Johnny Marr、New OrderのBernard Sumnerとはまた共作すると語る

Johnny Marr

ジョニー・マーはエレクトロニックを一緒にやっていたバーナード・サムナーともっと音楽を作りたいと語り、他のニュー・オーダーのメンバーも誘いたいと語っている。

ジョニー・マーはここ数週間で頻繁にコラボレーションを行っていて、先月はアテネで開催されたフェスティバルで1991年のエレクトロニックの楽曲“Get The Message”をバーナード・サムナーと披露しているほか、グラストンベリー・フェスティバルのステージではザ・キラーズと共演している。

エレクトロニックをもう一度再開させて一緒に音楽を作る可能性についてジョニー・マーは『NME』に前向きであることを明かしている。

「僕とバーナードはおそらく今後、何かをやるんじゃないかと思ってるんだ。どこかでスティーヴン・モリスも誘ってみたいかな。スティーヴンは僕の大好きなミュージシャンの1人でね。それはマンチェスター出身というだけじゃなく、後にも先にも彼のように演奏する人はいないからね。それにジリアン・ギルバートのことも評価しているからね」と彼は語り、冗談を飛ばしている。「だから、おそらく僕がニュー・オーダーに加入するんじゃないかな。ベースでね」

ジョニー・マーとバーナード・サムナーはシンセポップ・デュオであるエレクトロニックを1988年に結成しており、3枚のアルバムを発表している。最後のアルバムは1999年にリリースされた『トゥイステッド・テンダネス』となっている。ジョニー・マーはザ・クリブス、モデスト・マウス、ザ・プリテンダーズ、ザ・ザにも参加してきた。

そのような多彩なキャリアをどうセットリストで組み合わせていくかについてジョニー・マーは次のように語っている。「ザ・スミスの曲は十分やっていると思ってるんだ。たくさんやっているからね。今やっている以上にやると、バランスが崩れてしまうんだよね。僕にとってセットリストというのはちょっと映画みたいなところがあって、すべてのシーンを入れられるわけでさ。最終的に完璧だと思う正しい順番で入れていくんだ。やりすぎてしまうと、ダイナミクスが変わってしまうんだよ」

「ダイナミクスこそが正解でさ。エレクトロニックの曲を加えるというのは正直、僕にとっては最も興奮するよね」

ジョニー・マーはこの夏、2018年発表のアルバム『コール・ザ・コメット』を引っさげて様々なフェスティバルに出演しているほか、UKで単独公演を行うことも決定している。

関連NEWS

  1. Interpol

    Interpol、共同ツアーを行うMorrisseyの政治的見解に対する考えを明かす

  2. New Order

    New Order、『ムーヴメント』にまつわる第3弾インタヴュー映像が日本語字幕付きで公開

  3. Morrissey

    Morrissey、新たなオリジナル・アルバムを2020年3月にリリースすると発表

  4. Morrissey

    Morrissey、市民の苦情を受けてリヴァプールの交通機関から新作のポスターが撤去される

  5. New Order、Depeche Mode

    New Order、Depeche ModeらがJohn Cageの“4分33秒”をカヴァーした作品の発売日が決定

  6. ジョニー・マー、ノエル・ギャラガーとのコラボレーションについて語る

  7. Peter Hook

    Peter Hook、マンチェスターのテロ事件に居合わせた娘が今も苦しんでいると明かす

  8. Morrissey

    Morrissey、北米ツアーの公演で『ガーディアン』紙を批判するシャツを着てステージに

  9. David Grohl

    David Grohl、Billie EilishについてMorrisseyを引き合いに出して賛辞を寄せる

  10. キラーズのブランドン・フラワーズ、モリッシーの前で「馬鹿をしでかした」経験を明かす

  11. モリッシー、マンチェスター公演に合わせてザ・スミスゆかりの地でイベントが開催されることに

  12. ノエル・ギャラガーとジョニー・マー、それぞれが“If Love Is The Law”での共作について語る映像が公開

  13. Morrissey

    Morrisseyを描いた伝記映画『イングランド・イズ・マイン(原題)』の日本公開が決定

  14. ニュー・オーダーやディーヴォのメンバーによる新バンド、デビュー作より新曲が公開

  15. Johnny Marr、Billie Eilish

    Johnny Marr、Billie Eilishとのコラボレーションに賛辞を寄せる

  1. Ozzy Osbourne

    Ozzy Osbourne、WWEで殿堂入りを果たした映像が公開

    2021.04.15

  2. Queen

    Queen、映画『ボヘミアン・ラプソディ』が6月4日に日本テレビで放送…

    2021.04.15

  3. Sufjan Stevens

    Sufjan Stevens、5部構成の新作をリリースすることが決定&新曲が公…

    2021.04.15

  4. WANIMA

    WANIMA、6th Single「Chilly Chili Sauce」のオフィシャルインタビ…

    2021.04.15

  5. Anyango

    Anyango(アニャンゴ)、初の全曲日本語詞アルバム「KANKI」5/9(日)…

    2021.04.15

  6. Billy Martin

    Billy Martin、来たる新作より新曲「Creature of Mine」が公開

    2021.04.15

  7. Bully

    Bully、最新作より「Where To Start」のMV公開

    2021.04.15

  8. Rostam

    元 Vampire WeekendのRostam、新曲「Changephobia」の音源が公開

    2021.04.15

  9. The Mighty Mighty BossTones

    The Mighty Mighty Bosstones、来たる新作より新曲「The Killing of…

    2021.04.15

  10. Mick Jagger

    Mick Jagger、Dave Grohlとの新曲「Easy Sleazy」を語る

    2021.04.15

  1. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  2. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  4. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  5. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  6. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  7. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  8. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  9. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14