Queen、TikTokで音楽の使用が正式に許可

Queen

クイーンはTikTokで音楽の使用が正式に許可されている。

“Bohemian Rhapsody”、“Another One Bites The Dust”、“Don’t Stop Me Now”、“We Will Rock You”など、10曲の楽曲が世界各地で動画の作成に使用することができる。

他に使用できるのは“Under Pressure”、“We Are The Champions”、“I Want To Break Free”、“Somebody To Love”、“Killer Queen”、“Radio Ga Ga”となっている。

クイーン、ユニバーサル・ミュージック・グループ、ハリウッド・レコーズの協力の下、公式のアカウントも立ち上げられている。

クイーンの楽曲使用許可を受けてTikTokでは「#SingWithQueen」というハッシュタグを使ったキャンペーンも世界的に開始されている。

先日、ブライアン・メイはライヴ・エイドでのパフォーマンスについて史上最も象徴的なパフォーマンスの一つを行ったと認識できず、最初は「OK」くらいのものと考えていたことを明かしている。

1985年のチャリティ・コンサートでの22分のパフォーマンスは史上最も偉大なパフォーマンスの一つとして知られ、2018年公開の『ボヘミアン・ラプソディ』では再現されている。

映画を観たことであのライヴを振り返ったとのことで、ブライアン・メイはステージを降りてきた時は自身のパフォーマンスについて謙虚に捉えていたことを明かしている。

「映画のためにあれを甦らせた時は不思議だったね」とブライアン・メイは『トークラジオ』に語っている。

「彼らは非常に忠実に再現してくれて、あのセットに立った時は衝撃的だったんだ。すべてが甦ってきたんだ。あの時はあれがどれだけ画期的だったかに気付いてなかったんだよ。ステージを降りて、『OKだったね』程度のものだったんだ。でも、ここまで続く感動になっていたなんて分からなかったね。今も生き続けているだろ?」

関連NEWS

  1. Queen

    Queen、“Thank God It’s Christmas”の新たなアニメーション・ビデオが公開

  2. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック、フレディを演じるにあたっての肉体的苦労を語る

  3. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、監督を降板したブライアン・シンガーがゴールデン・グローブ賞にコメント

  4. Queen+Adam Lambert

    Queen+Adam Lambert、豪慈善公演で披露したライヴ・エイドと同じセットがYouTubeで配信

  5. Brian May

    QueenのBrian May、Queenの名曲の弾き方を教える動画を公開

  6. Queen

    QueenのBrian May、Freddie Mercuryの29回目の命日に際して追悼の意を表明

  7. QUEEN SYMPHONIC

    QUEEN SYMPHONIC、来日公演の東京会場でトーク・イベントとミニ展覧会が開催されることが決定

  8. クイーン結成50周年記念「クイーン全曲ガイド2 ライヴ&ソロ編」発売、出版記念トークイベントも開催

  9. Brian May(Queen)も協力呼び掛け 県民投票までの名護市辺野古埋め立て工事の中止を求めるホワイトハウス請願署名

  10. クイーンのロジャー・テイラー、映画からサシャ・バロン・コーエンが降板した理由を語る

  11. Queen

    Queen、LIVE AIDのFreddie Mercuryを演じる男性の映像が話題に

  12. Queen

    Queen、SUBARUインプレッサのCMソングに“I Was Born to Love You”が決定

  13. Adam Lambert

    Adam Lambertのパフォーマンス映像が公開

  14. フレディ・マーキュリーの伝記作家、彼との思い出を振り返る

  15. Queen

    Queen、日本のファンの投票によるベスト盤がアナログ盤でもリリース