bird ニュー・アルバム『波形』本日発売!TBSラジオ『アトロク』生ライブ決定! セルフ・ライナー・ノーツ、冨田恵一、KASHIF(PPP)、角田隆太(ものんくる)、江﨑文武(WONK)からコメント

bird

本日3月20日(水)、デビュー20周年を迎えるbirdのニュー・アルバム『波形』が発売された。
この発売を記念してTBSラジオ『アフター6ジャンクション』通称“アトロク”に本日生出演することが決まった。ニュー・アルバム『波形』収録曲からスタジオ生ライブを行う予定だ。
発売にあわせてbird自身による『波形』収録曲のセルフ・ライナー・ノーツが公開された。
ラジオ・オン・エアでもおなじみの『記憶のソリテュード』『3.2.1』などの本人による解説や、制作秘話など興味深いエピソードが満載だ。またプロデューサー冨田恵一や、作曲でアルバムに参加しているKASHIF(PPP)、角田隆太(ものんくる)、江﨑文武(WONK)ら新進気鋭のアーティストたちからのコメントも公開された。
アルバム発売を記念して行われる『 bird“波形”ライブ 』の詳細情報もついに解禁された。
4月19日(金)@ Billboard Live TOKYO(東京)、5月2日(木・祝)@ Billboard Live OSAKA(大阪)、両日ともに冨田恵一をバンド・マスターとするバンド編成にて『波形』収録曲の再現ライブを行う予定だ。

制作前にbirdさんから「語るように歌う、そんな曲がやりたい」との話があった。たぶん参加してくれたみなさんにも伝えられたであろうこの言葉は、そのままアルバム・コンセプトとなった。
とはいえ、シンガーのポップス・アルバムだから、僕や作家陣はコンセプトを解釈、工夫してポップスに仕立てた。このアプローチでは、メロディのフォルムや曲の構成など、普段は曲調やジャンルのマナーに委ねていた部分にも意識的になる。こういったことがポップスを更新するのだと思った。と同時に、ただ聴けば楽しめる作品に仕上がったのがいちばん嬉しいのは、それがポップスに必須の条件だからだろう。ぜひ聴いてください!
冨田恵一(冨田ラボ)

今回のオファーをメールで頂いた時、読み終えて少しボーッとしてしまった様な気がします。自分が特に作家として多作で知名度があったり、ましてや自分名義の作品が多い訳でもなく。なのにメッセージの中にはbirdさん、冨田恵一さんのお名前と共に作曲の依頼という言葉までがあった訳です。音楽人としての思いを投影して余りあるお二人と、自分の様なスタンスを持つ者が接点を持てる日が訪れた事に驚いたと言うのが正直な気持ちでした。
以前birdさんとイベントをご一緒する機会があった際、鍛錬を続けて表現に肉迫する歌声といいますか、そう言う説得力に触れた気持ちになったのをはっきり覚えています。更に今回は冨田恵一さんのアレンジを作曲当事者として経験できると言う最高の贅沢までも。新たなステップを頂けた事を心から感謝しています。ありがとうございました。
KASHIF (PPP)

birdさんデビュー20周年おめでとうございます!今回僕が一緒に作らせてもらった「Know Don’t Know」は、birdさんから歌詞が送られてきたとき既に言葉から強くメロディーを感じたので、僕はそれを丁寧に採譜していくというイメージで作った曲です。絶望と希望がないまぜになったような曲の世界観を冨田ラボさんの素晴らしいアレンジでまとめあげてもらっています。是非聞いて見てください。
角田隆太(ものんくる)

初めて聴かせて頂いたbirdさんの曲はSOULSだったかと思うのですが、中域がすごく心地いいなと
思いました。歌い回しがフラットめなのが奏功しているのか、いい意味でトラックも立ってくるなと
も思いました。1stアルバムのbirdがリリースされた頃まだ僕は幼稚園から小学校に上がったばかりだ
ったのでリアルタイムで追えてはいないのですが、今でもR&B, Soul, Hiphopのシーンで活動する僕
ら世代の仲間内でリスペクトされているシンガーのうちのお1人です。
今回のテーマは歌モノと語りの間を行くような楽曲とのことで、サビまでは抑制的なメロディー、サ
ビでは思い切り突き抜けるようなポップさを持つ楽曲にしたいなと思いました。
作曲した際のデモ段階では生楽器中心のサウンドだったのですが、冨田さんとbirdさんの手にかかっ
たことでまた全く違う曲に生まれ変わったなという印象でした。イントロとアウトロは冨田さんの手
によるものなのですが、これによって楽曲全体がグッと引き締まった印象です。
冨田さんとは以前からT.O.C BandやRed Bull Music Festivalでご一緒させて頂いていたので、今回こ
うして一緒に制作させて頂けるということがまず大変嬉しかったです。作編曲家としてはもちろん、
奏者としても、とても尊敬しています。楽曲のアレンジや収録を完全にお任せする形は初めての経験
でしたし、常日頃、仲間内でやっている阿吽の呼吸的な創作から離れた形での創作は新鮮で勉強にな
りました。
江﨑文武( WONK)

関連NEWS

  1. MONDO GROSSO「LIFE feat.bird」新バージョンが本日12inchアナログリリース。B面収録のチル・バーションの配信もスタート

  2. bird

    bird ニューアルバム『波形』リリースライブ決定

  3. JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島

    長崎・壱岐島の初開催フェス「JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島」 出演アーティストに福原美穂、bird、 矢井田瞳、宮田和弥、堂珍嘉邦

  4. bird

    birdニューアルバム『波形』収録楽曲全てのダイジェスト試聴が本日から公開

  5. bird

    bird ニューアルバム『波形』の収録内容公開!『波形』への本人コメントやダイジェスト試聴も到着

  6. bird

    bird オールタイム・ベストいよいよ明日発売!みうらじゅん、☆Taku Takahashi(m-flo)、NakamuraEmiらによるデビュー20周年記念プレイリスト企画、20周年ライブ開催も決定

  7. bird、paris match、COSA NOSTRA

    bird、paris match、COSA NOSTRAの配信ライブがビルボードライブ×LIVE LOVERSで決定

  8. bird

    bird デビュー20周年プロジェクト始動!約 4年ぶりのニューアルバム『波形』 3月20日発売決定

  1. Tempalay

    Tempalay、「シンゴ」先行配信スタート!今夜20時、YouTubeにてMVプ…

    2021.03.03

  2. 大橋トリオ

    大橋トリオ、本日発売ニューアルバム「NEW WORLD」試聴トレーラー映…

    2021.03.03

  3. UNISON SQUARE GARDEN、最新ツアーの模様を収めたライブ映像作品を …

    2021.03.02

  4. Martin Friedman

    Martin FriedmanがZARDの名曲「負けないで」の渾身のカヴァーMVを…

    2021.03.02

  5. アイナ・ジ・エンド

    アイナ・ジ・エンド、新作EP「内緒」が0時より配信開始!! 収録曲「…

    2021.03.02

  6. Justin Bieber、27歳の誕生日にニュー・シングル「Hold On」のリリ…

    2021.03.02

  7. Angus Young

    AC/DCのAngus Young、「Highway To Hell」のアイディアをトイレで思…

    2021.03.02

  8. the shes gone

    the shes gone、今年は特別!「シズゴの日 Tour」名古屋・大阪にて…

    2021.03.02

  9. 平井 大

    平井 大、Spotify月間リスナー200万人突破!新曲「タカラモノ」がソ…

    2021.03.02

  10. Sparks

    Sparks、最新作より「Left Out In The Cold」のMV公開

    2021.03.02

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14