スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリンのもとを訪れたことが明らかに

スティーヴィー・ワンダーはアレサ・フランクリンのもとを訪れたことが明らかになっている。

アレサ・フランクリンについては現地時間8月12日に危篤であることが報じられている。ニュースを報じたロジャー・フリードマンは次のように述べている。「アレサは家族や親しい人々に見守られています。母親として姉妹として友人として、いとことして彼女は惜しまれることになるでしょう。しかし、彼女の功績はその人生よりも大きなものです。米『ローリング・ストーン』誌が過去最高のシンガーとしているだけでなく、彼女はソウルの女王でした。女王陛下よ、万歳!」

スティーヴィー・ワンダーは現地時間8月14日にアレサ・フランクリンのもとを訪れたとのことで、アレサ・フランクリンの広報担当者であるグウェンドリン・クィンによって明らかにされている。

スティーヴィー・ワンダーの他にも公民権活動家のジェシー・ジャクソン、元夫で俳優のグリン・ターマンがアレサ・フランクリンのもとを訪れたという。

アレサ・フランクリンはデトロイトの自宅で「ホスピス・ケア(※余命の短い患者に提供される医療)」を受けていると報じられている。

アレサ・フランクリンは50年以上に及ぶそのキャリアの中で18のグラミー賞を受賞し、7500万枚上のセールスを記録し、2009年1月のオバマ大統領を含め、3度の大統領就任式でパフォーマンスを行っている。

関連NEWS

  1. Van HalenとStevie Wonder

    Van HalenとStevie Wonderをマッシュアップした音源がオンラインで話題に

  2. Aretha Franklin、“Never Gonna Break My Faith”のソロ・バージョンが配信

  3. Malcolm Cecil

    Stevie Wonderのシンセサイザーの開発者として知られるMalcolm Cecilが逝去

  4. Aretha Franklin

    Aretha Franklin、初のレーベルを超えたアンソロジーのリリースが決定

  5. アリアナ・グランデ、アレサ・フランクリンに追悼の意を表して“Natural Woman”をカヴァー

  6. アレサ・フランクリンが逝去。享年76歳

  7. ozzy

    グラミー賞授賞式、Ozzy Osbourneらがプレゼンターとして登場

  8. Stevie Wonder

    Stevie Wonder、腎臓移植のために音楽活動を休止することを発表

  9. Aretha Franklin

    Aretha Franklin、ソファのクッションから遺書が発見されたことが明らかに

  10. アレサ・フランクリン、一般公開の追悼式典が開催されることに

  11. Aretha Franklin、危篤と報道

  12. アレサ・フランクリン、46年越しのドキュメンタリー作品が公開されることに

  13. リアム・ギャラガー、アレサ・フランクリンに追悼の意を表明

  14. Aretha Franklin

    Aretha Franklin、ピューリッツァー賞の特別賞を受賞したことが明らかに

  15. Aretha Franklin

    Aretha Franklin、Celine Dionらが出演するトリビュート・コンサートの開催が決定