定

  8. The Hunna

    The Hunna、最新シングルYoung & FadedのMV公開

  9. エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ステージ復帰となる公演が決定

  10. シシド・カフカ 配信シングル第2弾はザ・クロマニヨンズ真島昌利が提供

  11. Royal Albert Hall

    Royal Albert Hall、来年3月までに破産する状況と報道

  12. 沈黙のレジスタンス

    『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』ビジュアル&場面写真解禁リリース

  13. Jアコ

    日本の名曲をアコースティックカバーしたV.A.「Jアコ」、 全曲試聴トレイラー解禁&特設サイトオープン

  14. ザ・キラーズ、BBCでのパフォーマンス映像が公開

  15. ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、映画『グッド・タイム』ディレクターズ・カット版サントラの発売が決定