エミネム、自身がプロデュースしたラップ・バトル映画『ボディード』の新たな予告編が公開

エミネムは自身がプロデュースした映画『ボディード(原題)』の新たな予告編が公開されている。

最新作『カミカゼ』をサプライズでリリースしたばかりのエミネムだが、映画は11月2日に劇場公開され、11月28日からはYouTubeプレミアムで配信される予定となっている。

ジョセフ・カーンが監督を務めた本作にはカラム・ワーシー、ダムファウンデッド、アンソニー・マイケル・ホール、ジャッキー・ロング、シャーラメイン・ザ・ゴッドらが出演し、2017年のトロント国際映画祭でピープルズ・チョイス・ミッドナイト・マッドネス・アウォードを受賞している。

映画はカラム・ワーシーが演じるバークレーの学生のアダム・マーキンの実話を基にしたもので、ラップ・バトルの世界に飛び込み、勝利を収め、オークランドのヒップホップ界で成功を収めるものの、物語はその後、彼が仲間のラッパーや近い人物と疎遠になっていくものとなっている。

エミネムは2001年公開の映画『ザ・ウォッシュ』に出演しているほか、最も有名なのは2002年公開の自伝的映画『8マイル』では主演を務めている。

また、エミネムは2009年公開の映画『素敵な人生の終り方』、2014年公開の映画『ザ・インタビュー』にカメオ出演しているほか、ドラマ「アントラージュ☆オレたちのハリウッド」にも本人役で出演している。

一方、エミネムはマシン・ガン・ケリーを批判する楽曲の続編が待ち望まれている。

エミネムは『カミカゼ』に収録の“Not Alike”でマシン・ガン・ケリーを批判しており、これを受けてマシン・ガン・ケリーはエミネムの“Rap God”に言及している“Rap Devil”と題された楽曲を発表している。その後、エミネムは“Killshot”というアンサー・ソングもリリースしている。

エミネムがマシン・ガン・ケリーへ反論するための新たな曲について、シェイディー・レコーズのプロデューサーであるポーターは次のように語っている。「まさに今、取り組んでいるところなんだ。今は他の曲もやっているんだけどさ。でも、信じてくれ。曲は完成させるよ。これだけは言っておくよ。マシン・ガン・ケリーの身にはなりたくないはずだよ」

「こういう機会があって、やれるのは素晴らしいよ。賛辞を送りたいね。一つ心配していることを挙げると……『アイアンマン』で悪役のサノスがアイアンマンに惑星を投げつけたのを覚えているかい? あんなことになるかもしれないね」

関連NEWS

  1. 爆音映画祭 in MOVIX京都、『ボヘミアン・ラプソディ』の追加上映が決定

  2. THE BAND

    THE BAND、映画『ラスト・ワルツ』が東阪のZeppで上映されることが決定

  3. 新宿ピカデリー爆音映画祭、開催期間の延長が決定

  4. イギー・ポップがナレーションを務める映画『バンクシーを盗んだ男』、先行プレミア上映が決定

  5. エミネム、2019年の最初のツアー日程が発表に

  6. レッド・ツェッペリン、『狂熱のライヴ』東名阪Zepp上映でトークショーの開催が決定&追加席を販売

  7. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、新たな伝記映画で彼の役を演じる俳優が明らかに

  8. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、マレーシアで大幅にカットされていることが明らかに

  9. デヴィッド・ボウイの息子のダンカン・ジョーンズ、映画『地球に落ちて来た男』の監督に追悼の意を表明

  10. Queen

    Queenのブライアン・メイ、映画で“Bohemian Rhapsody”のギター・ソロを撮影する時の映像を公開

  11. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』だけを上映する爆音映画祭が大阪・MOVIX堺にて開催決定

  12. Queen

    Queenのブライアンとロジャー、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のゴールデン・グローブ賞受賞を祝福

  13. チリー・ゴンザレス、ドキュメンタリー映画の日本公開が決定&ダフト・パンクに捧げた新曲も公開

  14. エミネム、50セントらが参加したステージでニッキー・ミナージュとの交際の噂に再び言及

  15. Eminem

    Eminem、新たに参加した楽曲でラップしたリリックが話題に