『ブルー・バイユー』映画のテーマ“国際養子縁組の光と影”&30秒予告解禁リリース

ブルー・バイユー

2021年カンヌ国際映画祭に出品され、8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた、愛と感動の物語『ブルー・バイユー』が、2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー、映画のテーマとなっている国際養子縁組の問題についてのコラムをまとめました。併せて、30秒予告編が解禁となっております。

韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年アントニオ。
30年以上前の書類の不備で強制送還される危機に瀕した時、彼はどうするのか?

2021年カンヌ国際映画祭に出品され、8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた、愛と感動の物語『ブルー・バイユー』。監督・脚本・主演を務めるのは、映画『トワイライト』シリーズで俳優として知られ、監督としても数々の賞を受賞している韓国系アメリカ人、ジャスティン・チョン。共演は、2015年『リリーのすべて』でアカデミー賞®︎助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年が、自身は知る由もない30年以上前の書類不備で、国外追放命令を受け、二度と戻れない危機に瀕したらどうするか?アメリカの移民政策で生じた法律の“すき間”に落とされてしまった彼は、愛する家族との暮らしを守れるのか。不器用な生き方しかできない男、大きな愛で支えようとする女、義父を失う不安を抱える少女。家族を襲う不幸に揺れ動く3人を美しい映像と共に力強く描いた傑作が誕生した。

映画のテーマとして描かれている“国際養子縁組の光と影”その問題とは…?
ジャスティン・チョン監督が、国際的な養子縁組で起こってきた問題を、韓国人コミュニティを通して知ったことがきっかけとなり作られた本作。映画のテーマとなっている”国際養子縁組”とはそもそもどういったものなのか?
本作の主人公アントニオは、韓国に生まれ、1988年に3歳で養子としてアメリカに渡ってきた。このような国境を越えて行われる養子縁組を国際養子縁組と呼ぶ。統計によると、韓国が1953年から2010年までで総計16万人余りの国際養子を送り出してきたこと、特に1970年頃からその数が急増して2005年頃まではコンスタントに年間2000人を超え、1985年頃には年間8000人を超える勢いであったこと、2005年以降は世界的にその数がぐっと減少してきていることがわかる。国際養子縁組が行われてきた背景には、先進諸国では養子をとりたいと願う養親希望者の数に比べて養子になる子供が少なすぎ、発展途上国では養親を必要とする子供が多いのにもかかわらず、自国内では十分な数の養親希望者を見つけることができないという事情があった。国際養子として新しい国にやって来た子供のなかには、先進国の豊かな社会の中で養親の愛情に恵まれて幸福に育った子も多かっただろうが、アントニオのように悲惨な人生を送ることになった子も少なからずいたと考えられる。もともと国際養子縁組は、ひとつ間違えば、子供の人身売買になりかねない危険な制度であった。1980年代には国際社会において、このような国際養子縁組の危険性が強く自覚され、これに対処する取り組みがなされ、その結果、1993年にハーグ国際私法会議という組織によって「国際養子縁組に関する条約」が作成された。この条約は、国際養子として他国に養子として送られる子供たちが、危険に巻き込まれることなく、安心して安全に暮らすことができるように、様々なルールを定めている。この条約の加盟国は、厳格な手続きを経て国際養子縁組を実施しなければならないことになっている。
もし仮に、アントニオが韓国からアメリカに国際養子として渡ったときにこの条約が存在していて、韓国とアメリカの両国ともにその加盟国であったならば、アントニオの悲劇はおそらく回避されていたのではないか…。<早川眞一郎(専修大学法科大学院 教授)寄稿より抜粋>きっと鑑賞後にあなたも考えさせられるはず。ぜひ劇場でご覧頂きたい!

併せて解禁された30秒予告編では、アメリカの司法制度に翻弄される家族の様子が映し出され、その姿に思わず心が揺さぶられる映像となっている。

ブルー・バイユー

ブルー・バイユー

監督・脚本・主演:ジャスティン・チョン/出演:アリシア・ヴィキャンデル、マーク・オブライエン、リン・ダン・ファム、エモリー・コーエン 
2021年/アメリカ/原題:Blue Bayou/配給:パルコ ユニバーサル映画 ©2021 Focus Features, LLC.

関連NEWS

  1. 伝説のサーフムービーがスクリーンに帰ってくる!『エンドレス・サマー デジタルリマスター版』公開決定・邦題&キービジュアル&場面写真解禁

  2. オッペンハイマー

    『オッペンハイマー』、平野啓一郎&大島育宙が『オッペンハイマー』を語る。 公開記念トークイベント開催決定

  3. Jennifer Lopez

    Jennifer Lopez、映画『マリー・ミー』の日本版予告編&ポスターが公開

  4. キリエのうた

    岩井俊二監督最新作『キリエのうた』、予告編&ティザーポスター第2弾が到着!豪華追加キャストが解禁

  5. 海を深く愛する9人の女性たちのストーリー『シー・イズ・オーシャン』(英題:SHE IS THE OCEAN)の公開が決定

  6. クリーン ある殺し屋の献身

    『クリーン ある殺し屋の献身』アカデミー賞俳優エイドリアン・ブロディに注目&メイキング写真を解禁

  7. アバウト・ライフ

    映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』キャストオフィシャルインタビュー解禁

  8. MONTEREY POP

    『MONTEREY POP モンタレー・ポップ』予告編解禁&先行特別上映会開催

  9. 青春映画『ガール・ピクチャー』、本編シーン映像を解禁

  10. 『ジョン・レノン 失われた週末』知られざる真実を明かす日本版予告編&場面写真一挙解禁

  11. モリコーネ 映画が恋した音楽家

    『モリコーネ 映画が恋した音楽家』本編特別映像が解禁

  12. Elton John

    Elton John、映画『ロケットマン』より“Saturday Night’s Alright for Fighting”の映像が公開

  13. 『ヘル・レイザー<4K>』公式グッズ“ヘルアイテム”地獄級大量解禁

  14. アウシュヴィッツの生還者

    『アウシュヴィッツの生還者』公開日決定&ポスタービジュアルを解禁

  15. 『オッペンハイマー』ノーラン監督史上No.1!本年度洋画No.1スタート!IMAX特別映像解禁&公開後イベント実施

  1. Kerry King

    Kerry King、ソロ・デビュー作より「Toxic」のMV公開

    2024.05.23

  2. トノバン

    音楽ドキュメンタリー『トノバン』松山猛、小原礼、高野寛、高田漣…

    2024.05.23

  3. Peggy Gou

    Peggy Gou、来たるデビュー・アルバムより「Lobster Telephone」の…

    2024.05.23

  4. London Grammar

    London Grammar、来たる新作より新曲「Kind Of Man」の音源が公開

    2024.05.23

  5. Chicago

    Chicago、9月に大阪で単独来日公演の開催が決定

    2024.05.23

  6. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  7. Lady Gaga

    Lady Gagaのコンサートフィルム「GAGA CHROMATICA BALL」がU-NEXTに…

    2024.05.23

  8. 歴代級ヒット!ファン・ジョンミン×チョン・ウソン『ソウルの春』ポ…

    2024.05.23

  9. Katy Perry

    Katy Perry、ソーシャル・メディアのプロフィール画像を変更して新…

    2024.05.23

  10. Slash

    Slash、ブルース作『Orgy Of The Damned』の全曲解説が公開

    2024.05.23

  1. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13