『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソンとチャニングテイタムが登場!特別映像解禁

1994年7月8日(日本時間7月9日)、日本人としては毛利衛さん以来2人目となる宇宙飛行士、向井千秋さんがスペースシャトル・コロンビア号(IML-2/STS-65)で宇宙に飛び立った。元々日本の名優石原裕次郎の担当医のひとりで心臓外科医だった向井さんは宇宙空間に到達するとライフサイエンスや宇宙医学などに関する82テーマもの実験を実施。「宇宙メダカ」と呼ばれたメダカの産卵実験は特に話題となった。向井千秋さんのフライトから30年、この記念すべき日に『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』の特別映像が解禁された!

「プロデューサーに専念するつもりだった」そう話すのはケリーを演じたスカーレット・ヨハンソン。“もしも世界中が目撃した月面着陸の映像がフェイクだったら?”アポロ計画に長年つきまとうこの説から着想を得たローズ・ギルロイが書いた「脚本がよすぎて誰にも役を渡したくなかった」と、このアイデアを絶賛。初共演となるテイタムに満面の微笑みを向ける。

1960年代のマンハッタンでPRのプロフェッショナルとしてのし上がってきたケリー。その噂を聞きつけてNASAのPRを持ちかけるのが政府関係者のモー(ウディ・ハレルソン)だ。失敗続きで国民の関心が薄れつつあるNASAのイメージアップと月面着陸のPRを担当するためにフロリダに呼び寄せられたと説明するヨハンソン。そんなケリーにとって「厄介なのがコールよ」と隣に座るコールを演じたチャニング・テイタムに話を向ける。

チャニング・テイタムが演じるコールはNASAの発射責任者。真面目で実直な性格のコールとは正反対に、地味なNASA職員の代役として俳優をメディアに登場させるなど“嘘の宣伝”を次々仕掛けてやりたい放題のケリーに、テイタムも「2人は犬猿の仲だ」とコメント。続く本編映像でも2人の関係性を象徴する軽快なやり取りが繰り広げられる。「目標は同じでもやり方が違うの」とNASA職員とPRとで、“月面着陸を成功させる”という同じ志を持ちながらもお互いを敵視する仲なのだとヨハンソンは続ける。

コールをはじめとした技術者たちの奮闘とケリーのPR戦略により再び国民の期待を取り戻すことができたNASA。迫るアポロ11号の発射の日を目前に再びケリーの前に現れたモーは「月面着陸を捏造しろ」と衝撃のミッションを言い渡す。NASAの施設内に巨大撮影スタジオが準備される本編映像に「フェイク映像ね?」と怪訝な顔で応えるケリーの姿が重なり、すかさずテイタムが「ゴタゴタに巻き込まれる」と、それどころではないコールの心情を伝える。

プロデューサーも務めたヨハンソンは「オリジナルで楽しい作品なの」と改めてこの作品のアイデアと痛快さを語り、チャニングも「すべてが詰まってる」と断言する。ケリーの掛け声とともに、月面着陸撮影のリハーサルが始まるが、ワイヤーで吊るされた偽宇宙飛行士が空中で激突。照明は倒れセットに着火してしまうなど、極秘プロジェクトの進行も一筋縄ではいかないこの失態に「キューブリック監督に頼めばよかった」とぼやくケリーの落胆の表情で幕を閉じるのだが—。
NASAのPRを担当するケリーと実直な発射責任者コール、そしてケリーに極秘ミッションを発令するモー。人類初の“月面着陸”は、この後どんな展開を迎えることになるのか。続きは映画館の大スクリーンでとくとご覧いただきたい。

フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン

原題:FLY ME TO THE MOON
日本公開表記:7月19日(金)より全国の映画館で公開
US公開:2024年7月12日
監督:グレッグ・バーランティ(『フリー・ガイ』製作)
出演:スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタム、ウディ・ハレルソン
公式サイト:https://www.flymetothemoon.jp

関連NEWS

  1. マジック・マイク ラストダンス

    ダンス映画史上No.1ヒット映画「マジック・マイク」最新作『マジック・マイク ラストダンス』予告編&ポスター解禁

  2. ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

    映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』ホイットニーのクリエイターとしての姿も垣間見える本編特別映像を解禁

  3. Björn Ulvaeus

    ABBAのBjörn Ulvaeus、近い将来での伝記映画の可能性を否定

  4. Boy George

    Boy George、Culture Clubで成功を収めるまでを描いた伝記映画が制作されることに

  5. ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド

    The Smithsの名曲で彩る珠玉の青春音楽映画『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』日本公開決定

  6. The Son/息子

    『The Son/息子』ヒュー・ジャックマンのインタビュー映像が解禁

  7. ソフィア・コッポラ監督最新作『プリシラ』邦題&公開日決定

  8. アリー/スター誕生

    映画『アリー/スター誕生』、全米で12分の新たな映像を追加して劇場公開されることが決定

  9. ヘルレイザー

    『ヘルレイザー2』『ヘルレイザー3』『ヘルレイザー4』来年1/12(金)よりシネマート新宿ほか上映決定

  10. ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

    映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ インタビュー映像を解禁

  11. ザ・フーのロジャー・ダルトリー、伝記映画でキース・ムーンを演じる俳優の条件を語る

  12. Dinosaur Jr.

    Dinosaur Jr.、ドキュメンタリー映画『フリークシーン』が3月25日に公開されることが決定

  13. パリ13区

    『パリ13区』、日本限定ビジュアル解禁。大島依提亜が原作者エイドリアン・トミネとコラボ

  14. Jack White

    Jack White、映画『007』シリーズに提供した主題歌「Another Way To Die」の秘話を語る

  15. THE HEAD

    山下智久出演 Huluオリジナル「THE HEAD」Season1 ”地上波初”放送決定

  1. REBECCA 7年ぶりとなる全国ツアー 「REBECCA NOSTALGIC NEW WORLD T…

    2024.07.13

  2. FESTIVAL de FRUE 2024、第一弾ラインナップを発表

    2024.07.13

  3. Justin Timberlake

    Justin Timberlake、ボストン公演で飲酒運転についての冗談を飛ばす

    2024.07.13

  4. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、「The Pop Out : Ken & Friends」より地元の…

    2024.07.13

  5. Dua Lipa

    Dua Lipa、Glastonbury Festivalがリップシンクと言われたことにつ…

    2024.07.13

  6. きみとバンドのギター清原梨央が リアル喜多ちゃん(ぼっち・ざ・ろ…

    2024.07.13

  7. The BONEZ × Dragon Ash、2マンツアー開催

    2024.07.13

  8. Killer Mike

    Killer Mike、ニュー・シングル「Humble Me」がMVと共に公開

    2024.07.13

  9. Damon Albarn

    Damon Albarn、Glastonbury Festivalでパレスチナの紛争に言及

    2024.07.13

  10. Omar Apollo

    Omar Apollo、ニュー・アルバムより「Done With You」のMV公開

    2024.07.13

  1. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  2. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  3. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  4. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  5. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  7. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  8. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31