The Rolling StonesのCharlie Watts、78歳の誕生日を迎えミックやロニーが祝福

Charlie Watts

ザ・ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツは6月2日に78歳の誕生日を迎え、多くの人々が彼の誕生日を祝福している。

多くのファンがチャーリー・ワッツの誕生日を祝福するメッセージを寄せる中、ザ・ローリング・ストーンズのバンドメイトたちもソーシャル・メディアで彼の誕生日を祝福している。

ミック・ジャガーはチャーリー・ワッツとの昔の写真を投稿して、次のように綴っている。「親愛なるチャーリーよ、誕生日おめでとう。愛を込めて、ミック」。一方で、ロニー・ウッドは比較的最近に撮影された彼との写真を投稿して彼の誕生日を祝福している。

一方、ザ・ローリング・ストーンズの公式アカウントは次のようにツイートしている。「ザ・ローリング・ストーンズの心臓であるチャーリー・ワッツよ、誕生日おめでとう」

チャーリー・ワッツは2006年に『モダン・ドラマー』誌の殿堂入りを果たしているほか、2016年には米『ローリング・ストーン』誌が選ぶ「史上最も偉大なドラマー100人」のリストで12位にランクインするなど、史上最も偉大なドラマーの一人としての評価を確立している。

チャーリー・ワッツはドラマー以外の肩書でもザ・ローリング・ストーンズに貢献しており、1963年にバンドを結成した当時、彼はグラフィック・アーティストとしてアルバムのアートワークのデザインを手がけていたほか、バンドの初期にはツアーのセットのデザインにも携わっている。

ファンや友人らによるチャーリー・ワッツの誕生日を祝福する投稿はこちらから。

この投稿をInstagramで見る

Happy Birthday #CharlieWatts ! iiii]; )'

Slashさん(@slash)がシェアした投稿 –

「誕生日おめでとう、チャーリー・ワッツ(1941年生まれ)。イギリス出身のドラマーである彼は1963年にザ・ローリング・ストーンズに加入して、全米1位を獲得した“((I Can’t Get No) Satisfaction”を含む35作品以上を全米トップ40やアルバム・チャートに送り込んだ。チャーリーは『モダン・ドラマー』誌で殿堂入りも果たしている。チャーリーのスタイルは、ドラマーやミュージシャンたちから評価されているんだ」

「誕生日おめでとう、愛しのチャーリー・ワッツ。大好きよ。今日という日があなた自身と同じくらい愛に溢れていることを願っているわ」

「78歳の誕生日おめでとう、チャーリー・ワッツ。あなたが奏でる、活気に満ちたオーガニックで大胆な、抗えないドラムのリズムがザ・ローリング・ストーンズを史上最も影響力のあるバンドの一組の座に導いたんだ。驚異的なドラマーでいてくれてありがとう」

「『彼は謎に包まれた人だ。彼は彼でしかないんだよ。彼が特別なことをしているとは思わない。ただ、チャーリーであるというだけなんだ。それがこの男の素晴らしいところだね。チャーリー・ワッツと演奏できることを特権のように感じているよ』キース・リチャーズ」

「唯一無二のチャーリー・ワッツ、誕生日おめでとう! あなたが私たちに与えてくれたすべてに感謝するわ。ザ・ローリング・ストーンズの心臓でいてくれてありがとう。みんな、あなたが大好きよ」

「1941年の6月2日にザ・ローリング・ストーンズのチャーリー・ワッツが生まれたんだ。誕生日おめでとう」

「僕のお気に入りのドラマーであるチャーリー・ワッツよ、誕生日おめでとう。僕らはみんな、チャーリーのような慈悲の心を持つべきだ」

「誕生日おめでとう、チャーリー・ワッツ! 今日、ザ・ローリング・ストーンズの心臓である彼が78歳になったんだ。これは『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト』のカヴァーになっている彼だよ。みんなはどのくらいチャーリーのことが好き?」

「『12歳か13歳の頃にジェリー・マリガンを聴いた時、どういうわけか恋に落ちたんだ。それが何と呼ばれるものなのかは分からなかったけどね』チャーリー・ワッツ、1941年6月2日生まれ」

「チャーリー・ワッツの78歳の誕生日を祝福するよ。僕が生まれる前から、ザ・ローリング・ストーンズの一員だった。おそらくは、存命する最も偉大なロック・ドラマーだろう。それも、最も小規模なドラム・キットでね」

「みんな注目して、すごく重要なメッセージよ。今日は、唯一無二のストーンズの優秀なメンバーで、私のお気に入りのチャーリー・ワッツの78歳の誕生日。愛する人よ、誕生日おめでとう」

一方、ザ・ローリング・ストーンズは先日、ザ・ヴァーヴの楽曲“Bitter Sweet Symphony”のロイヤリティや権利をリチャード・アシュクロフトに譲渡し、ソングライターのクレジットから名前を取り除くことで同意したことが明らかになっている。

ザ・ヴァーヴの代表曲となっている“Bitter Sweet Symphony”は、1965年にザ・アンドリュー・オールダム・オーケストラがレコーディングしたザ・ローリング・ストーンズの“The Last Time”をサンプリングしていることが明るみになった直後に著作権を巡って訴訟を起こされている。

“Bitter Sweet Symphony”には当初ソングライターとしてリチャード・アシュクロフトの1人だけがクレジットされていたが、その後、ザ・ヴァーヴはザ・ローリング・ストーンズのカタログの著作権を保有しているアラン・クライン率いるアブコ・ミュージック&レコーズとの法廷闘争に破れ、楽曲の権利やロイヤリティをアラン・クラインと同社に譲渡することとなっている。“Bitter Sweet Symphony”のソングライターにはザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャーズの名前もクレジットされていた。

関連NEWS

  1. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、2020年夏に新たな北米ツアーを行うことを発表

  2. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、Axl Roseらと共演した1989年公演のライヴ作品が発売決定

  3. Ronnie Wood

    The Rolling StonesのRonnie Wood、かつてコカインの吸引に理科の実験用バーナーを使用していたと明かす

  4. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、The KillersとJacques Lu Cont’sとのコラボを予告

  5. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』より“Roll Over Beethoven”の音源が公開

  6. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、8年ぶりとなる新曲“Living In A Ghost Town”をリリース

  7. ローリング・ストーンズ、『ヴードゥー・ラウンジ』ツアーの映像作品が完全版でリリースされることに

  8. ライアン・アダムス、ストーンズの『メインストリートのならず者』を全編演奏するライヴを開催

  9. ローリング・ストーンズ、初のオフィシャル・ポッドキャストがスタート

  10. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、50年ぶりに“Mercy Mercy”のカヴァーを披露

  11. Mick-Jagger

    The Rolling StonesのKeith Richards、Mick Jaggerを慮って煙を吸引する灰皿を使っていることが明らかに

  12. The Rolling Stones

    The Rolling StonesのKeith Richards、ついにタバコを止める

  13. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、新たな映像作品より“(I Can’t Get No) Satisfaction”の映像が公開

  14. The Rolling StonesのMick Jagger

    The Rolling StonesのMick Jagger、心臓弁の置換手術を受ける予定だと報道

  15. Keith Richards

    Keith Richards、ロックにおけるシンセサイザーの使用を批判

  1. John Lennon

    John Lennon、「Give Peace A Chance」の未発表の新ビデオが公開

    2021.04.15

  2. ジェントルメン

    ガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』、Fワード連発の特別映…

    2021.04.15

  3. Pharrell Williams

    Pharrell Williams、射殺された従兄弟の死について連邦当局の捜査を…

    2021.04.15

  4. 眉村ちあき

    眉村ちあき、ストリーミングライブツアー「飛び出せ!日本元気女歌…

    2021.04.15

  5. 沢田研二

    沢田研二の 『夜のヒットスタジオ』出演回をフジテレビTWOで放送決定

    2021.04.15

  6. RSD

    RECORD STORE DAY、War Childへの資金を募る4作の限定リリースが決定

    2021.04.15

  7. The XX

    The XX、FKA Twigsらの所属レーベルが名前を変更したことが明らかに

    2021.04.15

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、RadioheadのEd O’Brienによる「Slidin’」の…

    2021.04.15

  9. Ozzy Osbourne

    Ozzy Osbourne、WWEで殿堂入りを果たした映像が公開

    2021.04.15

  10. Sufjan Stevens

    Sufjan Stevens、5部構成の新作をリリースすることが決定&新曲が公…

    2021.04.15

  1. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  2. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  4. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  5. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  6. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  7. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  8. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  9. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14