Julian Casablancas、Daft Punkともう一度コラボしようとしていたことを明かす

Julian Casablancas

ザ・ストロークスのフロントマンであるジュリアン・カサブランカスはダフト・パンクともう一度「何かをやろうとしていた」と語っている。

ジュリアン・カサブランカスは新たなインタヴューで2013年発表のシングル“Instant Crush”に続いてダフト・パンクともう一度何かをやりたいかを尋ねられている。

「実は何かをやろうとしていたんだよね」とジュリアン・カサブランカスは『ニードル・ドロップ』に語り、ダフト・パンクが「現在は音楽をやっていない」と説明している。

「前に聞いたところでは2人のうちの1人は映像関係のことに取り組んでいて、もう1人は古代の宇宙人なんかに没頭しているんだ」とジュリアン・カサブランカスは続け、ダフト・パンクの捉えどころのなさに言及している。

「間違いなく彼らとは仕事をしたいよね。(“Instant Crush”は)クールにできたからね」

ダフト・パンクの通算4作目のアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』に収録されている“Instant Crush”の制作についてジュリアン・カサブランカスは「2つの別々の曲」でアプローチを受けたとのことで、後にその2曲を組み合わせることになったと振り返っている。「それでうまくいったんだったと思う」

今夏、ダフト・パンクはディズニーで制作されるジョセフ・コシンスキー監督による映画『トロン: レガシー』の続編に参加すると報じられている。ダフト・パンクは2010年公開の映画『トロン: レガシー』のサウンドトラックを手掛けていた。

ザ・ストロークスは通算6作目のアルバム『ザ・ニュー・アブノーマル』に収録の“The Adults Are Talking”のミュージック・ビデオが公開されている。

関連NEWS

  1. Julian Casablancas

    The StrokesのJulian Casablancas、『グランド・セフト・オート』のラジオ局を監修

  2. The Strokes

    The Strokes、2020年にニュー・アルバムをリリースすることを宣言

  3. The Strokes

    Julian Casablancas、ユーロ2020でのイングランドの勝利に疑問をぶつける

  4. Lollapalooza 2019、ヘッドライナーを含めたラインナップが発表に

  5. Oasis

    ソニー・ミュージック、ヴァーチャル・ロックフェスをオンラインで開催することに

  6. Daft Punk

    Daft Punk、Dario Argento監督の新作のスコアを手掛けるという噂が否定されることに

  7. Julian Casablancas、The RaconteursとThe Strokesの“The Modern Age”で共演

  8. Julian

    The StrokesのJulian、グラミー賞受賞に際してロックの現状について語る

  9. Julian Casablancas

    The StrokesのJulian Casablancas、コメディアンにコートをプレゼントした逸話が明らかに

  10. The Strokes

    The Strokes、3年ぶりとなる新曲“The Adults Are Talking”をライヴで初めて演奏

  11. Pearl Jam

    Pearl JamのEddie Vedder、Daniel Johnstonに追悼の意を表してカヴァーを披露

  12. Daft Punk

    Daft Punk、解散の発表を受けてデジタルのセールスが急増

  13. Billie Eilish、The Strokes

    Billie Eilish、The Strokesの最新作を聴くのをやめられないと語る

  14. The Strokes

    The Strokes、2019年のさらなる公演が発表に

  15. The Strokes

    The Strokes、『サタデー・ナイト・ライヴ』のパフォーマンス映像がYouTubeで公開