Eminem、母親がロックの殿堂入りを果たしたことを祝福

Eminem

エミネムの母親はエミネムがロックの殿堂入りを果たしたことを祝福している。

エミネムはカーリー・サイモン、デュラン・デュラン、ドリー・パートン、ライオネル・リッチー、ユーリズミックス、パット・べネターと共にロサンゼルスで開催された式典で今年ロックの殿堂入りを果たしている。

エミネムは式典で6曲のパフォーマンスを披露しており、“My Name Is”と“Rap God”でパフォーマンスを始めている。

エミネムはエアロスミスの“Dream On”をサンプリングした“Sing For The Moment”でスティーヴン・タイラーと共演しており、エド・シーランは“Stan”のダイドのパートを歌っている。パフォーマンスは“Forever”と“Not Afraid”で締めくくられている。

今回、デビー・マザーズはロックの殿堂入りを誇りに思うとして、次のように述べている。「マーシャル、伝えたいんだけど、あなたのロックの殿堂入りを祝福せずに今日を終わらせるわけにはいきません」

「あなたのことが大好きよ。こうなることは分かっていました。長い道のりだった。あなたのことを本当にすごく誇らしく思います。そして、大きくなったヘイリー・ジェイドのことを誇らしく思う。ヘイリー、あなたはポッドキャストでいい仕事をしているということを伝えたい。神の御加護を。あなたたちのことが大好きよ」

式典でエミネムの紹介スピーチはドクター・ドレーが行っており、エミネムに「大きなペニス」の持ち主だと言うように言われたと冗談を飛ばしている。「エミネムはヒップホップのガラスの天井を打ち破っただけの負け犬ではない。彼はそれを粉々にしたんだ」ドクター・ドレーはエミネムが「ヒップホップを中産階級のアメリカ人にもたらした」として、「白人のアメリカを映す鏡を掲げた」と語っている。

受賞スピーチでエミネムはこの式典にいるべき人物ではなかったとして、第一に彼はラッパーで「ここはロックの殿堂だから」と語り、第二に彼は2007年にドラッグのオーヴァードーズで死にかけたからと続けている。

続けてエミネムは影響を受けたラッパーとして、トゥパック、ザ・ノトーリアス・B.I.G.、デ・ラ・ソウル、サイプレス・ヒル、アイス・キューブ、エル・エル・クール・ジェイ、スヌープ・ドッグの名前を挙げている。

「これは今後殿堂入りを検討してほしいと思っているごくごく一部です。彼らがいなければ、私たちの多くはここにいませんでした。殿堂入りというのは自分について語るものだが、そんなことはどうでもいいのです。彼らがいなければ自分はここにいませんでした。私は高校中退で、ヒップホップから教育を受けました。彼らが私の先生だったのです。自分であるとの同じくらい、今夜は彼らの夜なのです」

他にも今年のロックの殿堂入りの式典では出席できなかったカーリー・サイモンに代わってオリヴィア・ロドリゴが“You’re So Vain”のカヴァーを披露している。

関連NEWS

  1. Eminem

    Eminem、人工知能が歌詞を考案した2021年版の「My Name Is」のフル・バージョンが公開

  2. Eminem

    Eminem、最新作で10作連続となる全米アルバム・チャート1位を獲得

  3. Machine Gun Kelly

    Machine Gun Kelly、新作に収録の“Floor 13”でEminemとの論争に言及

  4. Eminem

    Eminem、養女のAlaina Scottが婚約したことが明らかに

  5. Eminem

    EminemとRihanna、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に出演の打診があったことが明らかに

  6. Eminem

    Eminem、Conway The Machineとの新曲“Bang”でイギー・アゼリアを批判

  7. エミネム、9作連続で全米アルバム・チャートの1位を獲得

  8. Eminem

    Eminem、プルーフと収録した1999年のフリースタイルの音源がオンラインに

  9. Eminem

    Eminem、Marshall Mathers Foundationで人種問題に取り組むことを発表

  10. EminemとPost Malone

    EminemとPost Malone、両者によるコラボレーションの噂がオンラインで浮上

  11. Eminem

    Eminem、50 Centが手掛けるドラマ『BMF』にFBIの情報提供者役で出演することが決定

  12. Eminem

    Eminem、自身のレーベルのシェイディ・レコーズで契約する時の理念について語る

  13. Eminem

    Eminem、新型コロナの援助のために自身のエア・ジョーダン4を出品

  14. Ed Sheeran、Eminem

    Ed Sheeran、Eminemと初対面で『アべンジャーズ』について語り合ったことを振り返る

  15. Eminem、Fat Joe

    Eminem、Fat Joeの引退を撤回させるよう説得したことが明らかに