ニュー・オーダー、新たなドキュメンタリーがUKで放送されることが決定

ニュー・オーダーはコラボレーションによるライヴの舞台裏を追った新たなドキュメンタリーが放送されることが発表されている。

「ディケイズ」と題されたこのドキュメンタリーは9月にスカイ・アーツで放送されるもので、「ソー・イット・ゴーズ」と題されたライヴ・コラボレーションの準備を追ったものとなるという。

ドキュメンタリーの中では2017年のマンチェスター・インターナショナル・フェスティバルで披露した「ソー・イット・ゴーズ」のステージのために、バンドはアーティストのリアム・ギリックと12人編成のシンセサイザーによるオーケストラとリハーサルを行っている。

ドキュメンタリーは過去を振り返る内容にもなるとされていて、バンドに最も近いコラボレーターたちへのインタヴューと共にバンドのこれまで語られてこなかったストーリーを明らかにするという。

スカイ・アーツによれば、本作は「バンドのプライベートな世界に入って、そのデザインや審美眼に対するヴィジュアル面での哲学を理解し、バンドのコラボレーションやクリエイティヴなプロセスを間近で目撃できる貴重な機会」を提供するという。

このドキュメンタリーはUKで9月22日の21時にオンエアされる。

昨年、ニュー・オーダーは元ベーシストのピーター・フックと最終的かつ完全な合意に達したことを発表している。

両陣営は随分の間、論争を続けており、ピーター・フックはロイヤリティを巡ってニュー・オーダーのメンバーのバーナード・サムナー、スティーヴン・モリス、ジリアン・ギルバートを訴えていた。ピーター・フックは2007年にニュー・オーダーを脱退している。

しかし、合意に達したとのことで、ニュー・オーダーは声明を発表している。「ジョイ・ディヴィジョンやニュー・オーダーの名前は多くのファンにとって多大な意味を持っており、バンドは遺産を守る重要性を感じています」

「今回、この問題が解決したことを受けて、バーナードとスティーヴンとジリアンは自分たちの最善を尽くし、音楽を作って、ライヴをやっていくことを続けていきます」

関連NEWS

  1. New Order

    New Orderのスティーヴン・モリス、メンタル・ヘルスの問題に対する世間の理解について語る

  2. ジョニー・マー、ザ・ザのマット・ジョンソンと25年ぶりにステージで共演

  3. New Order

    New Order、デビュー作『ムーヴメント』にまつわるドキュメンタリーのトレイラー映像が日本語字幕付きで公開

  4. Peter Hook

    Peter Hook、マンチェスターのテロ事件に居合わせた娘が今も苦しんでいると明かす

  5. New Order

    New Order、『ムーヴメント』にまつわる第4弾インタヴュー映像が日本語字幕付きで公開

  6. Johnny Marr

    Johnny Marr、New OrderのBernard Sumnerとはまた共作すると語る

  7. peter hook

    peter hook、Joy Divisionのアルバム2作を全編演奏する特別公演を行うことに

  8. New Order

    New Order、『ムーヴメント』のリイシュー盤から“Ceremony”のライヴ映像が公開

  9. New Order

    New Order、2020年3月に来日公演が決定

  10. ニュー・オーダーやディーヴォのメンバーによる新バンド、デビュー作より新曲が公開

  11. peter_hook

    peter hook、Joy Divisionにまつわる品々をオークションに出品すると明かす

  12. New Order

    New Order、マンチェスターの思い出の場所で収録されたライヴ盤を7月にリリース

  13. Joy Division

    40周年を記念したボックスセット「Celebrating 40 years of Factory Communications」のリリースや展覧会の開催を発表

  14. NewOrder

    NewOrder、デビュー作『ムーブメント』のボックスセットが4月にリリースされることに

  15. New Order

    New Order、『ムーヴメント』にまつわる第3弾インタヴュー映像が日本語字幕付きで公開