デイヴ・グロールによる『プレイ』プロジェクト、日本公式バンドメンバーの募集が開始

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは、23分の楽曲の7つのパートをすべて自分で演奏する『プレイ』プロジェクトの音源とドキュメンタリーを公開したが、このプロジェクトの日本公式企画として『プレイ』公式バンドメンバーを募集する企画が本日からスタートしている。

応募方法はYouTubeを使用する形と音楽投稿コラボアプリの「Jam Studio(r)」を使用する形の2通りがあり、「Jam Studio(r)」内ではデイヴ・グロールの演奏音源を聴きながら、自分の演奏を録音することができるという。

入選メンバーは、特別審査員の喜多建介(アジアン・カンフー・ジェネレーション)をゲストに迎えたトークセッション及び授賞式への参加権、国内外の著名アーティストが利用する一流スタジオ「ソニー・ミュージックスタジオ」でのレコーディング体験ができる他、その音源をCD化してもらうことができる。また、出来上がったCDはデイヴ・グロールのアツいコメントが入ったスペシャル・パッケージ仕様になるという。

応募の詳細は以下の通り。

・応募資格:
課題曲をコピーできる方で、下記レコーディング日に参加できる方
※曲の基本的な構成を守って頂ければ、自分なりのアレンジを多少加えていただいても構いません。
※複数パートでのエントリーも可能です。
・応募締め切り日:
10月8日(月) 午後12時
・入選者授賞式・特別審査員喜多建介氏をゲストに迎えたトークイベント:
10月15日(月) 都内某所 ※会場及び時間は入選された方に追ってご案内します。
・レコーディング日:
10月20日(土) ※時間は入選された方に追ってご案内します。

応募の詳細はこちらから。

http://www.sonymusic.co.jp/artist/foofighters/event/101255

『プレイ』プロジェクトのインタラクティヴ・サイトはこちらから。

https://play.roswellfilms.com/

『プレイ』の映像はこちらから。

関連NEWS

  1. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、バーで豪快なチップを支払ったことが明らかに

  2. Foo Fighters

    Foo Fightersのデイヴ・グロール、1992年発表の貴重なソロ作がネット・オークションに出品

  3. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、バンドのサウンドが変わり映えしないという批判に答える

  4. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、死ぬまでに共演したいアーティストを明かす

  5. デイヴ・グロール、レッチリのチャドとポール・マッカートニーのドラム演奏について語る

  6. フー・ファイターズ、ホーキング博士が亡くなったのを受けて追悼の意を表明

  7. Foo Fighters

    デイヴ・グロール、23分のPlayとNirvanaのAll Apologiesを披露した映像がオンラインに

  8. ベック、フー・ファイターズのデイヴ・グロールをドラマーに迎えたコラボレーションが実現

  9. デイヴ・グロール、フー・ファイターズを映画化する際に自身を演じてほしい俳優を明かす

  10. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘と共にアデルの“When We Were Young”をカヴァー

  11. フー・ファイターズ、キッスのメイクをしたファンが圧巻のギター・ソロを披露する映像がオンラインに

  12. Foo Fighters

    Foo FightersのDave GrohlとBrandi Carlile、路上ライヴを行う映像が公開

  13. Dave-Grohl

    Foo FightersのDave Grohl、再びステージから落下した映像がオンラインに

  14. デイヴ・グロール、フー・ファイターズの船出にあたってエディ・ヴェダーの果たした役割を明かす

  15. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、1人で全パートをレコーディングした23分の楽曲“Play”のビデオが公開