SlipknotのCorey Taylor、アルバムではない形態で音楽をリリースする可能性について語る

Corey Taylor

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーはショーン・“クラウン”・クラハンが従来のアルバムを前提にしたリリース・パターンを止める可能性について語ったことを受けて、自身の見解を明かしている。

スリップノットの事実上のクリエイティヴ・ディレクターであるショーン・“クラウン”・クラハンは『NME』に次のように語っている。「『スリップノットがアルバムに拘束されないほどビッグになったら、どんな感じだろう?』とずっと考えていたんだ。クラウンが説得できたとして、『12曲を2年間待つのではなく、毎月1曲ずつ出していくんだ』ってね。実際には同じことをするのに1年短縮しているんだ」

「このやり方にみんなには付いてきてほしんだ。約束するのは、ちゃんとアートワークもあるし、実質のある内容で、通常の1曲の価格よりも安くなるということだ。すべてはフィルターを通して、バンドを通してリリースされていく。コリィ・テイラーも参加して、プロのミックスやマスタリングも施される。道は切り開かれていないけど、通常通りのやり方なんだ。ファンのみんながすべてを手に入れる時が来たとおもうから、こうしたことをやりたいんだよ」

今回、コリィ・テイラーはイベント「モンスター・マニア」の質疑応答でショーン・“クラウン”・クラハンと同じ考えかを訊かれて、次のように答えている。「9人もいると、同じ考えになるのは難しいんだよ。特に俺たちは歳も食っているし、変わっているからね。でも、素晴らしいのはいいアイディアについてはいまだに楽しみにしているということだね。ジム・ルートとミック・トムソンは曲を書くのが得意だし、俺とクラウンはそれをまとめあげるのが得意で、アレッサンドロ・ヴェンチュレラもよく貢献してくれてるよ」

「キャリアではたくさんのことを成し遂げてきたから、今度はおとなしくして、EPをリリースすることもあるかもしれない。たくさんの音楽をリリースしてきて、今はレーベルもないから、可能性は無限なんだ。やりたいことは何でもできる。次にやるのが何にせよ、その時は同じ考えになった時だよ。常にというわけにはいかないけどね」

スリップノットは1998年7月にロードランナー・レコーズと契約したが、9月に通算7作目となるアルバム『ジ・エンド、ソー・ファー』をリリースしたことで契約が終了しており、2023年3月31日をもって完全に独立した状態になる。

一方、スリップノットのドラマーであるジェイ・ワインバーグは耳の健康を提唱する団体のために自身の難聴体験について語っており、他のミュージシャンと共演し始めたことで、難聴予防と保護の重要性について「すぐに分かることになった」と振り返っている。

「ジャムして素晴らしい時間を過ごしていたのですが、次の日の朝、高音が聴こえなかったのです。聴力を完全に失ったと思い、本当に怖かったです。どう対処すればいいか分からなかったからです。深刻な難聴から回復している時というのは、やりたいことの一つが音楽を聴くいて時間を過ごすことですが、それさえも痛くてできないのです」

関連NEWS

  1. Slipknot

    Slipknot、IVXLCDMが手掛けたジュエリーが渋谷パルコ限定ショップで発売

  2. Jay Weinburg

    Jay Weinburg、SUICIDAL TENDENCIESに加入したことを発表

  3. スリップノットのコリィ・テイラー、ニュー・アルバムのリリース時期について言及

  4. Corey Taylor

    SlipknotのCorey Taylor、Kanye Westのことを心配していると語る

  5. Slipknot

    Slipknotのコリィ・テイラー、ラッパーのキッド・ブッキーとの新曲“Stuck in My Ways”が公開

  6. Slipknot

    Slipknot、亡くなったJoey Jordisonに捧げる8分半の映像を公開

  7. Corey Taylor

    Corey Taylor、キャンセル・カルチャーは問題を解決しないと語る

  8. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、ソロ・アルバムにも現在取り組んでいることを明かす

  9. Corey Taylor

    Corey Taylor、ソロ作について「これまででも最も制作が楽しかった」と語る

  10. Slipknot

    Slipknot、バンドの歌詞で最も使用されている単語をファンが調査した結果が話題に

  11. Slipknot

    スリップノット、コンサートを楽しむ高齢の女性の映像がオンラインで話題に

  12. Slipknot

    SlipknotのShawn Crahan、新型コロナの懸念がなくなってもウイルス用マスクを続けると語る

  13. Slipknotのコリィ、ロックについて否定的な発言をしたMaroon5のアダム・レヴィーン

    Slipknotのコリィ、ロックについて否定的な発言をしたMaroon5のアダム・レヴィーンを批判

  14. Slipknot

    Slipknot、5歳の少年がライヴに合わせて素晴らしいエアドラムを披露する映像が話題に

  15. Side Wilson

    SlipknotのSide Wilson、12月にソロとしての新作をリリースすることを発表

  1. Billie Eilish

    Billie Eilish、新作『HIT ME HARD AND SOFT』のトラックリストを公…

    2024.04.23

  2. Jordan Rakei

    Jordan Rakei、STUTSと共同制作した「Celebrate」が新作の日本盤に…

    2024.04.23

  3. Nathaniel Rateliff

    Nathaniel Rateliff、新作のリリースを発表&新曲「Heartless」の音…

    2024.04.23

  4. a flood of circle

    a flood of circle『Honey Moon Song』代々木野音ライブ映像公開

    2024.04.22

  5. 胸騒ぎ

    クリスチャン・タフドルップ監督最新作『胸騒ぎ』、違和感を抱く会…

    2024.04.22

  6. KYGO

    KYGO、Nile Rodgers&Zak Abelとのコラボとなる「For Life」がMVと…

    2024.04.22

  7. Lava La Rue

    Lava La Rue、来たるデビュー作より新曲「Humanity」がMVと共に公開

    2024.04.22

  8. Josh Freese

    Foo FightersのドラマーのJosh Freese、バンドに加入した時の心境を…

    2024.04.22

  9. Alfie Templeman

    Alfie Templeman、ニュー・シングル「Hello Lonely」がリリック・ビ…

    2024.04.22

  10. Arooj Aftab

    Arooj Aftab、来たる新作より「Raat Ki Rani」がMVと共に公開

    2024.04.22

  1. DEAD POP FESTiVAL 2024、最終出演アーティスト&各日出演ステージ…

    2024.04.19

  2. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  4. JOIN ALIVE 2024、第一弾出演アーティスト発表

    2024.04.11

  5. SUMMER SONIC 2024、第3弾追加アーティストを発表

    2024.04.10

  6. METROCK

    METROCK2024 全出演アーティスト発表、第7弾出演アーティストにNEWS…

    2024.04.05

  7. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、BIG BEAT CARNIVALセッションゲストにThe Bi…

    2024.04.03

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第1弾出演アーティスト発表

    2024.04.01

  10. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22