ナイン・インチ・ネイルズのトレント、ロックの殿堂入りの候補にならないことについて興味がないと語る

ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーはバンドがロックの殿堂入りの候補に選ばれなかったことについて「まったくと言っていいほど興味がない」と語っている。

ナイン・インチ・ネイルズは現在、3年連続でロックの殿堂入りへの候補から外れている。トレント・レズナーは今年の候補から外れたことについて、ロックの殿堂をグラミー賞やアカデミー賞になぞらえて語っている。

「誰かがオンラインだかツイッターに書いていたのを読んだんだけどさ、『ロックの殿堂よりもロックンロールじゃないものがあるだろうか?』っていうね。それこそまさに俺が感じていることなんだ。きっと俺はこう言うだろうね。『評価していただいたことはありがたいと思っています。ですが、人々が実際に気にかけている場所で評価されるほうが嬉しいです』とね」とトレント・レズナーは「ステレオガム」に語っている。

「要するに、グラミー賞だって意味がないんだからさ。というのも、テレビ番組がいい評価を得られるように、会議室で数人のクソ野郎どもが『賞はこの人にあげよう』って決めているわけだからね。賞そのものには何の意味もないような気がしてしまうよな」

「最悪なのは万が一俺たちが候補に選ばれたっていう時でさ、『どうすればいいんだ?』っていうね。出演して、演奏しないといけないのか? 一体どうなるのか想像もつかないよ」

「負け惜しみで言っているわけじゃないんだよ」と彼は続けている。「本当に、まったくと言っていいほど興味がない。寝付きはよくないだろうね。候補になったとしても、ならなかったとしてもね。そうは言っても、評価されるのもある程度は気持ちがいいものだけどね。けど、俺の死ぬ前に達成したいことのリストには入っていないよ」

2019年のロックの殿堂入りの候補には、デフ・レパード、スティーヴィー・ニックス、トッド・ラングレン、ロキシー・ミュージック、ジョン・プライン、ディーヴォ、MC5、ルーファス&チャカ・カーン、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ジャネット・ジャクソン、ワーク、レディオヘッド、LLクールJ、ザ・ゾンビーズが選ばれている。

ロックの殿堂入りの候補になるには、ノミネーションが発表される年の25年前の時点よりも前に初めての商業用音源をリリースしていることが条件となっている。

関連NEWS

  1. REMやPatti Smithら、チャリティのために過去のセットリストをオークションに出品

  2. Trent Reznor

    Nine Inch NailsのTrent Reznor、Marilyn Mansonに対する自身の見解を発表

  3. トム・ヨーク、ナイン・インチ・ネイルズら、今年のデイ・フォー・ナイトに出演することが決定

  4. ナイン・ネイルズ、新作からの新曲“God Break Down The Door”の音源が公開

  5. Nine Inch Nails

    Nine Inch Nails、「PANDEMIC 2020」と題した新たな公式マーチャンダイズを販売

  6. ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、飛行機で死にかけた体験について語る

  7. ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、デヴィッド・ボウイの存在について語る

  8. Nine Inch Nails

    Trent Reznor、Nine Inch Nailsとしての新作に早く取り掛かりたいと語る

  9. ナイン・インチ・ネイルズ、ジョナ・ヒル監督デビュー作のサントラを手掛けることに

  10. Nine Inch Nails

    Trent Reznor&Atticus Ross、ドラマ『Watchmen(原題)』のサントラ第1弾が公開

  11. Nine Inch Nails

    第93回アカデミー賞、最優秀歌曲賞と最優秀作曲賞の受賞者が決定

  12. トレント・レズナー、映画『ハロウィン』のテーマ曲のカヴァーがアナログ盤でリリースされることに

  13. Nine Inch Nails

    Nine Inch Nails、Trent Reznor以外のロックの殿堂入りを果たすメンバーが明らかに

  14. Trent Reznor

    Trent Reznor、Nine Inch Nailsの作品の進捗について語る

  15. Nine Inch Nails

    Nine Inch Nails、10年前のエイプリル・フールに発表したアルバムをファンが完成させる