The National、音楽を手掛けた映画『シラノ』をMGMが獲得したことが明らかに

The National

MGMはザ・ナショナルのアーロン・デスナー、ブライス・デスナー、マット・バーニンガーが音楽を担当したミュージカル映画『シラノ』を獲得している。

映画『シラノ』はジョー・ライトが監督を務め、ピーター・ディンクレイジが主役のシラノを、ヘイリー・ベネットがロクサーヌを演じるもので、ピーター・ディンクレイジとヘイリー・ベネットは2018年にゴッドスピード・オペラ・ハウスで上演された舞台版にも出演している。

映画はエドモン・ロスタンによる『シラノ・ド・ベルジュラック』を基にピーター・ディンクレイジの妻であるエリカ・シュミットが脚本を手掛けたもので、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ベン・メンデルソーンらも出演する。

映画『シラノ』の音楽はザ・ナショナルのアーロン・デスナーとブライス・デスナーが音楽を手掛け、マット・バーニンガーとザ・ナショナルの曲にも貢献してきた彼の妻であるカリン・ベッサーが歌詞を手掛けている。

昨年、マット・バーニンガーは映画『シラノ』に書いた曲はこれまで書いた中でも「最高」のものになっているかもしれないと語っていた。

「登場人物の内面に入るのは物事を違う側面から見て、双眼鏡をひっくり返してみる楽しいものだったんだ」と彼は『NME』に語っている。

エイミー・アダムスが主演の映画『ザ・ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』を完成させたジョー・ライトだが、映画『シラノ』の公開時期は明らかになっていない。

一方、ザ・ナショナルのアーロン・デスナーはビッグ・レッド・マシーン名義の新曲に取り組んでいたことを明かしていた。

アーロン・デスナーはテイラー・スウィフトの新作『フォークロア』で16曲中11曲をプロデュースしており、同作は2020年で最大の初週セールスを記録している。

アーロン・デスナーは8歳の娘にテイラー・スウィフトとのコラボレーションを秘密にしていたことも明かしている。

関連NEWS

  1. Slayer

    Slayer、映像作品のZepp上映の東京会場に出演するゲストDJが決定

  2. Elton John

    Elton Johnの映画『ロケットマン』、日本語字幕付き本編映像が解禁

  3. 『ベル・エポックでもう一度』、【旅の日】に一風変わった旅行気分を味わえる本編映像を解禁

  4. RUN/ラン

    『search/サーチ』の監督&製作陣最新作『RUN/ラン』、本編映像を解禁

  5. DAVID BOWIE

    映画『ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡』、吉井和哉提供のミック・ロンソンの衣装が劇場ロビーに展示されることに

  6. エド・シーラン、ダニー・ボイルによるビートルズをテーマにした映画の撮影を行ったことが明らかに

  7. Roger Waters

    Roger Waters、ライヴ・フィルム『US+THEM』上映の入場者特典が明らかに

  8. Elton John

    Elton Johnの伝記映画の主演俳優、『ボヘミアン・ラプソディ』との比較について語る

  9. Beyonce

    Beyonce演じるナラの声による映画『ライオン・キング』のトレイラー映像が公開

  10. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』の新たなトレイラー映像が公開に

  11. Mick Jagger

    Mick Jagger、映画出演作が今年のヴェネチア国際映画祭のクロージング作品に

  12. John Lennon

    John Lennon、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

  13. The National

    The National、2018年のベスト・ケプト・シークレットの全編映像が公開

  14. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ライヴ・エイドのシーンの撮影を出演者が振り返る

  15. Christina Aguilera

    Christina Aguilera、実写版『ムーラン』に提供した2曲を披露した映像が公開