Taylor Swift、「Shake It Off」の盗作をめぐる裁判で改めて棄却することを求める

Taylor Swift

テイラー・スウィフトは“Shake It Off”の歌詞について盗作の訴訟を起こされていたが、改めて棄却することを求める書類を弁護士が提出している。

2017年にソングライターのショーン・ホールとネイサン・バトラーは女性グループの3LWのために書いた“Playas Gon’ Play”をテイラー・スウィフトが盗作したと訴訟を起こしている。“Shake It Off”には「Cause the players gonna play, play, play, play, play」と「Haters gonna hate, hate, hate, hate, hate」という一節があるが、“Playas Gon’ Play”には「Playas, they gonna play, and haters, they gonna hate」には一節が存在していた。

この訴訟は2018年2月に棄却されており、判事は一節が「ありふれた」もので著作権法の保護の対象にはならないと述べていた。しかし、2019年10月にこの判決は覆されており、2020年9月には裁判が行われることが決定していた。

判事のマイケル・フィッツジェラルドはショーン・ホールとネイサン・バトラーが「クリエイティヴな表現において保護の対象となる部分とアレンジを十分に示した」として“Shake It Off”の関連部分が“Playas Gon’ Play”と「十分に似ている」ため裁判を進めることができると判断している。テイラー・スウィフト側は著作権を侵害していないという即日結審を求めたが、12月9日に判事はこれを拒否している。

12月23日にテイラー・スウィフト側は新たな弁護の動きを見せており、弁護士は似た性質を持った2つのものを提示して著作権侵害かを判断する基準となる「外在的テスト」を考慮していないと述べている。その主張ではテイラー・スウィフトの歌詞がパブリック・ドメインのフレーズを基にしていることが明らかになるはずだとしている。

米『ローリング・ストーン』誌が確認した法廷書類には「どちらの作品も2つのパブリック・ドメインとなる短いフレーズを使用しています。『players gonna play』と『haters gonna hate』は誰もが無料で使えるフレーズです」と記されている。

「裁判所が共通点だと指摘した2つの短いパブリック・ドメインのフレーズの存在と2つの同語反復は単純に外在的テストを満たしていません。そうでなければ、原告『player gonna play』と『haters gonna hate』を他の同語反復と一緒に書いたり、歌ったり、発言した人全員を訴えることができてしまいます。それを認めてしまうと、前代未聞であり、パブリック・ドメインに反することになってしまうのです」

公判はロサンゼルスの裁判所で2月7日に行われる。

ショーン・ホールとネイサン・バトラーの弁護士であるジェラルド・フォックスは次のように述べている。「再考するための根拠はなく、音楽界の大物と彼女の組織が低所得のアーティストを出し抜くことによってクライアントの正義を邪魔しようとしているように感じます」

関連NEWS

  1. カミラ・カベロ、フィフス・ハーモニー脱退についてテイラー・スウィフトの関与を否定

  2. Taylor Swift

    Taylor Swift、最新作からのシングル“cardigan”のニュー・バージョンを公開

  3. Taylor Swift

    Taylor Swift、全米アルバム&シングル・チャートで同時1位を2度獲得した初のアーティストに

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、新作よりタイトル曲“Lover”のリリック・ビデオが公開

  5. Ryan Reynolds

    Ryan Reynolds、自身の子どもの名前がTaylor Swiftの「Betty」に使われていることについて語る

  6. Taylor Swift

    Taylor Swift、動画の著作権侵害を引き起こすために警官が「Blank Space」をかけた映像が話題に

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、ここ1年の収入で世界のセレブリティのトップに立ったことが明らかに

  8. Taylor Swift

    Taylor SwiftやLady Gagaら、新型コロナウイルスの感染拡大について発言

  9. Taylor Swift

    Taylor Swift、Scooter Brownの収入を妨げるために自身の曲のカヴァーを制作か

  10. Taylor SwiftやBillie Eilishら、グラミー賞授賞式のパフォーマンス映像が公開

  11. テイラー・スウィフト、最新シングル“Delicate”の縦撮りビデオが公開

  12. Taylor Swift

    Taylor Swift、過去の音源の権利を取り戻したAnita Bakerを祝福

  13. Taylor Swift

    Taylor Swift、“Betty”のライヴ・パフォーマンスを初披露

  14. Taylor Swift

    Taylor Swift、Teen Choice Awardsに新設されたアイコン賞の最初の受賞者に

  15. Taylor Swift

    Taylor Swift、ビッグ・マシーンから初期のシングルがアナログ盤で再発

  1. ゆず

    ゆず、新曲『風信子』が阿部 寛、北村匠海出演の 映画『とんひ…

    2022.01.24

  2. Grammy

    2022年のGrammy賞授賞式、新たな開催日程が決定

    2022.01.23

  3. Whitesnake

    David Coverdale、カタログの原盤権と音楽出版権を売却したことが明…

    2022.01.23

  4. Tears For Fears

    Tears For Fears、1985年のライヴ・エイドに出演しなかった理由を語…

    2022.01.23

  5. ローマ教皇フランシスコ

    ローマ教皇フランシスコ、レコード店を訪れるためにバチカン市国の…

    2022.01.23

  6. Fred Parris

    The Five SatinsのFred Parrisが逝去

    2022.01.23

  7. David Bowie

    David Bowie、フィットネス器具のペロトンで全楽曲が解禁&独占リミ…

    2022.01.23

  8. twenty one pilots

    twenty one pilots、米TV番組で「The Outside」を披露した映像が公開

    2022.01.23

  9. Paul McCartney

    Paul McCartneyら、BBCのDJだったJanice Longの追悼番組に出演する…

    2022.01.23

  10. White Lies

    White Lies、来たる新作より新曲「Am I Really Going To Die」が公開

    2022.01.23

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’22、第1弾出演アーティストを発表

    2022.01.19

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZOを8月に開催

    2022.01.01

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.22 開催決定

    2021.12.24

  4. ルルティモバーチョ

    恵比寿ガーデンホールでのクリスマスイベント“ルルティモバーチョ”…

    2021.10.26

  5. ROCKS FORCHILE 2021

    ROCKS FORCHILE 2021が事前登録制のフリーイベントとして開催、第一…

    2021.10.05

  6. OMNIBUS

    音楽フェス「OMNIBUS」が11月に初開催!11/6に鈴木真海子、ODD Foot…

    2021.09.01

  7. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、2022年の開催決定

    2021.08.22