アークティック・モンキーズのマット・ヘルダース、ソロ作品に取り組んでいることが明らかに

アークティック・モンキーズのドラマーであるマット・ヘルダースは、現在ソロ・アルバムに取り組んでいるものの、アルバムを成立させるためにもまずは「たくさんの楽曲を作りたい」と語っている。

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オーミーやディーン・フェルティータと一緒にイギー・ポップの『ポスト・ポップ・ディプレッション』にも参加したマット・ヘルダースだが、ポッドキャスト「ザ・トラップ・セット」でアークティック・モンキーズから離れたプロジェクトについて語り、一人でやることへの懸念についても明かしている。

アルバムを完成させる「自信があるか」と訊かれたマット・ヘルダースは次のように答えている。「だんだんと自信がでてきたところなんだ。アルバムに値するには、ある程度の量を作らなくちゃいけないと思っているんだけどさ。急いでやりすぎて後悔したくはないからね。『ああ、こんなアルバムを作るんじゃなかった』ってね。分かるかな? たくさんの楽曲を作って、『おっ、これは自分の気に入っているものだ』としたいんだよね」

彼は次のように続けている。「スタイルが出来上がっているところまでは来ているし、自分のやりたいことは前よりも自分にとって明確になっているからね」

ポッドキャストの音源はこちらから。

マット・ヘルダースはソロ・アーティストとして活動する権利を「獲得する」ことについて次のように語っている。「ずるをしたと見破られたくはないからね」

「ちゃんと資格を得るつもりだよ。それって、なぜやるのかを見出すことでもあると思うんだ。『なんでこんなことをやりたいのか? なんでアルバムを作りたいのか? 何のためなのか?』ってね。自分は何かを生み出すプロセスが好きなんだよ。今のところ歌詞を書いてないから余計だよね。そこに関しては問題ないからね。アルバムを作って、自分のことを世間に出していくとなると、多くの人が『メッセージ』を聴きたいとか、『この作品についての見解を聴きたい』とか、理由を必要とするだろ」

「それが歌詞のほうにまだ興味を持てない理由だね。クールなサウンドの楽曲をたくさん作りたいんだよ」

バンドメイトのアレックス・ターナーは映画『サブマリン』のサウンドトラックとしてソロ・アルバムをリリースしている。また、マイルズ・ケインとのサイド・プロジェクト、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツでも2枚のアルバムをリリースしている。

関連NEWS

  1. ARCTICMONKEYS

    イギリスで2018年に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  2. ノエル・ギャラガー、アークティック・モンキーズの新作について自身の考えを語る

  3. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、メロディーと歌詞の関係性について語る

  4. アークティック・モンキーズのアレックス、新作の作曲でギターを使わなかった理由を改めて語る

  5. アークティック・モンキーズ、自身の楽曲を5つ星で評価

  6. アークティック・モンキーズ、今回のツアーで“Library Pictures”を初披露

  7. アークティック・モンキーズ、現在のお気に入りの5曲を挙げる

  8. テーム・インパラのケヴィン・パーカー、アレックス・ターナーからの共作の呼びかけに返答

  9. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeysのマット・ヘルダース、来年地元にオープンするカフェについて共同オーナーが語る

  10. アークティック・モンキーズ、デビュー・アルバムをアナログ盤で再発

  11. アークティック・モンキーズ、新作の楽曲は発売日まで公開されないことが明らかに

  12. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、米TV番組で6曲を披露した映像が公開に

  13. アークティック・モンキーズ、最新作についてエルボーのガイ・ガーヴェイが称賛

  14. アークティック・モンキーズ、地元シェフィールドで大規模公演を行う可能性が報じられる

  15. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、自身の過去の歌詞について語る