Brian Wilsonの元妻、音楽出版権の売却を巡って裁判を起こしたことが明らかに

Brian Wilson

ビーチ・ボーイズの結成メンバーであるブライアン・ウィルソンの最初の妻であるマリリン・ウィルソン・ラザフォードは、ビーチ・ボーイズの楽曲のロイヤリティに関して最近ブライアン・ウィルソンが結んだ契約を受けて訴えている。

ブライアン・ウィルソンは昨年12月にユニバーサル・ミュージック・パブリッシングと音楽出版権を巡って5000万ドル(約60億円)の契約を結んだことが報じられている。当時はこの契約について明らかにされていなかった。

1964年から1978年までブライアン・ウィルソンと結婚していたマリリン・ウィルソン・ラザフォードはこの件を巡ってロサンゼルス最高裁で2月に訴えを起こしており、3月25日に連邦裁判に移されている。

マリリン・ウィルソン・ラザフォードはユニバーサル・ミュージック・パブリッシングに売却された音楽出版権のうち少なくとも670万ドル(約8億円)分がさらに自分のものだと主張しており、過去7年間にブライアン・ウィルソンが支払う必要のあったロイヤリティの詳細を求めている。

ブライアン・ウィルソンとマリリン・ウィルソン・ラザフォードは1981年に離婚について合意しており、“California Girls”、“Wouldn’t It Be Nice”、“Good Vibrations”など、結婚している間に書いた170曲の音楽出版権の50%を元妻が所有することで合意している。

ユニバーサル・ミュージック・パブリッシングとの契約でマリリン・ウィルソン・ラザフォードには1100万ドル(約13億円)が支払われたが、アメリカの著作権法における著作権の譲渡や使用許諾をした場合に著作権所有者は35年後に譲渡や利用許諾を一方的にやめることができるという終了権も売却していることから670万ドルを求めている。

当初、ブライアン・ウィルソンは「すべての問題を解決」するために330万ドルを提示したが、マリリン・ウィルソン・ラザフォードはその2倍が支払われるべきだとして2月に訴訟を起こしている。

マリリン・ウィルソン・ラザフォードの権利の取り分については揉めていないものの、ブライアン・ウィルソンの弁護士は離婚が成立した1981年以降30年以上にわたって著作権を取り戻すことができなかったため、マリリン・ウィルソン・ラザフォードに終了権から得られる利益はなかったと主張している。

「これは結婚の間にブライアンが書いた曲の『著作権終了権』をめぐるブライアンと元妻のビジネス上の争いです」とブライアン・ウィルソンの弁護士は米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「この申請により我々は単にこの争いを連邦裁判所で解決するよう求めているのです。これ以上のコメントはなく、提出した書類で分かってもらえると思います」

マリリン・ウィルソン・ラザフォードの弁護士やユニバーサル・ミュージック・パブリッシングはこの件についてコメントを出していない。

昨年11月、ブライアン・ウィルソンは6年振りとなるソロ・アルバム『アット・マイ・ピアノ』がリリースされている。

関連NEWS

  1. The Beach Boys

    The Beach Boys、自身の知的財産を売却したことが明らかに

  2. ブライアン・ウィルソン、背中の手術のためにツアー日程を一部延期することを発表

  3. Brian Wilson

    Brian Wilson、精神的な不安から復帰してツアーを再開することを発表

  4. Brian Wilson

    Brian Wilson、“God Only Knows”と“Love and Mercy”を米TV番組で披露

  5. Brian Wilson

    Brian Wilson、キャリア初となるソロ・ピアノ・アルバムのリリースが決定

  6. ブライアン・ウィルソン、ビーチ・ボーイズの『クリスマス・アルバム』の再現公演を行うことに

  7. Brian Wilson

    Brian Wilson、5月に予定されていた来日公演がキャンセルに

  8. The Beach Boys

    The Beach Boys、デビュー60周年を迎えて今年から来年にかけてのリリース予定が明らかに

  9. The Beach Boys

    The Beach Boys、「Surf’s Up」のアカペラ・バージョンを含む2曲の未発表音源が公開

  10. Brian Wilson

    Brian Wilson、キャリアを追ったドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

  11. Litttle Richard

    Bob Dylanら、Litttle Richardに追悼の意を表明

  12. Brian Wilson

    Brian Wilson、趣味での狩猟を支持する団体のためにコンサートを行うマイク・ラヴを批判

  13. Brian Wilson

    Brian Wilson、5月に来日公演が決定

  14. Brian Wilson

    Brian Wilson、The WondermintsのNicky Wonderに追悼の意を表明

  15. ソングライターの殿堂

    ソングライターの殿堂、2020年に殿堂入りを果たすアーティストの候補が発表に

  1. 4ad

    4AD、タワーレコードとの合同企画コンピレーションが6月にリリース…

    2022.05.19

  2. 上原ひろみ

    新スーパードライTVCM 「最高の渇きに。上原ひろみ」篇 5 月 20 日…

    2022.05.19

  3. Pussy RiotのMaria Alyokhina、ロシア国外に脱出したことが明らかに

    2022.05.19

  4. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、幕張会場のPACIFIC STAGEの出演者を発表

    2022.05.19

  5. Taylor Swift

    Taylor Swift、交際相手の Joe Alwynが共作した時の経緯について初…

    2022.05.19

  6. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 第 2 弾出演アーティスト発表

    2022.05.19

  7. THE CAMP BOOK

    野外フェス「THE CAMP BOOK 2022」全アーティスト、タイムテーブル…

    2022.05.19

  8. 夜明けの口笛吹き

    「原始神母」の派生バンド「夜明けの口笛吹き」が7/8(金)高円寺HIGH…

    2022.05.19

  9. ビッケブランカ

    ビッケブランカ × Awesome City Club 7月横浜で初のツーマンライブ…

    2022.05.19

  10. Shygirl

    Shygirl、デビュー・アルバムのリリースを発表&新曲「Firefly」が…

    2022.05.19

  1. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、幕張会場のPACIFIC STAGEの出演者を発表

    2022.05.19

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 第 2 弾出演アーティスト発表

    2022.05.19

  3. THE CAMP BOOK

    野外フェス「THE CAMP BOOK 2022」全アーティスト、タイムテーブル…

    2022.05.19

  4. Local Green Festival

    Local Green Festival ’22、第2弾出演アーティストを発表

    2022.05.12

  5. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2022、二年越しの開催へ

    2022.04.28

  6. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’22、タイムテーブルを発表

    2022.04.28

  7. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’22、第2弾ラインナップを発表

    2022.04.22

  8. Moodymann

    RAINBOW DISCO CLUB 2022、Moodymannの出演が決定

    2022.03.17

  9. 朝霧JAM

    朝霧JAM’22 開催決定!プレイベント ASAGIRI JAMMIN’ …

    2022.02.23