Queen、『ザ・ミラクル』のセッションからの音源を使った未発表曲「Face It Alone」が公開

Queen

クイーンはBBCラジオ2のケン・ブルースの番組で未発表曲“Face It Alone”が初めてオンエアされている。

“Face It Alone”は『ザ・ミラクル』のレコーディング・セッションで1988年に収録されたフレディ・マーキュリーのヴォーカルが使われた楽曲となっている。

“Face It Alone”の音源はこちらから。

今年6月、ロジャー・テイラーとブライアン・メイはフロントマンのフレディ・マーキュリーが参加している未発表曲を見つけたことを明らかにしていた。

ロジャー・テイラーとブライアン・メイはBBCラジオ2のゾーイ・ボールの番組におけるインタヴューでこの事実を明らかにしている。「忘れてしまっていたフレディによるちょっとした宝石を見つけたんだ。それが素晴らしいんだよ。本当に思いがけない発見だった。『ザ・ミラクル』のセッションからのものでね」

ブライアン・メイは次のように続けている。「ありふれた中に隠れていたんだ。何度も目にしてはいて、『ダメだ。これを救出することはできない』と思っていた。けれど、もう一度見てみたら、僕らの素晴らしいエンジニア・チームが『これとこれは使えるよ』と言ってくれてね。それを繋ぎ合わせたんだ。でも、美しいんだよ。感動的なんだ」

1991年にフレディ・マーキュリーが亡くなって以降、クイーンはフレディ・マーキュリーが参加した音源を度重なる形でリリースしてきている。2014年にリリースされたコンピレーション『クイーン・フォーエヴァー』では80年代にレコーディングした音源からの未発表曲が収録されていた。

先日、ブライアン・メイはフレディ・マーキュリーが亡くなった後に彼のヴォーカルを聴くのはトラウマになったと語っている。

BBCラジオ5のポッドキャスト『ハウ・ドゥ・ユー・コープ』に出演したブライアン・メイは『メイド・イン・ヘヴン』の制作について振り返っている。「すごく変な感じだった。それ自体がトラウマになったよ」

「フレディのヴォーカルを聴いて、数時間、数日、数週間を過ごした。フレディを聴いて、一日中、一晩中を過ごしたんだ。『これは素晴らしい……素晴らしいサウンドだよ、フレ……ああ、君はいないのか』という瞬間があったよ」

関連NEWS

  1. Brian May

    QueenのBrian May、二度とツアーをできない可能性について言及

  2. Queen

    QueenのBrian May、著書『QUEEN in 3-D』の日本語訳版の刊行が決定

  3. Queen

    Queen、デビュー作『戦慄の王女』日本発売45周年を記念して3/29に限定ポスターが発売

  4. Queen+Adam Lambert、史上最大規模の日本公演が2020年1月開催へ 

  5. Queen

    Queen、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサントラのアナログ盤が2枚組で発売されることに

  6. Brian May

    QueenのBrian May、自宅に迫った山火事に対処した消防士に感謝の意を表明

  7. Roger Taylor

    QueenのRoger Taylor、新年の大英帝国勲章を受章することに

  8. Queen

    Queenのミュージカル「ウィ・ウィル・ロック・ユー」、今秋北米ツアーを行うことが発表

  9. Brian May

    QueenのBrian May、新型コロナウイルス後はライヴ業界は倫理的問題に直面すると語る

  10. Queen

    QueenのBrian May、InstagramでAdam Lambertに賛辞を寄せる

  11. Queen

    Queen、『オペラ座の夜』の制作直前にバンドが解散の危機にあったことが明らかに

  12. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』より俳優陣がクイーンになるまでを語った映像が公開

  13. Queen+Adam Lambert

    Queen+Adam Lambert、K-POPに対して賛辞を寄せる

  14. Queen

    Queen、オリジナル・アルバム全15タイトルの人気投票が開始

  15. Queen

    Queen、「The Simpsons」の最新話でライヴ・エイドのパフォーマンスが描かれる