Liam Gallagher、ドキュメンタリー作品の北米での権利が獲得されたことが明らかに

Liam Gallagher

リアム・ギャラガーは来月イギリスで劇場公開されるドキュメンタリー作品『アズ・イット・ワズ』の北米での権利が獲得されたことが明らかになっている。

チャーリー・ライトニングが監督を務めている本作はリアム・ギャラガーがソロ・アーティストとのキャリアを始める様を追ったもので、ソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』の制作やアルバムを携えてツアーに出るところをカメラ・クルーがステージでもバックステージでも密着したものとなっている。

『ヴァラエティ』誌の報道によれば、『アズ・イット・ワズ』はカンヌ映画祭で世界初公開されており、スクリーン・メディア・フィルム社が北米での権利を獲得したという。北米では本作は秋に公開される予定となっている。

作品の概要には次のように記されている。「オアシス時代の目も眩むような、まさに“Champagne Supernova”と言える時期の成功から、追放されて、退屈さと酒、法廷闘争による音楽的につらい日々の中で迷い、窮地に立たされたロック史上最も偉大なフロントマンの1人を描いた感動的なストーリー」であり、「リアム・ギャラガーがノエル・ギャラガーの陰から抜け出して世界屈指のバンドから1人でスタートし、裸一貫で、隠れる場所などない中で最高のカムバックを果たすためにすべてをかける」様が描かれているとしている。

また、リアム・ギャラガーは今年のグラストンベリー・フェスティバルのメイン・ステージに出演することも決定している。

関連NEWS

  1. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーの新作をツイッターで批判

  2. リアム・ギャラガー、ビッグ・シャックに共演を持ちかけていることが明らかに

  3. エミネム、自身がプロデュースしたラップ・バトル映画『ボディード』の新たな予告編が公開

  4. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、東阪のZeppにて映画『LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER…Live it!』の上映が決定

  5. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherはもう自分のことが好きではないと確信したと語る

  6. Bohemian-Rhapsody

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、同性愛の描写がカットされたバージョンが中国で公開

  7. Morrissey

    Morrisseyを描いた伝記映画『イングランド・イズ・マイン』、邦題決定&予告編映像が公開

  8. ボブ・マーリー、新たな伝記映画が制作中であることが明らかに

  9. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、Oasisとしてまたグラストンベリー・フェスティバルに出たいと語る

  10. ビヨンセ主演『ドリームガールズ』、Zepp上映でトークショーの開催が決定

  11. Queen

    Queenのブライアンとロジャー、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のゴールデン・グローブ賞受賞を祝福

  12. The Who

    The Whoのロジャー・ダルトリー、回想録の中でLiam Gallagherについて触れる

  13. リアム・ギャラガー、イングランド代表はW杯で優勝しないと語ったノエル・ギャラガーを批判

  14. oasis

    oasis、デビュー・アルバムの25周年を記念して新たなポッドキャストが開始

  15. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ニュー・アルバムのサウンドについてファンからの質問に答える