Phoebe Bridgers、中絶権に対する最高裁の草案を受けて自身の体験を明かす

Phoebe Bridgers

フィービー・ブリジャーズ、クエストラヴらは人工中絶を米連邦で合法とする1973年の「ロー対ウェイド」事件における最高裁判例を覆す最高裁判決草案を受けて反応を寄せている。

現地時間5月2日に米政治ニュース・サイト「ポリティコ」はサミュエル・アリート最高裁判事によるリークされた草案の内容について報じており、その内容はロー対ウェイドの判例が「根本から甚だしく間違って」おり、「憲法に耳を傾けて、中絶の問題を国民が選んだ代表者の判斷に戻す時だ」というものとなっている。

草案は公開される数日前まで何度も草案が練られ、票のやりとりが行われるため、最高裁の判決は最終的なものではない。しかし、もしこの画期的な判例が覆ることになれば、人工中絶は米連邦での権利とは認められず、各州が中絶を禁止したり制限したりすることが可能となる。

連邦での中絶の権利がなくなる可能性を受けて、音楽業界、エンタテインメント業界の有名人からはソーシャル・メディアで多くの反応が寄せられている。

ザ・リグレッツはツイッターで各州の合法的中絶を求める基金のリンクと共に次のように述べている。「大多数の男性の投票から自分たちの身体を守るためにこうしなければいけない事実に苛立っていますし、胸を痛めています。私たちが支持しているものは分かってもらえるでしょうが、中絶は誰もができるべきです」

フィービー・ブリジャーズはインスタグラムのストーリーとツイッターで自身が中絶した体験について述べている。

「昨年の10月、ツアー中に中絶をしました」と彼女は述べている。「プラント・ペアレントフッドに行ったら、中絶のピルをくれました」

「簡単なことでした。誰もがこのようにアクセスできるべきです」とフィービー・ブリジャーズは続けて、中絶に関する寄付先のリストを共有している。

ザ・ルーツのクエストラヴは2度投稿を行っており、1度目の投稿ではこの状況を映画『侍女の物語』になぞらえている。2度目の投稿では「怒りを行動に移せ」というグラフィックと共に、キャプションで「男性よ、すべての人がこれに集わなければならない」と述べ、アメリカで行われている集会の情報を共有している。

これまでもアメリカの中絶政策については反対の声が寄せられており、リゾはSXSWの基調講演でテキサス州の反トランス法案と中絶政策に反対を表明している。

「私はヒューストンを代表することを誇りに思っていますが、今のテキサスの政治を代表することは誇りに思っていません。非常に時代に逆行する法律が可決されているのです」

彼女は次のように続けている。「若い人々が自分らしく生きる権利を奪おうとしているのです。これは人権侵害です。トランスの権利も人権です」

リゾは人工中絶を厳しく制限する法律についても論じている。「人の家に押し入って、その身体に指図をして、子宮について何かをする代わりに、対処しなければいけない可愛そうな子どもがたくさんいます。中絶禁止は残虐です。余計なお世話であり、私の身体に口出ししないでほしいのです」

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作の再構築盤のリリースが決定

  2. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、40分を超えるパフォーマンス映像が公開

  3. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、タイニー・デスク・コンサートの映像が公開

  4. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、『サタデー・ナイト・ライヴ』のパフォーマンス映像が公開

  5. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、米TV番組で“Kyoto”のパフォーマンスを披露

  6. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、ニュー・シングル“Garden Song”がMVと共に公開

  7. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、Bo Burnhamの「That Funny Feeling」のカヴァー音源が公開

  8. Phoebe BridgersとArlo Parks

    Phoebe BridgersとArlo Parks 、Radioheadの“Fake Plastic Trees”をカヴァー

  9. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、セカンド・アルバムのリリースを発表&新曲“Kyoto”が公開

  10. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、John Prineの“Summer’s End”をカヴァーした音源が公開

  11. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、米TV番組でオーケストラ版の「Kyoto」を披露

  12. The Killers、Phoebe Bridgers

    The Killers、Phoebe Bridgersが参加している新作のトラックリストを公開

  13. Phoebe Bridgers

    Phoebe Bridgers、Metallicaの「Nothing Else Matters」をカヴァーした音源が公開

  14. Phoebe Bridgers、Marilyn Manson

    Phoebe Bridgers、Marilyn Mansonとの自身の体験について明かす

  15. Boygenius

    Boygenius、日本語帯付カラー・ヴァイナルでの再発が決定

  1. SONICMANIA 2022、新たな出演者が決定

    2022.05.25

  2. Eminem

    Eminem、『ザ・エミネム・ショウ』のエクスパンディッド・エディシ…

    2022.05.25

  3. Eurovision

    Eurovision、ウクライナ代表の優勝を阻止しようと新ロシア派ハッカ…

    2022.05.25

  4. oasis

    Liam Gallagher、oasisの再結成について「今週ではない」と語る

    2022.05.25

  5. Rina Sawayama

    Rina Sawayama、セカンド・アルバムを9月にリリースすることを発表

    2022.05.25

  6. Michael Jackson

    Michael Jackson、 『スリラー』の40周年記念盤が11月にリリースさ…

    2022.05.25

  7. John Lydon

    John Lydon、エリザベス女王の戴冠70周年について「本当に誇らしい…

    2022.05.25

  8. Måneskin

    Måneskin、SUMMER SONIC2022の来日時に単独公演の開催が決定

    2022.05.25

  9. Tempalay

    Tempalay 新曲「Q/憑依さん」2曲ひとつなぎのMVを公開

    2022.05.25

  10. Thom Yorke

    Thom YorkeとStanley Donwood、ロンドンで開催される展覧会のカタロ…

    2022.05.25

  1. Local Green Festival

    Local Green Festival ’22、第3弾出演アーティストを発表

    2022.05.24

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’22、第3弾でYOASOBI、Mogwaiら

    2022.05.20

  3. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、幕張会場のPACIFIC STAGEの出演者を発表

    2022.05.19

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 第 2 弾出演アーティスト発表

    2022.05.19

  5. THE CAMP BOOK

    野外フェス「THE CAMP BOOK 2022」全アーティスト、タイムテーブル…

    2022.05.19

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2022、二年越しの開催へ

    2022.04.28

  7. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’22、タイムテーブルを発表

    2022.04.28

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’22、第2弾ラインナップを発表

    2022.04.22

  9. Moodymann

    RAINBOW DISCO CLUB 2022、Moodymannの出演が決定

    2022.03.17

  10. 朝霧JAM

    朝霧JAM’22 開催決定!プレイベント ASAGIRI JAMMIN’ …

    2022.02.23