Linkin Park、かつてのベーシストからロイヤリティの未払いで訴訟を起こされることに

Linkin Park

リンキン・パークはかつてのベーシストであるカイル・クリストナーから1999年の「20曲以上の」トラックのロイヤリティで訴訟を起こされている。

現地時間11月8日にカイル・クリストナーはリンキン・パークから「一銭も受け取っておらず」、「自身のクリエイティヴな取り組みから利益を得たにもかかわらず、正式にクレジットすることもなかった」としてカリフォルニア州地方裁判所に訴状を提出している。

カイル・クリストナーは2001年に再発された『ハイブリッド・セオリーEP』の「ファン・クラブ・エディション」から名前が外されていると述べており、同EPが収録された『ハイブリッド・セオリー』の20周年ボックスセットからも名前が外されていると主張している。

訴状には次のように書かれている。「カイル・クリストナーは彼が脱退した後、彼のベース・パートは再レコーディングされたと誤解していましたが、よく調べてみると、ボックスセットにも収録されたEPで彼のベース演奏が確認できました」

ボックスセットには「忘れられたデモ音源」として未発表音源といったレア音源が収録されていた。訴状によれば、2020年のボックスセットのリリース以来、“Could Have Been”のデモ音源は100万回近く再生されているという。

訴状はカイル・クリストナーがボックスセットの音源を精査してみたところ、20以上のトラックで彼の演奏が使われていると結論付けている。彼はそれをマネージメント会社のマシーン・ショップ・エンタテインメントに報告したところ、手紙を受け取ったことは認めたものの、反応がなかったとしている。

2020年にツイッチで行われた配信でマイク・シノダが“Could Have Been”のリリース後、彼のベース・ソロが「素晴らしい」としてカイル・クリストナーに賛辞を寄せたことも訴状には記されている。

カイル・クリストナーは他に“She Couldn’t”、“Chair”、“Blue”、“Step Up”といった楽曲に参加しているという。

「事実、カイル・クリストナーは『忘れられたデモ音源』の2、3、4、6、7、8、9、10、11、12曲目、『LPUレアリティーズ』の1、2、7、13、14、16、17曲目、『Bサイド・レアリティーズ』の7曲目、そして『ハイブリッド・セオリーEP』で演奏していると見られます」と訴状には書かれている。

カイル・クリストナーはロイヤリティ、利息、弁護士費用の支払いを要求しており、問題となっている楽曲の作者および所有者を判断し、作品から生じたすべての利益の会計処理を法廷に対して求めている。

「被告が原告に正当な分け前を支払うことなく、このような利益を保持することは不当なことになります」と訴状には記されている。

リンキン・パークとレーベル側は現時点でこの件についてコメントしていない。

関連NEWS

  1. Linkin Park

    Linkin ParkのChesterの息子、来月チャリティ・イベントに出演することが明らかに

  2. リンキン・パーク、“Numb”のミュージック・ビデオが自身初となる10億回の再生回数を突破

  3. GreyDaze

    GREY DAZE、アルバムより“Sometimes”の音源が公開

  4. Linkin Park

    Linkin Park、未発表のコンサート映像とQ&Aセッションが配信されることが決定

  5. ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、リンキン・パークのチェスターとレコーディングした過去を明かす

  6. Linkin Park

    Linkin ParkのChester Benningtonの元妻、彼との結婚記念日に再婚したとする報道に反論

  7. リンキン・パークのフェニックス、チェスターの一周忌を受けてメッセージを投稿

  8. Talinda-Bennington

    Talinda Bennington、メンタル・ヘルス大使に選ばれたことが明らかに

  9. Mike Shinoda

    Mike Shinoda、最新シングル「Happy Endings」のMV公開

  10. Linkin Park

    Linkin ParkのChester Bennington、亡くなってから3年を迎えたことを受けてファンが追悼の意を表明

  11. Chester Bennington

    Linkin Park、Chester Benningtonが参加している未発表曲があることを明かす

  12. リンキン・パークのマイク・シノダ、チェスターの死後にリック・ルービンが力になってくれたと語る

  13. Chester Bennington

    Linkin ParkのChester Bennington、最初に所属していたバンドが息子を迎えて昔の音源を再録

  14. Linkin Park

    Linkin Park、『METEORA』の20周年記念盤の日本盤詳細が明らかに

  15. Grey Daze

    Grey Daze、更なるドキュメンタリー映像が公開

  1. Ariana Grande

    Ariana Grande、USで即完売した直筆サイン入りアルバムが日本でも特…

    2024.03.04

  2. Kanye West

    Kanye West、子どもたちを通わせる学校について元妻のkim kardashia…

    2024.03.04

  3. Liam Payne

    Liam Payne、3年ぶりとなるニュー・シングル「Teardrops」の音源が…

    2024.03.04

  4. THE ORAL CIGARETTES

    THE ORAL CIGARETTES、EP「MARBLES」リリースを記念した特別番組がS…

    2024.03.04

  5. Twenty One Pilots

    Twenty One Pilots、新作のリリースを発表&新曲「Overcompensate」…

    2024.03.04

  6. Jordan Rakei

    Jordan Rakei、来たる新作よりニュー・シングル「Learning」の音源…

    2024.03.04

  7. RADWIMPS

    RADWIMPS 、8年ぶりの国内ライブハウスツアーの模様を収録した ライ…

    2024.03.04

  8. [ kei ]、8月12日LINE CUBE SHIBUYAワンマンを公式発表

    2024.03.04

  9. Charlotte Day Wilson

    Charlotte Day Wilson、新作のリリースを発表&新曲「I Don’t Love …

    2024.03.04

  10. Kelly Jones

    Kelly Jones、ソロ作より新曲「Inevitable Incredible」が公開

    2024.03.04

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’24 出演日別ラインナップ第2弾発表

    2024.03.01

  2. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、第5弾出演アーティストを発表

    2024.02.29

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVALホームページがリニューアル

    2024.02.29

  4. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第3弾出演アーティスト発表&チケットエントリー開始

    2024.02.29

  5. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL

    「ジャイガ」ことOSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVALが今年も開催決定

    2024.01.01