Lou Reed、1965年のレア音源集より「Men of Good Fortune」のデモ音源が公開

Lou Reed

ルー・リードは1965年のレア音源集より“Men of Good Fortune”のデモ音源が公開されている。

“Men of Good Fortune”のデモ音源はパートナーだったローリー・アンダーソンの協力の下、生誕80周年を記念して8月26日にリリースされる『ワード&ミュージック、メイ1965』に収録される。

“Men of Good Fortune”のデモ音源はこちらから。

アルバムにはルー・リードによって書かれ、後にヴェルヴェット・アンダーグラウンドのメンバーとなるジョン・ケイルによってレコーディングされた楽曲が収録される。ルー・リードは「貧しい男の著作権」と記して自分宛てに郵送しており、そこから50年近くにわたって封筒は封がされたままだったという。

アルバムには“Heroin”、“Pale Blue Eyes”、“I’m Waiting For The Man”といった名曲の最初期の音源が収録される。

『ワード&ミュージック、メイ1965』はLP、カセットテープ、8トラック、デジタル、CDといった各種フォーマットでリリースされる。

45回転ダブルLP・エディションは世界7500枚限定で、ボブ・ディランの“Don’t Think Twice, It’s All Right”のカヴァーなど、6曲の音源を収録したボーナス7インチが付属する。28ページのブックレットには過去の写真、ライナーノーツのほか、ルー・リードが1964年に教授で詩人のデルモア・シュワルツに宛てて書いた手紙の複製も掲載される。

7インチに収録の音源はEP『ジー・ウィズ 1958-1964』として10月7日にデジタルでリリースされる。

『ワード&ミュージック、メイ1965』のトラックリストは以下の通り。

‘I’m Waiting For The Man (May 1965 Demo)’
‘Men Of Good Fortune (May 1965 Demo)’
‘Heroin (May 1965 Demo)’
‘Too Late (May 1965 Demo)’
‘Buttercup Song (May 1965 Demo)’
‘Walk Alone (May 1965 Demo)’
‘Buzz Buzz Buzz (May 1965 Demo)’
‘Pale Blue Eyes (May 1965 Demo)’
‘Stockpile (May 1965 Demo)’
‘Wrap Your Troubles In Dreams (May 1965 Demo)’
‘I’m Waiting For The Man (May 1965 Alternate Version)’

『ジー・ウィズ 1958-1964』のトラックリストは以下の通り。

‘Gee Whiz (1958 Rehearsal)’
‘Baby, Let Me Follow You Down (1963/4 Home Recording)’
‘Michael, Row The Boat Ashore (1963/4 Home Recording)’
‘Don’t Think Twice, It’s All Right (Partial) (1963/4 Home Recording)’
‘W & X, Y, Z Blues (1963/4 Home Recording)’
‘Lou’s 12-Bar Instrumental (1963/4 Home Recording)’

関連NEWS

  1. Lou Reed

    Lou Reed、生誕80周年を記念して65年に録音された未発表デモ音源を収録した作品のリリースが決定

  2. Metallica、Lou Reed

    Metallica、Lou Reedとのコラボ作『ルル』についてまったく後悔はないと語る

  3. Lou Reed

    Lou Reed、銃に関する法律のために展覧会の開催地がテキサス州から変更されたことが明らかに

  4. Lou Reed、Andy Warhol

    Lou Reed、Andy Warholのためにレコーディングした未公開音源が発見される

  5. Johnny Depp&Jeff Beck

    Jeff Beck&Johnny Depp、The Velvet Undergroundの「Venus In Furs」のカヴァーが公開

  6. The Velvet Underground

    The Velvet Underground、ドキュメンタリー作品がアップルTV+で配信されることに

  7. The Velvet Underground&Nico

    The Velvet Underground&Nico、豪華アーティスト参加のトリビュート作が発売決定

  8. ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ニューヨークで展覧会が開催されることが明らかに

  9. Lars Ulrich

    Lars Ulrich、Lou Reedと喧嘩になりかけた逸話を語る

  10. The Velvet Underground

    The Velvet Underground、Todd Haynesが手掛けた映像作品のトレイラー映像が公開

  11. The Velvet Underground

    Supreme、The Velvet Undergroundとコラボしたコレクションが今週発売

  1. LUNA SEA

    LUNA SEA 今週末より35周年全国ツアースタート! 「MOTHER」「STYLE…

    2024.05.23

  2. BABYMETAL、Electric Callboy

    BABYMETAL、Electric Callboyとのコラボ曲「RATATATA」が公開

    2024.05.23

  3. REBECCA

    REBECCA初のUHD-BD 「Dreams on 1990119 Reborn Edition-Return of …

    2024.05.23

  4. Arooj Aftab

    Arooj Aftab、新作のリスニング・パーティーの開催が決定

    2024.05.23

  5. 11月12日「KAN」を慕うミュージシャンが集う 「KANタービレ〜今夜は…

    2024.05.23

  6. #スージー・サーチ

    映画『#スージー・サーチ』最新映像の予告編&本ビジュアル解禁

    2024.05.23

  7. Louis Cole

    Louis Cole、メトロポール・オーケストラとの共演作より新曲「Life…

    2024.05.23

  8. ボストン1947

    『ボストン1947』予告映像&ポスタービジュアルを解禁

    2024.05.23

  9. Kerry King

    Kerry King、ソロ・デビュー作より「Toxic」のMV公開

    2024.05.23

  10. トノバン

    音楽ドキュメンタリー『トノバン』松山猛、小原礼、高野寛、高田漣…

    2024.05.23

  1. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  7. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  8. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13