Rami Malek、映画『ロケットマン』に出演する可能性があったことが明らかに

Rami Malek

映画『ボヘミアン・ラプソディ』で主役のフレディ・マーキュリー役を演じた俳優のラミ・マレックはエルトン・ジョンの映画『ロケットマン』に出演する可能性があったことが明らかになっている。

5月22日にイギリスで封切られた映画『ロケットマン』はデクスター・ フレッチャーが監督を務めており、彼はブライアン・シンガーが2017年に『ボヘミアン・ラプソディ』の監督を降板した後でその後任を務めている。

デクスター・ フレッチャーは今回、2つの映画をクロスオーバーする計画があったことを明かしている。「ある時、エルトン・ジョンが母親と一緒にレストランにいるというシーンを思いついたんだけどね」とデクスター・ フレッチャーは「ゲイ・スター・ニュース」に語っている。「(フレディ・マーキュリーのマネージャーである)ジョン・リードとフレディが別のテーブルに座っていて、お互いに手を振り合うっていうのはどうだろうと思ったんだ」

「きっと素晴らしいものになっていただろうけど、実現しなかったんだ。ちょっとあざと過ぎるかなと思ったんだ……(複数の映画が横断するような)シネマティック・ユニバースを作るつもりはないからさ!」

クイーンやエルトン・ジョンのマネージャーを務めたジョン・リードの役は『ボヘミアン・ラプソディ』ではエイダン・ギレンが演じているほか、『ロケットマン』ではリチャード・マッデンが演じている。

一方、エルトン・ジョンと俳優のタロン・エガートンは6月9日の公演で共演を果たして、ファンを驚かせている。エルトン・ジョンは「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアーの95公演目となるイースト・サセックスのホヴの公演で共演して“Your Song”を披露している。

エルトン・ジョンは先日、自身の人生の暗い部分を隠すことなく描いいる映画『ロケットマン』について、観るのが「つらかった」ことを明かしている。「ああ、もうこの時に戻りたくないよって思ったね」とエルトン・ジョンは語っている。

『ロケットマン』は日本では8月23日より公開される。

関連NEWS

  1. Brian May

    Brian May、ソロ・デビュー作『バック・トゥ・ザ・ライト』を再発することが決定

  2. ダーク・ウォーターズ

    トッド・ヘインズ×マーク・ラファロ、アン・ハサウェイら世界的な鬼才と実力派キャストの豪華タッグで贈る『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』、予告編を解禁

  3. Elton John

    Elton John、“Your Song”の手書きの歌詞がオークションで約2600万円で落札

  4. Jeff Buckley

    Jeff Buckley、公式の伝記映画が製作されていることが明らかに

  5. フォーリング 50年間の想い出

    『グリーンブック』主演の名優ヴィゴ・モーテンセンの初監督作品『FALLING』が邦題『フォーリング 50年間の想い出』として全国順次公開

  6. Queen

    Queen、1975年の初来日を振り返る動画を公開

  7. Bohemian-Rhapsody

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、同性愛の描写がカットされたバージョンが中国で公開

  8. コールドプレイ、20年の歩みを追ったドキュメンタリー作品の日本での上映情報が明らかに

  9. Elton John

    Elton John、映画『ロケットマン』より“Crocodile Rock”のシーンの映像が公開

  10. Morrissey

    Morrisseyを描いた伝記映画『イングランド・イズ・マイン(原題)』の日本公開が決定

  11. Queen

    Queen、日本のファンの投票によるベスト盤がアナログ盤でもリリース

  12. Elton John

    Elton John、UKアーティストのツアーの自由について批判したことに政府側が反論

  13. イギリスで今年の上半期に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  14. ベルヴィル・ランデブー

    「ベルヴィル・ランデブー」シルヴァン・ショメ監督コメント映像解禁

  15. Queen

    Queen、『オペラ座の夜』が日本レコード協会によってプラチナ認定を受けたことが明らかに