レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、2000年の解散時の状況を振り返る

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロは2000年に最初の解散を生むことになった「いざこざ」について語り、2007年に再結成を果たした時はアルバムを作る可能性が「ゼロ」だったことを明かしている。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは2000年に4枚目のアルバムとなる『レネゲイズ』をリリースした後に解散している。しかし、2007年から2011年にかけて行われた一連のライヴのために再結成を果たしており、その中にはクリスマス週の全英チャートで“Killing In The Name”を1位にしようというファンによりキャンペーンを受けて、ロンドンのフィンズベリー・パークで開催された2010年の無料ライヴ「レイジ・ファクター」も含まれている。

第一期を振り返ってトム・モレロは「Beats 1」のラーズ・ウルリッヒの番組「イッツ・エレクトリック」で2000年の解散にはいくつかの理由があったと語っている。

「自分本位な言い方になるけど、人間としてお互いと向き合えることのできる感情面での成熟さが欠けていたと思うんだ」とトム・モレロは語っている。「僕らには政治的なヴィジョンがあって、ライヴがマズいこともなかった。だけど、意見が一致しなくてね。それがアルバムを作るのを難しくする感情を生み出してしまったんだ」

「バンドがどうあって、どうあるべきかという部分で競争意識があったし、バンドの一員であることについても競争意識があって、それに対処しなかったんだよね」

彼は次のように続けている。「僕にとってのバンドは『半年ごとにアルバムを作って、政治的なレッド・ツェッペリンとなって、政府を打倒し、過去最高のアルバムを作ろう。さあ、水曜日までにね!』というものだった」

「そうした追求の中でバンドメンバーの感情面での希望に常に敏感ではいられなかったんだ。それで、みんなそれぞれの役割がバンド内であるわけだけど、最終的にバンドを終わらせることになるいざこざに僕は足を突っ込んでしまったんだ」

「でも言っておきたいのはさ、僕の楽観的な見方としては、非常に熱しやすい要素があるバンドにいて、4枚のアルバムを作り、僕らがやってきたライヴをすることができたっていうのは奇跡だとも思ってるんだ」

インタヴューの音源はこちらから。

トム・モレロは2007年に再結成を果たした時はアルバムを作る可能性が「ゼロ」だったことについて口を開いている。

「素晴らしい時期だったよね。ステージ上でも、ステージの下でも楽しくて、僕としては仲間意識があったと思ってるんだ。ただ、その手助けとなったことの一つが、かつて火種になったことはすべて持ち出さないということでね。曲を書くとか、インタヴューを受けるとか、マネージャーをつけるとか、そういうことはすべてなしにしたんだ」

「僕らとしては『そういうことはやらないようにして、ライヴをやって、お互いに気づかえるようにして、素晴らしい時間を過ごして、火種になることは一切なし』って感じだったんだ」

先日、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは政治家のナイジェル・ファラージのポッドキャストが「ナイジェル・ファラージ・アゲインスト・ザ・マシーン」であることを受けて、使用停止命令書を送ったことが明らかになっている。

関連NEWS

  1. Rage Against The Machine

    Rage Against The MachineのBrad Wilk、前妻との離婚がジュリエット・ルイスがせいだとする主張を否定

  2. Tom Morello

    Rage Against The MachineのTom Morello、映画のプロデューサーを務めることに

  3. Rage Against The Machine

    Rage Against The MachineのTom Morello、ロンドン公演でナイジェル・ファラージを批判

  4. Pearl Jam

    Pearl JamのJeffrey Ament、Rage Against The Machineがロックの殿堂入りを逃したことについて語る

  5. Tom Morello

    Tom MorelloとPussy Riot、コラボによる新曲「Weather Strike」が公開

  6. Rage Against The Machine

    Rage Against The Machine、10歳の少女が“Guerrilla Radio”をカヴァーする動画が話題に

  7. Tom Morello

    Tom MorelloとThe Bloody Beetroots、コラボEPより新曲「Radium Girls」が公開

  8. プロフェッツ・オブ・レイジ、“Legalize Me”のミュージック・ビデオが公開

  9. Tom Morello

    Rage Against The MachineのTom Morello、Imagine Dragonsとのコラボ曲を公開

  10. Rage Against The MachineやFoo Fighters

    Rage Against The MachineやFoo Fightersのメンバー、アフガニスタンの少女と共演

  11. MUSE

    Muse、最新ツアーのUK公演に出演するスペシャル・ゲストが発表に

  12. プロフェッツ・オブ・レイジ、アルバムより“Hail to the Chief”のビデオを公開

  13. プロフェッツ・オブ・レイジ、新作の完成を報告して新曲を今週リリースすることを明かす

  14. Rage Against The Machine

    Rage Against The Machine、人種問題について取り上げた短編ドキュメンタリーを公開

  15. Rage Against The Machine

    Rage Against The Machine、チケット転売との闘いで3億円を超える寄付金を集めたことが明らかに

  1. Paul Stanley

    キッスのPaul Stanley、オリジナル・ラインナップでの再結成は不可…

    2021.07.30

  2. The War on Drugs

    The War on Drugs、4年ぶりの新作リリースが決定&新曲「Living Pro…

    2021.07.30

  3. ONE OK ROCK

    ONE OK ROCK、「Renegades」をアコースティックアレンジした新しい…

    2021.07.30

  4. Bruno MarsとANDERSON .PAAK、明日何かをリリースすることを発表

    2021.07.29

  5. Billie Eilish

    Billie Eilish、新作のリリース日の翌日にBBCで特別番組が放送され…

    2021.07.29

  6. Joey Jordison

    Joey Jordison、代役でMetallicaのドラマーを務めた逸話をフェス主…

    2021.07.29

  7. Weezer

    Weezer、4月に行った配信ライヴより「All My Favorite Songs」の映…

    2021.07.29

  8. ONE OK ROCK

    ONE OK ROCK、7/31開催、河口湖でのアコースティック公演のライブ配…

    2021.07.29

  9. 坂本慎太郎

    坂本慎太郎、ミュージックビデオ第二弾「ツバメの季節に」が公開

    2021.07.29

  10. Death from Above 1979

    Death from Above 1979、最新作より「Modern Guy」のMV公開

    2021.07.29

  1. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、 最終ラインナップ、タイムテーブル…

    2021.07.16

  2. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、出演ステージ&タイムテーブル発表!

    2021.07.14

  3. ROCK CIRCUIT 2021 in EZO、全出演者・詳細発表!

    2021.07.14

  4. Local Green Festival

    Local Green Festival’21、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、佐藤…

    2021.06.30

  5. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第2弾出演アーティストを発表

    2021.06.30

  6. SUPERSONIC 2021

    SUPERSONIC 2021、ZEDD、KYGO、DIGITALISMら出演アーティストを発表

    2021.06.18