Beyonce、Kelisからの批判を受けて該当部分を削除した「Energy」の音源を公開

Beyonce

ビヨンセは通算7作目のニュー・アルバム『ルネッサンス』について二度目のアップデートを発表して、収録曲“Energy”でケリスによる2003年のヒット曲“Milkshake”を引用していたのを外すことを明かしている。

7月29日に『ルネッサンス』がリリースされると、ケリスはソーシャル・メディアで許可なく“Milkshake”を引用していることを指摘していた。ケリスは“Milkshake”をプロデュースしたファレル・ウィリアムスが引用について「直接」権利関係をクリアにすることができるのに曲を参照したことについてビヨンセ側からは誰からも連絡をもらえなかったと主張している。

“Energy”では“Milkshake”に登場する「ラーラーラーラー」のリフレインが使われている。“Energy”のクレジットには“Milkshake”からの引用があることが記されており、ファレル・ウィリアムスとチャド・ヒューゴがソングライターにクレジットされている。ケリスが「パフォーマー」であることは言及されているが、ザ・ネプチューンズと同じようにソングライターのクレジットは与えられていない。

そもそも“Milkshake”にケリスはソングライターとしてクレジットされておらず、ケリスはこのことについては言及していない。しかし、先週、投稿した動画でケリスは自分が書いていない曲のクレジットを取ったとしてファレル・ウィリアムスを批判していた。

「私がファレル・ウィリアムスのレーベルと契約した時、彼と同じマネージャーだった。そして、彼は私のレコードにクレジットされることになった。私のすべてのシングルにクレジットされているけど、曲や歌詞を書いたことはない」と彼女は語っている。

今回、アップル・ミュージックやタイダルでは“Milkshake”の引用を省いた“Energy”が公開されている。米『ローリング・ストーン』誌によれば、この作業は簡単なものではなかったとのことで、タイダルでは曲を聴こうとすると、省かれたヴォーカルだけが再生される状態となっていた。

ビヨンセは新作『ルネッサンス』で使われていた障がい者差別と思われる歌詞を変更することも明らかになっている。ビヨンセは“Heated”で使われていた「sp*z」という言葉を削除するという。

アメリカでは「sp*z」は口語で「頭がおかしくなる/クレイジーになる」に近い意味で使われるが、脳性麻痺のような症状で経験する痙攣を表す医学的に使われる「spastic」という言葉からきている。この言葉は脳性麻痺のような障がいを持つ人を揶揄する意味で使われることが多い。

批判を受けてビヨンセの広報担当者は歌詞を変更しようとしているとして、既にアップル・ミュージックでは「sp*z」の部分が「blast」に変更されている。

新作『ルネッサンス』は「act i =第一幕」と表現され、3年以上かけてパンデミックの間に制作された3幕構成のプロジェクトの一つであると言われている。

関連NEWS

  1. Destiny's Child

    Beyonceの父親、Destiny’s Childをミュージカル化するプロジェクトを発表

  2. Beyonce

    Beyonce、メーガン・マークル妃の衝撃的インタヴューを受けて賛辞を寄せる

  3. Beyonce

    Beyonce、ネットフリックスで特別番組が配信されるのではないかと噂に

  4. Meek Mill

    Meek Mill、Nicki Minajと共にJay-Z&Beyonce夫妻とダブル・デートしたことを明かす

  5. Beyonce

    Beyonce、新作『ルネッサンス』のトラックリストが明らかに

  6. Beyonce

    Beyonce、現在行っている『RENAISSANCE』ワールド・ツアーの詳細なクレジットを公開

  7. Thom YorkeやBeyonce

    Thom YorkeやBeyonceら、第92回アカデミー賞の歌曲賞の候補に

  8. Beyonce

    Beyonce、自身のウェブサイトが視覚障害者への配慮が足らないとして訴えられる

  9. ビヨンセとジェイ・Z、アトランタ公演のステージに不審者が侵入

  10. Beyonce

    Beyonce、新作の広告を「許可なく」グッゲンハイム美術館に映し出したことが明らかに

  11. Beyonce

    Beyonce、Jay-Zとのタヒファニーのキャンペーンで「Moon River」を歌う動画が公開

  12. Beyonce

    Beyonce、「Break My Soul」のリミックスについて感謝の思いを綴った手紙をMadonnaに送る

  13. Beyonce

    Beyonce、『ルネッサンス』ツアーのコンサート映画が12月21日に日本公開が決定

  14. Destiny's Child

    Destiny’s ChildのKelly Rowland、再結成の噂について沈黙を保つ

  15. Beyonce

    Beyonce、差別用語が使われているという批判を受けて新作の歌詞を変えることに

  1. Jordan Rakei

    Jordan Rakei、STUTSと共同制作した「Celebrate」が新作の日本盤に…

    2024.04.23

  2. Nathaniel Rateliff

    Nathaniel Rateliff、新作のリリースを発表&新曲「Heartless」の音…

    2024.04.23

  3. a flood of circle

    a flood of circle『Honey Moon Song』代々木野音ライブ映像公開

    2024.04.22

  4. 胸騒ぎ

    クリスチャン・タフドルップ監督最新作『胸騒ぎ』、違和感を抱く会…

    2024.04.22

  5. KYGO

    KYGO、Nile Rodgers&Zak Abelとのコラボとなる「For Life」がMVと…

    2024.04.22

  6. Lava La Rue

    Lava La Rue、来たるデビュー作より新曲「Humanity」がMVと共に公開

    2024.04.22

  7. Josh Freese

    Foo FightersのドラマーのJosh Freese、バンドに加入した時の心境を…

    2024.04.22

  8. Alfie Templeman

    Alfie Templeman、ニュー・シングル「Hello Lonely」がリリック・ビ…

    2024.04.22

  9. Arooj Aftab

    Arooj Aftab、来たる新作より「Raat Ki Rani」がMVと共に公開

    2024.04.22

  10. Bar Italia

    Bar Italia、5月に行われる初来日公演のサポート・アクトが決定

    2024.04.22

  1. DEAD POP FESTiVAL 2024、最終出演アーティスト&各日出演ステージ…

    2024.04.19

  2. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  4. JOIN ALIVE 2024、第一弾出演アーティスト発表

    2024.04.11

  5. SUMMER SONIC 2024、第3弾追加アーティストを発表

    2024.04.10

  6. METROCK

    METROCK2024 全出演アーティスト発表、第7弾出演アーティストにNEWS…

    2024.04.05

  7. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、BIG BEAT CARNIVALセッションゲストにThe Bi…

    2024.04.03

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第1弾出演アーティスト発表

    2024.04.01

  10. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22