星野源 一夜限りのダブル・ヘッドライナー・ショー、相手はマーク・ロンソン

待望の新曲『アイデア』(NHK連続テレビ小説「半分、青い。」主題歌)が8月20日(月)に配信リリースされることが発表され、大きな話題となっている星野源。

音楽に関する情報が活発化している中、音楽ファンを更に喜ばせてくれるようなニュースが届いた。

国内外のコンサート・プロモーターH.I.Pが主催する、一夜限りのダブル・ヘッドライナー・ショー「LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson」が12月17日(月)、幕張メッセ 国際展示ホール 9~11にて開催されることが発表された。


ツーマンライブの相手のマーク・ロンソンは、ロンドン出身のDJ・プロデューサー。2015年にリリースしたアルバム『アップタウン・スペシャル』からのファースト・シングル「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は全米シングル・チャート14週連続で1位を獲得し、全世界で大ヒットを記録し、グラミー賞も獲得するなど、洋楽音楽シーンで重要な人物。

星野にとっては昨年、トータル20万人を動員したアリーナツアー「Live Tour 2017『Continues』」の直後に開催され、これもまたプレミアムなライブとなった「Perfume Fes 2017」以来のライブ出演。今度はなんとグラミープロデューサーのマーク・ロンソンとのスペシャルツーマンということで、邦楽・洋楽を問わず、すべての音楽ファンが楽しめるプレミアムなステージになることは間違いなさそうだ。

RECOMMEND NEWS

  1. 星野源ライブ映像作品、前作を超える好調な滑り出し

  2. 星野源新曲、アメリカ・ビルボードがその革新的な映像に大注目

  3. 「おげんさんといっしょ」新ファミリーは三浦大知

  4. 星野源 朝ドラ主題歌フルver.解禁、驚きと称賛あふれる

  5. 星野源 朝ドラ主題歌『アイデア』MVが500万回再生突破

  6. 星野源 朝ドラ「半分、青い。」主題歌の配信リリース決定