Manic Street Preachers、『トゥルース&メモリー』と題されたドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

マニック・ストリート・プリーチャーズは新たなドキュメンタリー作品『トゥルース&メモリー』のトレイラー映像が公開されている。 未公開映像を使用した『トゥルース&メモリー』はマニック・ストリート・プリーチャーズの長年のコラボレーターであるキーラン・エヴァンスが監督を務めた作品で、1998年発表の全英1位を獲得したアルバム『ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ』期のバンドを掘り下げた作品となっている。 ドキュメンタリー全編の映像は日本時間1月18日午前4時に公開される予定となっている。 「昨年10月、フォトグラファーのミッチ・イケダとワイヤーが撮ったVHSやDVテープでいっぱいのポリ袋が僕の元に届いたことからすべてが始まったんだ。オーディオ・カセットやミニディスク、それから大量の写真やポラロイドの寄せ集めだった」とキーラン・エヴァンスは『NME』に語っている。「僕としては当初、1997年10月から1998年11月にかけての素材のみを使うというルールで、15分のショート・フィルムを作るつもりだった。VHSやDVテープは多分15年以上再生されていなかったんじゃないかな。それぞれほとんど情報が入っていなかったんだ。ビデオテープをスクロールしながら何週間も過ごして、その当時にどんなシーンがとらえられていたか、何が使えそうかを見極めた」 「幸運なことに、僕が見たそれぞれのビデオには、砂金のように貴重な映像が少しずつ入っていたんだ。素晴らしい出来事や、真実を明らかにする瞬間が撮られていて、見過ごす訳にはいかなかった。そんな訳で、15分のショート・フィルムにするというアイデアを放棄して、それよりずっと長く壮大なものを作ることにしたんだ」 トレイラー映像はこちらから。
彼は次のように続けている。「ロックフィールド・スタジオでの“If You Tolerate This Your Children Will Be Next”のレコーディング、カーディフで何千人ものファンが『ディス・イズ・マイ・トゥルース~』のアルバム・サイン会の列に並ぶ姿、スペインへの奇妙なプロモ・ツアーの様子など、この時期ミッチ・イケダとワイヤーが撮ったものに、当時の記録を作ること以外に本格的な用途の計画がなかったことは明らかだった。『トゥルース&メモリー』にはメンバーの語り下ろしインタビューや映像は存在しない。当時テープやカセットにとらえられた彼らの声や、カメラのマイクやミキシング・デスクを通じて録音された音楽だけで、映像のクオリティはところどころ解像度が低くなっているし、音もやや不安定な箇所がある」 「そしてHDフォーマットや体裁を整える素材の恩恵は一切ない。代わりにワイヤーと僕はストーリーを伝えるために、丁寧にこしらえたローファイのコラージュ的な『雰囲気』を望んだ。この映画ではそれが達成できたと僕は思っている」 キーラン・エヴァンスは次のように続けている。「ある意味、ドキュメンタリーに出てくる映像は、バンドの内輪以外に見られるために撮影された訳では決してなかった。だけど『トゥルース&メモリー』を作ることによって、僕はその世界を覗きこんで、マニックスのたぐいまれな時期を見せる小さな窓を与えることができるようになった自分に気づいたんだ」 ベーシストのニッキー・ワイアーはアルバムの再発について『NME』に次のように語っている。「ジェームス(ディーン・ブラッドフィールド)がリマスターをしてね、自分がすべてのデモを見つけたんだけど、それが素晴らしくてね。どれもカセットに収録されたもので、誰かの家の居間で収録されたものなんだ。今回、(B面曲だった)“Prologue To History”をアルバムに入れて、“Nobody Loved You”を外したんだ。“Nobody Loved You”をディスク2に入れて、今回見つけた素晴らしいデモと一緒にしたんだ。本当に興味深くて、親密さのあるものが詰め込まれているんだ。スタジオにいた僕たちにとってもそうだし、“Tsunami”のような曲もより自由になって、ありのままになっているよ」 「同様に、リミックスも素晴らしくてね、モグワイ、マッシヴ・アタックやコーネリアスといった人たちがやっていてくれてさ。僕たちの仕事を本当に素晴らしいものに変身させてくれたんだ」 今後の他のプランについてニッキー・ワイアーは次のように語っている。「これ以外だと、スタジオでの生活に戻ることだね。ジェームスは今、アルバムがすぐにできるかもしれないと感じているみたいなんだ。まだ何もやってないけどね。でも、彼は今そういうモードなんだよ」 リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:マニック・ストリート・プリーチャーズ タイトル: ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ – 20周年記念コレクターズ・エディション 品番:SICP 5992~4 価格:¥6,000+税 仕様:完全生産限定盤 / 直輸入パッケージ仕様 / 歌詞・対訳・解説付 発売日:2018年12月12日発売 CD 1 – Remastered original album 1.The Everlasting 2. If You Tolerate This Your Children Will Be Next 3. You Stole the Sun from My Heart 4. Ready for Drowning 5. Tsunami 6. My Little Empire 7. I’m Not Working 8. You’re Tender and You’re Tired 9. Born a Girl 10. Be Natural

1

2

関連NEWS

  1. Manic Street Preachers

    Manic Street Preachers、9月に来日公演が決定

  2. Manic Street Preachers

    Manic Street Preachers、『The Holy Bible』ツアーの映像作品がUKで劇場公開

  3. Manic Street Preachers

    Manic Street Preachers、『Gold Against the Soul』を再発することを示唆

  4. マニックスのニッキー・ワイアー、本日開催のBBCの大規模フェスへの出演を見送ることに

  5. Richey Edwards

    Manic Street Preachers、Richey Edwardsの伝記映画に対する関与を否定

  6. マニックス、『ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ』20周年盤の日本盤リリースが決定

  7. Manic Street Preachers

    Manic Street Preachersのリッチー・エドワーズ、行方不明者の肖像画展に肖像画が展示されることが明らかに

  8. マニックス、ガンズ・アンド・ローゼズのサポート・アクトを務めることが決定

  9. Manic Street Preachers

    Manic Street Preachers、50分を超えるドキュメンタリー作品が公開

  10. マニック・ストリート・プリーチャーズ、“Hold Me Like a Heaven”のビデオが公開

  11. マニックスのニッキー・ワイアー、ガンズ・アンド・ローゼズのデビュー作の偉大さを語る

  12. マニック・ストリート・プリーチャーズ、新作より“Liverpool Revisite”の音源が公開

  13. マニックスのリッチー・エドワーズ、家族が失踪後の足取りについて新事実が浮上したことを明かす

  1. Billie Eilish

    Billie Eilish、5つのグラミー賞のトロフィーを抱えた写真をインス…

    2020.01.29

  2. Bob Dylan

    Bob Dylan、来日を記念して独自企画盤『日本のシングル集』の発売が…

    2020.01.29

  3. Corrosion of Conformity

    Corrosion of ConformityのドラマーであるReed Mullinが逝去。享年5…

    2020.01.28

  4. Juice WRLD

    Juice WRLD、死因が特定されたことを受けて遺族が声明を発表

    2020.01.28

  5. Kobe Bryant

    Ken Ehrlich、Kobe Bryantの追悼パフォーマンスが実現した経緯を明…

    2020.01.28

  6. Eminem

    Eminem、最新作で10作連続となる全米アルバム・チャート1位を獲得

    2020.01.28

  7. Billie Eilish

    Billie Eilish、第62回グラミー賞授賞式でのパフォーマンス映像が公開

    2020.01.28

  8. Demi Lovato

    Demi Lovato、グラミー賞授賞式での“Anyone”のパフォーマンス映像が…

    2020.01.28

  9. 日比谷音楽祭2020

    「日比谷音楽祭 2020」日比谷公園で無料ライブ、ドリカムやMIYAVI、…

    2020.01.28

  10. Alicia Keys

    Alicia Keys、最新シングルの日本語字幕付きMVが公開

    2020.01.28

  1. Lotus music & book cafe

    Lotus music & book cafe’20、上野野音で開催決定、アジ…

    2020.01.24

  2. Rocks ForChile

    Rocks ForChile( ロックス・フォーチル) 2020 in TOYONAKAが開催決…

    2020.01.24

  3. ARABAKI ROCK FEST.20

    ARABAKI ROCK FEST.20 第2弾出演アーティストにOAU、奥田民生、宮本…

    2020.01.22

  4. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 第1弾出演アーティストにMGMT、SIGRID、SIRU…

    2020.01.22

  5. PACIFIC BEACH

    PACIFIC BEACH FESTIVAL’20 第1弾アーティスト発表&事務局早割…

    2020.01.18

  6. VIVA LA ROCK 2020

    『VIVA LA ROCK 2020』第3弾出演アーティスト&日割り発表 赤い公…

    2020.01.17

  7. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020開催決定、オフィシャルグッズが早くも発売

    2019.12.26

  8. SUPERSONIC

    SUPERSONIC、2020年9月に開催決定

    2019.12.25

  9. 貴ちゃんナイト

    中村貴子主催<貴ちゃんナイト vol.12>にLOW IQ 01、大木伸夫(ACI…

    2019.12.02