Slipknotを脱退したクリス・フェーン、メンバーは平等だと思っていたことを弁護士が明かす

Slipknot

スリップノットを脱退したパーカッショニストのクリス・フェーンの弁護士はスリップノット関連の数多くのビジネスについて情報を明かされていなかったため、バンドメンバーに対して裁判を起こさざるを得なかったと述べている。

クリス・フェーンは先日、残りのバンドメンバーに対して訴訟を起こしたことを受けて、スリップノットから脱退したことが発表されている。

クリス・フェーンの弁護士の1人であるジョセフ・ダンによれば、クリス・フェーンは次回作となる通算6枚目のスタジオ・アルバムやそれに伴うツアーに関する交渉の中で、それ以外のビジネスの存在を初めて知ることになったという。

「彼は全員が平等に扱われていると思っていたのです」とジョセフ・ダンは『デモイン・レジスター』紙に語っている。「クライアントはただ本当に、20年間ともに歩んできたメンバーとこの問題を何とか解決する方法を見つけたいと望んでいるだけなのです」

「我々のクライアントが知ることのできなかった情報がたくさんあるのです」と彼は語っている。

先日、スリップノットはバンドのウェブサイトでクリス・フェーンの脱退について発表している。「クリスはもうこれ以上スリップノットに参加しない理由を分かっています。スリップノットに参加し続けるために必要なことをするのではなく、非難して、主張をでっち上げたことに我々はガッカリしています。彼がとった道をとらないことを望んでいましたが、ここに参加するにはあらゆることで進化が必要なのです」

クリス・フェーンは訴状の中で、自身はマーチャンダイズやツアーの報酬を一つの会社からメンバーそれぞれの分として分配されて支払われていると言われていたと述べている。しかしながら、クリス・フェーンはバンドメイトたちが他の州にも別のスリップノット関連の会社をいくつか立ち上げているのを発見したとして、バンドの報酬がそれらの会社にも徴収されていると主張している。

クリス・フェーンはバンドメンバーたちが別会社を立ち上げていたことを知らなかったとして、それらの会社から報酬を受け取ったことはないと主張している。彼はバンドメイトの中でもリーダーであるクラウンことショーン・クラハンとコリィ・テイラーの名前を筆頭に挙げている。

関連NEWS

  1. Slipknot

    Slipknot、今夏の全米ツアーで体験型の展覧会を開催することが発表に

  2. Slipknot

    Slipknot、バンドの歌詞で最も使用されている単語をファンが調査した結果が話題に

  3. Chris Fehn

    元SlipknotのChris Fehn、代わって加入した新メンバーを憎まないようにファンに要請

  4. スリップノット、20周年を記念した謎のミュージック・ビデオの撮影に参加するファンを募集

  5. Slipknot

    Slipknot、パーカッショニストのクリス・フェンが脱退することを発表

  6. KNOTFEST JAPAN 2020

    KNOTFEST JAPAN 2020、開催が延期されることに

  7. Corey Taylor

    Corey Taylor、10月3日にライヴ映像の配信が決定

  8. Slipknot

    SlipknotのCorey、ソロ公演でDAVID BOWIEの“Moonage Daydream”をカヴァー

  9. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、ソロ・デビュー・アルバムを完成させたことを明かす

  10. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、メタルの未来を担うと思うバンドについて語る

  11. Slipknot

    Slipknotの“Psychosocial”を25組のアーティスト風に歌い分けた動画が話題に

  12. スリップノット、ハロウィンに新曲“All Out Life”を公開

  13. スリップノット、2019年最初となる公演の日程を発表

  14. Slipknot

    Slipknot、あるファンが作ったバンドをモチーフにしたトイレがオンラインで話題に

  15. Slipknot

    Slipknot、新作を『ウィ・アー・ノット・ユア・カインド』というタイトルにした理由を語る