The Sex Pistols、1976-1977年にレコーディングした音源を集大成した4枚組ボックス・セット『76-77』が9月24日に発売決定

The Sex Pistols

セックス・ピストルズは『勝手にしやがれ!!』をリリースする以前にレコーディングされた音源を集めたコンピレーション『76-77』を9月24日にリリースすることが決定している。

本作には1976年5月から1977年9月までのあいだに録音された様々なバージョンが80種類以上収録され、CD4枚組のボックス・セットとデジタル配信のフォーマットでリリースされる。

セックス・ピストルズのオリジナル・メンバーであるジョン・ライドン、ポール・クック、スティーヴ・ジョーンズ、グレン・マトロックがグループを結成したのは1975年の夏だが、それからわずか10カ月後となる1976年5月15日に初めてのレコーディングはロンドンのマジェスティックで行われ、セッションにはクリス・スペディングが立ち会っている。さらに7月にはまずデシベル、次いでリヴァーサイドでデイヴ・グッドマンと共にレコーディングが行われ、10月にはランズダウンとウェセックスでもレコーディングが行われている。こうした初期のレコーディング・セッションの音源が『76-77』には収録される。

この時期にピストルズはEMIと契約し、同社のマンチェスター・スクエア・スタジオでもセッションを行っていた。そのときの音源も今回のコンピレーションには収録される。

リリースの詳細は以下の通り。

セックス・ピストルズ
『76-77』
4枚組CD 【輸入国内盤仕様/完全生産限定盤】
UICY-79751/4価格:9,350円(税込)
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
SHM-CD仕様
<ディスク1>
クリス・スペディング・セッション
マジェスティック・スタジオ・ミックス 1976/5/15
01. 怒りの日
02. プリティ・ヴェイカント
03. 分かってたまるか(テイク 1)
04. 分かってたまるか(テイク 2)*
05. 分かってたまるか(テイク 3)*

デイヴ・グッドマン・デシベル・スタジオ・セッション
デジベル・スタジオ・ミックス 1976/7/30
06. サブミッション
07. セヴンティーン
08. サテライト
09. アイ・ウォナ・ビー・ミー
10. プリティ・ヴェイカント
11. アナーキー・イン・ザ・U.K.
12. サブミッション

デイヴ・グッドマン・ウェセックス・スタジオ・セッション
ウェセックス・スタジオ 1976/10/17,18 & 19
13. アナーキー・イン・ザ・U.K.
14. サブスティチュート
15. ノー・リップ
16. ステッピング・ストーン
17. ジョニー・B・グッド
18. ロードランナー
19. ホワッチャ・ゴナ・ドゥ・アバウト・イット?
20. スルー・マイ・アイズ
21. ノー・ファン(フル・7分ヴァージョン)

<ディスク2>
マイク・ソーン・マンチェスター・スクエア・スタジオ・セッション/1976
01. アナーキー・イン・ザ・U.K. (インストゥルメンタル)(マンチェスター・スクエア・バッキング・トラック)
02. ノー・フューチャー(ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン
03. ライアー
04. 怒りの日(マンチェスター・スクエア・デモ)
05. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン(インストゥルメンタル)
06. プリティ・ヴェイカント(インストゥルメンタル)
07. 分かってたまるか(インストゥルメンタル)(EMI・バッキング・トラックス・フォー・TV)

デイヴ・グッドマン・イーデン・スタジオ・ミックス
レコーデッド・アット・グースベリー・スタジオ/ミックスド・アット・イーデン・スタジオ1977/1/28
08. ニューヨーク
09. アンリミテッド・エディション(拝啓EMI殿)
10. ライアー
11. プリティ・ヴェイカント
12. 怒りの日
13. ノー・フューチャー
14. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン(インストゥルメンタル)*

デイヴ・グッドマン・リヴァーサイド・スタジオ・ミックス
レコーデッド・アット・デンマーク・ストリート 1976/7
ミックスド・アット・リヴァーサイド・スタジオ1977/5/31
15. プリティ・ヴェイカント
16. セヴンティーン
17. サテライト
18. 分かってたまるか
19. アイ・ウォナ・ビー・ミー
20. サブミッション
21. アナーキー・イン・ザ・U.K.

<ディスク3>
リジェクテッド・アンド・オルタナティブ・ヴォーカル・ヴァージョンズ、ラフ・ミックス、オルタナティブ・ミックス、デモ・アンド・アウトテイクス
01. アナーキー・イン・ザ・U.K.(ウェセックス・スタジオ・リジェクテッド・ヴァージョン 1976/10)
02. ディド・ユー・ノー・ロング(オルタナティブ・ヴォーカル・ヴァージョン 1977/3/3)
03. セヴンティーン(オルタナティブ・ヴォーカル・ヴァージョン 1977/4/21)
04. サテライト(ラフ・ミックス 1977/4/22)
05. サブミッション(ラフ・ミックス 1977/4/22)
06. さらばベルリンの陽(ラフ・ミックス 1977/6/11)
07. 拝啓EMI殿(ラフ・ミックス 1977/4/22)
08. セヴンティーン(ラフ・ミックス 1977/5/16)
09. さらばベルリンの陽(オルタナティブ・ミックス 1977)
10. ボディー(デモ・ヴァージョン・オブ・「ボディーズ」 1977/6/11)
11. サブミッション(オルタナティブ・ミックス 1977/8/12)

クリス・トーマス『勝手にしやがれ』セッション
ウェセックス・スタジオ 1977/3-8
12. 拝啓EMI殿(アウトテイク 1977/3/3)*
13. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン(アウトテイク 1977/3/3)*
14. ボディーズ(インストゥルメンタル)(アウトテイク 1977/6/18)*
15. 拝啓EMI殿(アウトテイク 1977/8/12)*
16. サテライト(アウトテイク 1977/8/12)*
17. サブミッション(ヴァージョン1)(オルタナティブ・ミックス 1977/8/12)
18. 拝啓EMI殿(オルタナティブ・ミックス 1977/4/22)
19. セヴンティーン(オルタナティブ・ミックス 1977/4/21)
20. 分かってたまるか(オルタナティブ・ミックス 1977/4/14)
21. サブミッション(ヴァージョン2)(オルタナティブ・ミックス 1977/8/12)

ジョン・“ブギ―”・チベリ・プロデュース
デンマーク・ストリート・リハーサル・ルーム、ロンドン 1977/9/20
22. ベルゼンの毒ガス室(デモ1)
23. ベルゼンの毒ガス室(デモ2)

<ディスク4:ボーナス・ディスク>SPUNK(ブートレッグ)
01. セヴンティーン(SPUNK ヴァージョン)
02. サテライト(SPUNK ヴァージョン)
03. フィーリングス(分かってたまるか)(SPUNK ヴァージョン)
04. ジャスト・ミー(アイ・ウォナ・ビー・ミー)(SPUNK ヴァージョン)
05. サブミッション(SPUNK ヴァージョン)
06. ノーキー(アナーキー・イン・ザ・U.K.)(SPUNK ヴァージョン)
07. ノー・フューチャー(ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン)(SPUNK ヴァージョン)
08. 怒りの日(SPUNK ヴァージョン)
09. ロッツ・オブ・ファン(プリティ・ヴェイカント)(SPUNK ヴァージョン)
10. ライアー(SPUNK ヴァージョン)
11. フー・ワズ・イット(拝啓EMI殿)(SPUNK ヴァージョン)
12. ルッキング・フォー・ア・キス(ニューヨーク)(SPUNK ヴァージョン)
13. アナーキー・イン・ザ・U.K.(SPUNK ヴァージョン)(デンマーク・ストリート・デモ 1976/7)
14. プリティ・ヴェイカント(SPUNK ヴァージョン)(デンマーク・ストリート・デモ 1976/7)
15. ノー・ファン(SPUNK ヴァージョン)(アンエディテッド・ヴァージョン)
*=未発表

関連NEWS

  1. The Sex Pistols

    The Sex Pistols、貴重なドキュメンタリーのマスターテープがオークションに出品

  2. Duff Mckagan

    Duff McKagan、Sex Pistolsから受けた影響を語る

  3. The Sex Pistols

    The Sex Pistolsの名曲20曲を収録した新規コンピレーション・アルバム『SEX PISTOLS – THE ORIGINAL RECORDINGS』が5月27日発売

  4. Danny Boyle

    Danny Boyle、The Sex Pistolsの伝記映像作品についてJohn Lydonには批判してほしいと語る

  5. ジョン・ライドン、ミュータント・タートルズ最新作で声優を務めることが明らかに

  6. The Sex Pistols、ダニー・ボイルが監督を務める伝記映像作品の最初の写真が公開

  7. The Sex Pistols

    The Sex PistolsのGlen Matlock、もっとバンドでアルバムを作っていたはずと語る

  8. John Lydon

    John Lydon、妻のアルツハイマーのためにPILのアルバムを諦めたと語る

  9. セックス・ピストルズ、40周年を記念して『勝手にしやがれ!!』の35周年盤が再発されることに

  10. John Lydon

    John Lydon、The Sex Pistolsの伝記映像作品における楽曲使用を巡る裁判で敗訴

  11. John Lydon

    John Lydon、伝記映像作品での楽曲使用に関する98年の取り決めについて「奴隷制」になぞらえる

  12. Glen Matlock

    Glen Matlock、新たにレコード契約を結んだことが明らかに

  13. John Lydon

    John Lydon、ドナルド・トランプ大統領を支持する理由について語る

  14. Steve Jones

    Steve Jones、パンク・ロックを聴くことはもうないと語る

  15. UNDERDOCS

    音楽映画フェスティバル「アンダードックス」、3つのブランドとのコラボレーションが決定

  1. Julian Lennon

    Julian Lennon、来たる新作より新曲“Lucky Ones”の音源が公開

    2022.08.13

  2. Blink 182

    Blink 182のMark Hoppus、Thom Delongeの復帰についてバンドからの…

    2022.08.13

  3. The Kinks

    The Kinks、『MUSWELL HILLBILLIES』と『EVERYBODY’S IN SHOW…

    2022.08.13

  4. Jon Bon Jovi

    John Bon Jovi、息子が婚約したことが明らかに

    2022.08.13

  5. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、全ラインナップが決定

    2022.08.13

  6. King Princess

    King Princess、米TV番組で最新作より「Let Us Die」を披露したパフ…

    2022.08.12

  7. Maren Morris

    Maren Morris、米TV番組より5曲のパフォーマンス映像が公開

    2022.08.12

  8. Manhattan Transfer

    Manhattan Transfer、アルバムのリリースを発表&「God Only Knows…

    2022.08.12

  9. Louis Cole

    Louis Cole、2年ぶりとなる新曲「Let It Happen」がMVと共に公開

    2022.08.12

  10. UNISON SQUARE GARDEN

    UNISON SQUARE GARDEN、新曲「カオスが極まる」リリース & TV…

    2022.08.12

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’22、7月29日のグリーン・ステージにclammbon …

    2022.07.26

  2. オハラ☆ブレイク'22秋

    オハラ☆ブレイク’22秋、第1弾出演アーティスト発表

    2022.07.22

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2022 出演アーティスト最終発表

    2022.07.22

  4. 中津川 THE SOLAR BUDOKAN

    中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2022 第2弾出演アーティストに佐野元春 &…

    2022.07.22

  5. Local Green Festival

    Local Green Festival ’22、第5弾出演アーティストを発表

    2022.07.15

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2022 出演アーティスト第3弾発表

    2022.07.14

  7. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’22のアフターパーティー「MARINA SUNSET」、タ…

    2022.07.13

  8. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 出演ステージ&タイムテ…

    2022.07.11

  9. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク‘22秋、開催決定

    2022.07.08

  10. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、更なる追加出演者を発表

    2022.07.02