The 1975のマット・ヒーリー、2000年代はArctic Monkeys、2010年代は自分たちと語る

The 1975

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは、アークティック・モンキーズと「競っているような感じはしない」として、自分たちのバンドこそが「この10年間を代表するバンド」だと考えていることを明かしている。

高評価を得ている最新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』がバンドにとって3度目となる全英1位をもたらすことが見込まれているザ・1975だが、マット・ヒーリーは「Beats 1」のマット・ウィルキンソンの番組に出演して、イギリスで一番ビッグなバンドになったのはどのような気分かという質問に答え、アークティック・モンキーズの成功になぞらえて語っている。

「確かにアークティック・モンキーズのアルバムの何枚かは僕らに影響を与えているよ」とマット・ヒーリーは語っている。「アークティック・モンキーズと競っているような感じはしないけどね。俺らはそこまで歳を取っていないからね。俺たちはアークティック・モンキーズほど経験を積んでいないと思うんだ……簡単じゃないんだよ。俺たちはロック・バンドじゃない。ロック・バンドになるのは難しいんだよ」

「俺は10年という単位にすごくこだわっていてね。『その10年を定義したバンドの一つ』っていう響きが好きなんだ……振り返ってみると、ザ・スミスは80年代のバンドだったわけで、90年代について言えば……オアシスと言うべきだろうね。俺はレディオヘッドのほうを選びたいけどさ」

マット・ヒーリーは次のように続けている。「2000年代のバンドと訊かれれば、アークティック・モンキーズと答えるよ。この10年間について言えば俺たちだったって言うだろうね。もちろん、俺はそう言うよ」

同じインタヴューの中で、マット・ヒーリーはバンドの最新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』がレディオヘッドの『OKコンピューター』と比較されていることについても語っているほか、バンドが2020年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める可能性にも言及している。

ザ・1975は現地時間12月4日にロンドンでアルバムのリリース・パーティーを開催している。

「パンク・スピリット」に満ちていたというリリース・パーティーについて、『NME』は次のように評している。「完全に静まった会場で、続けて『ネット上の〜』に収録された“Be My Mistake”がアンプラグドのアコースティック・ヴァージョンで披露される。ザ・1975というバンドの過去と現在を繋げるショウにふさわしい、美しいエンディングである。ポップ・ミュージック史上最も素晴らしいバンドからの、破茶滅茶で、パンキッシュで、リアリティに満ちた返答だった」

「ライヴハウス規模での公演はこれで最後かもしれないが、1月に開催されるアリーナ・ツアーはより一層見逃せないものになっているはずだ」

RECOMMEND NEWS

  1. ザ・1975のマット・ヒーリー、“Love It If We Made It”に込められた意味を語る

  2. ザ・1975のマット・ヒーリー、新たにEPをリリースすることを示唆か

  3. ザ・1975、新作からの更なる新曲“TOOTIMETOOTIMETOOTIME”が公開

  4. ザ・1975、“TOOTIMETOOTIMETOOTIME”のミュージック・ビデオが公開

  5. ザ・1975、2019年に行う大規模なUKツアーを発表

  6. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、幼少期に受けたマイケル・ジャクソンからの影響について語る

  7. The 1975

    The 1975 アコースティック・パフォーマンス映像が公開

  8. ザ・1975、アリアナ・グランデの“Thank U, Next”をカヴァーした映像が公開

  9. The 1975のマット・ヒーリー、「ミュージック・フォー・カーズ」期をゴリラズになぞらえる

  10. ザ・1975、来たる新作より新曲“Sincerity Is Scary”の音源が公開

  11. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、最新作が『OKコンピューター』と比較されていることについて言及

  12. ザ・1975のマット・ヒーリーの母親、息子の薬物中毒との闘いについて語る

  13. ザ・1975ら、マーベル・コミックスの原作者であるスタン・リーに追悼の意を表明

  14. ザ・1975、新曲“Give Yourself A Try”を公開

  15. ザ・1975、現地時間5/31放送のラジオ番組で新曲を公開することを示唆