メタリカ、スポティファイのデータを使って都市ごとにセットリストを変更していることが明らかに

メタリカは各公演でそれぞれの都市に適したセットリストを組んでいることが明らかになっている。

スポティファイでCEOを務めるダニエル・エクは現地時間7月26日に行った同社の収支報告会の中で、メタリカがファンのリスニング傾向に基づいてライヴで行う曲を決めていることを明かしている。

経済情報サイト「クオーツ」の報道によれば、ダニエル・エクは、メタリカは公演を行う都市に住むファンがスポティファイでどの楽曲を聴いているのかをチェックして、その地域で最も人気のある楽曲が入るようなセットリストを作っていることを明かしている。

「メタリカのようなアーティストは、その都市で最も人気のある楽曲が分かるスポティファイのデータを参照しながら、都市ごとにセットリストを変更しています」と彼は語っている。

「私たちはこれまで、今ほど情報に基づいて決定を下せたり、自分たちのオーディエンスのことを理解できたことはありませんでした」

今回の報道について「クオーツ」による確認にメタリカの担当者からの返事はなかったという。

ダニエル・エクはまた、スポティファイが集計しているリスニング・データによって、今後アーティストやレーベルが自分たちのファンについてのさらなる情報が集められるようになると指摘している。

ダニエル・エクはこのことについて、スポティファイが音楽業界を変える一つの方法だと語っている。

メタリカはファンとの繋がりをとりわけ大切にするバンドとして知られており、ライヴをレコーディングしてファンが音源を購入できるように「livemetallica.com」で販売している。

関連NEWS

  1. クリス・コーネル、メタリカやフーファイらが出演する追悼コンサートが開催されることに

  2. メタリカ、ナップスターとの訴訟について後悔はしていないと語る

  3. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、リル・ピープについて初期のメタリカのようと語る

  4. Metallica

    Metallicaのラーズ・ウルリッヒ、今年はArctic Monkeysをよく聴いていたと語る

  5. Metallica

    Metallica、元テキサス州下院議員のベト・オルークがコンサートを訪れたことが明らかに

  6. メタリカ、『メタル・ジャスティス』30周年記念盤を11月にリリースすることを発表

  7. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、バンドが引退するのではないかという噂に言及

  8. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、バンドの慈善イベントで得た手応えについて語る

  9. Metallica、2019年2月にアコースティック・ライヴ・アルバムをリリースすることが明らかに

  10. メタリカ、ヘルシンキ公演ではマイケル・モンローと共演

  11. Metallica

    Metallica、自身の音楽に救われたというファンに対する思いを語る

  12. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、ポーラー音楽賞の授賞式に出席して受賞の喜びを語る

  13. メタリカのラーズ・ウルリッヒ、メガデスやスレイヤーなどよりも成功した要因について語る

  14. Chris Cornell

    Chris Cornell、MetallicaやFoo Fightersらが出演した追悼コンサートの映像がオンラインに

  15. Metallica

    Metallica、バンドによるフードバンクの支援イベントを今年も開催することを発表